イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - ヴェネツィア:路地の先にあるホテル【1日目】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェネツィア:路地の先にあるホテル【1日目】

2014年北イタリア旅行その11
【この旅のもくじはこちらからどうぞ】


初めて乗った水上バスがとんでもないノロノロ運転で、
乗客みんなでザワザワしながら一体感を深めつつ、
なんとか降り立つことができたぜー

ヴェネツィア!!!!!



さてまず先に荷物をホテルに預けてから散歩すんぞー!!!



ホテルはサンマルコ広場に近くて、尚且つ初心者にも優しい駅の近くを探しました。

水上バスの駅でもルートによっては停車せずに通りすぎてしまうところもあるので、
島遠足の予定もあるのでなるべく多くの便が停まる駅はどれだろ~と考えたところ
サンマルコ広場の隣のサン・ザッカーリアにまず目星をつけました。

そもそもこの水上バス@ヴァポレット。初心者ぱらこにはさっぱり分からない。
ラインも多くてよく分からない。
土地勘がないので距離感がまったくもってつかめない。

困ったときは目立つ観光名所のそばを選べルールに基づいて、
サンマルコ広場の近くなら迷子になってもホテルに戻れるだろうと、
サンザッカーリア駅のすぐそばのホテルを予約しました。

本島のホテルは値段が高いよって話は聞いてました。たしかに高い。
でもせっかくなら本島に泊まりたいし、夜のヴェネツィア散歩もしたいし、やりたいことをやるには本島泊がベスト。
探してみたら確かに高いところは高いんですが、お手頃価格もある。
素敵なホテルや豪華なホテルが多いけど、素朴で可愛いところもある。
ママさんの【お手頃価格だけどなかなか可愛いホテルを探すセンサー】に思いを託し、見つけてもらったホテルです。



DSC_0481.jpg

ホテルは駅のすぐ目の前にある路地に入ったところ。

でも地図でみても建物の名前がなんか違う。でも駅の目の前の路地だしな~なんて思ったら、橋を渡ったとなりにも同じ名前の駅があるじゃないですか。




DSC_0483.jpg


水上バスの駅はこんな感じでございます。
大きい駅だと行き先によっては同じ駅名でも乗り場が違うのでご注意。
サンザッカーリアは橋をはさんで右と左に乗り場が分かれていました。

よくよく読んだら地図にもちゃんと書いてありました。
せっかちなので降り立ってすぐ迷子です。これも旅の醍醐味で片付けましょう。



DSC_0482.jpg

奥にあるオレンジの外壁のところがドゥカーレ宮殿?

ということはホテルはこの清掃のおじさまが立っている路地かなぁ……



DSC_0480.jpg

めっちゃ暗い。

とりあえず突き進んでみよう。



DSC_0479_20150301215204ca6.jpg

お!あった!
路地入ってすぐ左手側にありました。
ホテルにしてはなかなか素朴な門構え。でも分かりやすいです~
よかったー到着。



初めてヴェネツィアで泊まるホテルはこちら

【Albergo Commercio e Pellegrino】

これから3日間お世話になりまーーーす



DSC_0001.jpg

DSC_0002.jpg

DSC_0005.jpg

DSC_0006_20150301215136ad7.jpg

お部屋は広くはないけど緑カラーが目に優しくて可愛い。
夏だったからなんだけど、床が絨毯だから冬でも極寒ではなさそう。
床がタイルのお部屋って寒いから冬はきっついもんね~



DSC_0003.jpg

お姫様鏡台で可愛い



DSC_0007_201503012152005c2.jpg

部屋はいってすぐあるクローゼットも鏡台とセットなのかな? こっちも可愛い。



DSC_0008.jpg

バスルームも広さはありませんが清潔で明るいし満足。バスタブもありました。
バスタブはあってもなくても特に気にしない烏の行水な私ですが、
お風呂好きのママさんとの旅行ではやっぱりバスタブがあったほうが嬉しいかな。


難点はコンセント口が少なかったこと。交代で充電はなかなか大変だー!
あとヴェネツィア特有の、窓をあけたら運河~ってこともなかったです。
そういうところは高いのかなやっぱり?

このホテルはお手頃価格だったし、
なにより地理に不慣れな初心者には大変有難いほど水上バス乗り場から近いので、
初めてのヴェネツィアのホテル選びとしては正解でした~
ホテル選びはママさんがやってくれるので、ママさんの直感に感謝です



荷物を置いて一休みがすんだら、さっそく散歩に行きましょ~

まず最初は……やっぱりサンマルコ広場へ、アンディアーモ!!



ポチ頂けると励みになります~
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。