イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - 出発:上空からヴェネツィア……み、見えた?【1日目】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出発:上空からヴェネツィア……み、見えた?【1日目】

2014年北イタリア旅行その8
【この旅のもくじはこちらからどうぞ】




ヴェネツィアへの飛行機の時間になりました。
よし、あともちょっとでイタリア上陸だ!!


DSCN1886.jpg


そう、飛行機の旅の楽しみの一つといえば、
普段見ることが出来ない  『空から見た世界』



見たいーーー!!!

上空からヴェネツィア見たいーーーーー!!!!!!




ということで、事前にネットで調べましたよ。
『フランス ヴェネツィア 飛行機 座席』で検索すると、
ヴェネツィア訪問の先輩方の記事がザクザクでてきました。有難い~!!

どうやらフランス@シャルルドゴール→ヴェネツィア@マルコポーロ空港への利用では、
進行方向に沿って右側に座ると、窓からヴェネツィアの本島が良く見えるようです。

飛行機の予約時に右側の席をリクエストして準備万端!
ヴェネツィア綺麗に見えるかな~楽しみ楽しみ



DSCN1888.jpg

道に沿って並ぶ風力発電の風車。
これはどの辺りなんだろう?



DSCN1892.jpg

DSCN1896.jpg

この線みたいになっている棒状の雲?煙?がずっっっと続いていて。
かなりの時間窓の外にこの棒状の雲が見えていて、なんだろうかってママさんと話していました。

帰ってきてネットで調べてみたら、
地殻変動によって生じた電磁波による影響で出来る『地震雲』という棒状の雲があるらしいのですが、
……それだったのかな? 謎だし、ちょっと怖いってくらい本当に長い間、並走しておりました




DSCN1890.jpg

怖いー怖い―とかいっていながら、食べ物が出てくるとすっかり上機嫌になるお手軽ぱらこ

CAさんに緊張して「コ、コーヒーぷりーず」しか言えない。いつも通りの進歩なし子。
CAさんて美人さんだったり格好よかったりで、毎度緊張してしまう旅慣れない親子。

パンオショコラはえらい冷えてました(笑)



DSCN1893.jpg

DSCN1895.jpg

眼下にはアルプスの山々が見えてきました(多分きっとこれはアルプスなはず)

山は詳しくないんですが、唯一知っているアルプス山脈の山といえば、マッターホルン。
イッテQ好きな我が親子は、窓の外の山を指さし「あれがそうだ」「いやあっちだ」「もっと尖がってた気がする」と大盛り上がり。
実際どれがマッターホルンだったのか分かりませんでしたが(というか見えていたのかも不明)

シャルルドゴールからイタリアに入るとき、大抵フィレンツェ入りするんですが、
2時間ちょいの飛行時間ずっと爆睡してしまうので、こうやってヨーロッの国を上から見るのはとても面白いなぁ。
雪をかぶった山や、可愛い屋根の家、エメラルドに光る湖など、どれもこれも綺麗です
イタリアが大好きだけど、ヨーロッパの国々はどこもみんな魅力的で行きたいところが多すぎます。




DSCN1898.jpg

もうすぐヴェネツィアというところで、残念なお知らせが。

現地はどうやら雨とのこと。
窓の外もさっきまでの良い天気はどこへやら、雲が出てきて灰色の世界です。


これは見えるの?見えないの?どっちー!!?

ヴェネツィアに飛行機入りするのはもう当分ないだろうから、
綺麗にドーンと見たいなんてそんな妄想に耽ってばかりいたけれどそれはもう諦めますから、

お願いです!ちらっとだけでも見させてくださいーーーー!!!!!!





DSCN1899.jpg

DSCN1900.jpg

DSCN1901.jpg

DSCN1904.jpg




み、見えた? 見えたって言っていいかな?
すごいボヤっとしてたけど、見えたってことでカウントしていいですよね?



よ、よし。凄いぼやけてたけど、





見えたーーーーーー!!!!!!!





ヴェネツィアの本島を目の前に進行方向に向かって左側に曲がって、
着陸前に右側の席だとヴェネツィアの本島が窓の外に見えました。

これ降りてからふと思ったんですけど、左側に座ったらどんな景色が見えたのかなって。
天気がいい時にまた乗ってみたいし、左側の席から見える景色っていうのにも興味が湧きました。

とにかく、まぁなんやかんや思うところはありますが、
上空から(灰色の)ヴェネツィアはなんとか見ることが出来ました~わーい!



