イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - ミラノ:ドゥオーモ見学、こりゃすごい【4日目】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラノ:ドゥオーモ見学、こりゃすごい【4日目】

2014年北イタリア旅行その38
【この旅のもくじはこちらからどうぞ】


外から見てもすごかったけど、中に入ってもこれまたすごかった。

教会に入った途端に世界が変わったような気がするのはなんでなんだろう。
この世界の延長線の先に自分が生活している世界があるなんて、そんな風には思えない。不思議だわー


DSC_0798.jpg


DSC_0789_201605131803580ac.jpg


DSC_0796.jpg


DSC_0794.jpg

この絵はどうなっちゃってるんだろうか...

パイプオルガンの蓋みたいにパカパカ開けたり閉じたりできるのかな?





DSC_0804.jpg

DSC_0803.jpg

高いところの修復作業なんて、修復しなくちゃいけない箇所を見つけるのも大変そう。




DSC_0805.jpg


DSC_0817.jpg


DSC_0826_20160513180448d96.jpg


DSC_0810.jpg


DSC_0812.jpg

存在感ありありだったこの方、帰って来てから調べました。
12使徒のひとり、バルトロマイ。

殉教の際、生きたまま皮を剥がされたそうです。
片手にナイフ、もう片方に皮を持って描かれることが多く、
レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐では一番左端に、
ミケランジェロの最後の審判では剥がされた皮を持っている人物とのこと。
解剖学の象徴にもなっているようで、学び舎で多くみられるようです。

こうやって調べると、だからこの格好なんだなぁと改めて思えて興味深い。
それでも、知識皆無で行ったとしてもこの像の存在感はやっぱりすごかったです。
惹きこまれる魅力ある像でした。




DSC_0824.jpg


DSC_0820.jpg


DSC_0823_20160513180446686.jpg

ステンドグラスの部分が開閉可能だなんて初めて知りました!

なんでこんなに美しいんだろう。
わたしは青色がとても印象的でした。




DSC_0830.jpg

地下もなんだかすごい!!!

↑は宝物館で、
ゲームやらないから勝手なイメージだけど、RPGに出てきそうな部屋でした。。。
天井といいライティングといい、なにかありそう...!ってドキドキしちゃう。

聖遺物もあり地下はなかなかの混雑っぷり。


また地上にもどってぐるっと色々みたんですが、
帰って来てから調べると、まだまだ見逃していたものが沢山あったようです。
写真に撮るの忘れてましたが、床の模様もすごく綺麗でした。

中を満喫したので、次は屋上にのぼります



ポチ頂けると励みになります~
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Category: ミラノ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。