イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - グルグル井戸にびっくりドゥオーモ!@オルヴィエート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルグル井戸にびっくりドゥオーモ!@オルヴィエート

 2010年イタリア旅行【その17】

旅行最終日は、ママさんの行きたがっていた世界一美しい丘上の町オルヴィエートOrvietoに行ってきました。
留学中にひとりで遊びにいった町で、とても好きになったところだったので
ママさんに『オルヴィエートすごい良かったよ~!!』とおすすめしてたのです。
イタリア語の先生アンジェロにもここのドゥオーモは一度は見たほうがいいよと言われ、ママさん期待の町でした。



サン・パトリツィオの井戸

町が高台にあるので、列車を降りて駅の目の前にあるフニコラーレに乗ります。
フニコラーレで上に登った後、その近くにあるサン・パトリツィオの井戸。
とにかくここにママさんを連れて行きたかったのです。

下に降りる階段と、上に昇る階段がぶつからない設計になっているこの井戸。
独特な雰囲気。
音が反響して、前後左右どこから声がしているのか分からない感覚になりながらグルグル階段を歩きます。

窓がぽこぽこ空いています。そこから見上げて見える景色はとても不思議な世界。



外見はとてもシンプルですが、オルヴィエートに行ったらぜひグルグルと階段をまわってみてください~!!

オフシーズンなだけに、以前きたときよりも人がいなくてとても静かな町でした。
この町も迷路みたいな旧市街を探索するのが楽しいです。
少し歩くと城壁にぶつかりその目の前に綺麗なパノラマが広がります。
高台にあるだけに、天気がいいと遠くまでゆったりした景色が見れますよ~!



クリスマスシーズンなので派手な飾りものが路上を盛り上げます。
こういったキラキラした装飾、本当に可愛いなぁ



ひょっこりお肉屋さんからのぞくイノシシ。
留学していたシエナでもイノシシのお肉は有名でしたが、
ここオルヴィエートでも食べるんですね~



オルヴィエート最大の見所、ドゥオーモです。
とにかく大きい!
目の前の広場も決して狭くはないですが、全然全体像を収めることができませんでした......

この中のにある聖ブリッツィオ礼拝堂の壁画がとても好きで、今回も長居をしてしまいました。
パイプオルガンもとにかく大きくて、どれもこれも見上げてしまうものばかり。
静寂さと空気の透き通った雰囲気をもつこの町そのままのドゥオーモに、今回も感動したのでした。

入口正面には扉が3枚あるんですが、
前回はその真ん中の一番大きな扉が開いていて外から中がみえるようになっていました。
心を鷲づかみにするその神聖な空間。イタリアならではですね。



列車の時間がせまっていたので急いでお買物。
毎回ついつい買ってしまうのがご当地マグネット。
ここにも可愛いマグネットがいっぱいでした~



フィレンツェから遅い電車でのらりのらりと二時間半ぐらい。
2回日帰りでしたが、今度は宿泊してみたいな。
オルヴィエートの高台から夜景をみてみたい!

そうそう、このフィレンツェ~ローマ間には素敵な町が沢山あるので、
この路線は窓の外を眺めているのが楽しくてしかたないです!!



あと驚いたのは、電車の中に停車駅の表示ができていたこと!
日本ではあたりまえだけど、イタリアにはこれなかったんですよね~!!
見方がいまいち分からなかったけど、これがあるのとないのとじゃ違うんじゃないかなぁ。便利便利!


さて、これで2010年のイタリア旅行記も終了です。
今回初めての町には行かなかったので、写真はどこも少なめでした。
その分、現地の人と交流したり、歩いたことのない路地を散策したり、また新しい楽しみ方ができました。

留学でお世話になったシエナのマンマ・マリーザが本当に家族のようにまた接してくれたことが嬉しくて
今度はいつ行けるのかなぁっていつも考えています。
向こうで待っててくれる人がいるっていうこの環境は大切にしなきゃですね。

その前にイタリア語の上達!がんばらないと!!

今年は9月にフランス、イタリアですよ~準備準備



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。