DSCN1904-1

こんな感じに見えます。
一瞬なので「OHHHHHH!!」って感動しているうちに終わっちゃいましたが、いやー上陸前からテンションあがりましたわ!

こうやって上から見ると余計に感じる、海スレスレ感がハンパないですね。
それがまたこれから滞在中にずっと感じることになる不思議な感覚の元になる部分なんだろうなぁ。




それではヴェネツィア到着。
散歩が楽しみで仕方ありません!!






DSCN1907.jpg

飛行機を降りるとそこはやっぱり雨。
それでも今回ヴェネツィアには3泊なので、いつか晴れることを願って。

最近は、その町の色んな姿が見たいと思うようになったせいか、雨でも落ち込みはしなくなってきました。
大好きなシエナやフィレンツェは雨の景色がとても素敵で。
夜にオレンジ色の街灯が着くと、石畳みに出来た水たまりにその灯りと、それに照らされた建物が映って幻想的すぎるんですよね・・・・・あぁ行きたくなる。

昔は「旅行は晴れてなんぼ!」って思っていたけれど、こんな風に思えるようになったのは年のせいですかね。
それともただただ貪欲になっただけかー


荷物が出てくるのを待っていると、同じフロアになんだか行列が出来ていました。
船の絵と列車の絵が書いてあったので、ヴァポレット(水上バス)のチケット売り場かと思いママさんが並びます。
かなりの行列だったので(しかも例の如くその進みは牛歩)、私は荷物の受け取りに。

なかなか荷物も出てこず、チケット列も進まず。
結局荷物が出てきたのは最後で、スーツケースを二つ転がしながらママさんのもとへ向かうも、ママさんのひとつ前のお客さんがもめていて未だ買えていませんでした。

そこからしばらく待ったのち、前のお客さんも決着がつき、やっと私達の番が。
が、しかし、どうやらそこは私たちが欲しかったヴァポレットのチケットカウンターではなかったようで、係員の方に案内してもらって外へ出ました。

自動ドアをぬけると、空港でよくみるボードを持ってお迎えをしている人たちの姿が。
あぁーイタリアきたぜー!なんて感動も早々に、ママさんは出てすぐ左手にある(↑の写真のところ)カウンターでヴァポレットのチケットを購入。



DSCN1909.jpg

空港の外に出ると、むわっとした空気。ますます雨が強くなっているじゃないですかー!!
水上バスってどのぐらいの雨で運航中止になったりするんだろう。不安だー

頭上の看板にそってヴァポレット乗り場を目指します。




DSCN1911.jpg

有難いことにヴァポレット乗り場までの通路は屋根がついててくれた!!
屋根がついている通路を荷物ごろごろ転がしてって、国際展示場駅からビックサイトへ向かう通路を思い出しながら雨の中あるいてました。
イタリアきて早々にそんなこと思うなんて。。。


さてさて初めて乗るヴァポレット!
どんなんだろう~楽しみだ~!!!




ポチ頂けると励みになります~
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Tag: 機内
Category: 出発

コメント

mihajloさん

み、見えてますかね?
じゃぁオッケーってことで!!

いやーこれ晴れてたら相当テンションあがりますよね。
それこそなんかの映画のごとくBGMガンガン脳内でかかってそう。
見えた瞬間、ボヤっとしてましたけどキターーーーッッ( *՞ਊ՞*)ノってなりましたもの。
クライマックスすぎる(なにも始まってないのに)

霧でモヤっとしているヴェネツィアはとんでもなく幻影的で散歩がたまらないそうですが、
空の上からはカラっと晴れた青空に浮かんだ島が見たかったです。残念。

ヴェネツィア行きたいっす。
でも、フィレンツェも行きたいっす(笑)

2015/02/13 (Fri) 22:21 | ぱらこ #- | URL | 編集

ぱらこさん、ヴェネツィア完全に見えてますよ
もう完全に1カウントですよ
少しぼやけてますけど…

しかしまるで巨大なアミューズメントパークみたいで
ワクワクしますよね
ヴェネツィア行きてぇッス

2015/02/10 (Tue) 11:15 | mihajlo #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。