イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - 09南イタリアの旅6:マテーラ-3//お兄さんとの出会い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09南イタリアの旅6:マテーラ-3//お兄さんとの出会い

◆2009年7月11日~7月20日 南イタリアの旅レポ6◆

当時の風景が再現されている住居跡がいくつかあって
中に入って見て回れるようになっていました~



アンティークな雑貨がごろごろあって可愛かったッ
岩をくりぬいて作ってるだけに、微妙な凹凸を生かした家具の配置とか、
光を入れるための窓の位置とか、生活の知恵満載で見てて本当に楽しかったです!
住居部分よりもう一下層いったところに作られていたワイン蔵はほんのりワインの薫りがしました~



そうそう入口でおじさんに日本人かと聞かれて、
隣の部屋に入ったらちょっと待ってなさいね~といわれました。
ママさんも私もいったいなにが始まるんだろう・・・と思ったら
いきなり日本語のガイドアナウンスが流れ始めましたっ!!!
一緒に入った人達アメリカ人だったのに、なぜここで日本語アナウンス(笑)
おじさん気遣い有難う御座いました



昔のそのままの状態の住居がこれです。
本当に穴を掘ったんだなぁっていうのがリアルに分かって生命力を感じました。
このあたりの土質は柔らかくて掘りやすかったってガイドブックに載ってましたが
いやーそれでもやっぱりすごい。
ものすごい深くて、そしてものすごい広かったんです。



下に行けば行くほど涼しいので、ワイン蔵や貯蔵庫だったそうです。
そとの暑さはどこえやら。点々と開いている窓(穴?)から入る風がすごい気持ちいい。
壁は岩だからヒンヤリしていて、ちょっと寒いぐらいでした。


天井もすごい高いんです!
なのでぜんぜん窮屈な感じがしない。



マテーラの観光マップを貰ってぐるぐる巡っていた
『地下水貯蔵庫見れますよー』とめずらしく控えめな感じでお兄さんに声をかけられました。
そんなお兄さんにママさんがときめいて、地下水の貯蔵庫を見に行くことにしました。

中に入ると『これをみて進んでね』と渡された一枚のレポート用紙。
良くみたら日本語で書かれたこの建物の説明でした。

どうやらこの辺りに日本人のガイドさんがいるようで、
その方がいろいろ作ってくださっているようです。
『僕の友達が作ってくれたんだよ~』と色々教えてくれました。
とても分かりやすくてそれを読みながらママさんとガイドツアーごっこをしました。



この辺りの地下水を汲み上げるための井戸があった場所でした。
教会の地下にはまだ大きな地下貯水庫があって、ちょこっと中に入れました。
またその大きさが半端ないんですよ!!
すごいなぁ・・・・なんでこんなに大きなものがつくれるんだろう



最後にさっきのお兄さんとパシャリ
すごいいいお兄さんで色々マテーラのお話をきかせてくれました~
そのあと何度かすれ違うたびに挨拶をしてくれて楽しかった
ママさんはすでにメロメロでしたが、私も最後にお兄さんにメロメロでした(笑)


次回はマテーラレポ最後になります



JUGEMテーマ:イタリア
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。