イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - 京都:大原野神社

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都:大原野神社

【京都奈良枚方旅行】

DSCN1636.jpg

女子が京都に行ったなら、縁を結ばにゃ帰れない。

ということで、洛西の大原野神社まで行って参りました。


DSCN1638.jpg

DSCN1643.jpg

DSCN1658.jpg


陽射しがかなりきつく肌にじりじりとくる暑さでしたが、生い茂る緑が涼しさをわけてくれましたー
桜も紅葉も雪も綺麗ですが、抜けるような青空に緑が映えるこの季節も素晴らしい


DSCN1653.jpg

DSCN1649.jpg

牛蛙がモーモー合唱していた御池。
蓮の花が咲いていてとても綺麗。

DSCN1662.jpg

奈良の春日大社の分霊の勧請を受け出来た大原野神社。
京春日さんは手水舎にも神鹿さま。


DSCN1665.jpg

京春日さんは狛犬ならぬ、こちらも神鹿さまが両脇に鎮座しておられました。
鹿の狛犬は初めてだったので興味津々。
どちらの鹿さまもとても優しいお顔をしてました。


DSCN1670.jpg

おみくじ結びが茶筅のような形をしていていました。これも珍しい。
参道の白砂利と、鳥居の朱色と、それを守る木々の緑が本当に気持ちが良いくらい綺麗。

ここは幻の桜があるので桜の季節はもちろん、紅葉のときもかなりの人で混雑するようですが
オフシーズンはとても静かで、ゆったりした時間がながれる山中の神社でした。


DSCN1672.jpg

山を下りると遮るものがなくなりとんでもなく暑い。暑い。刺すような暑さ。
バスはまだまだこないので、バス停の隣にあるカフェに逃げ込みます。

そのお店は東京からやってきた男性二人がやっている開店したばかりのカフェバーでした。

『・・・・・・どうしてここで開業を?』と聞かずにはいられませんでした。
失礼でしたが、ここまできてパスタ食べてお茶したりするお客さんなんているのかなぁと疑問に思ったので。
バス待ちの短い時間では語り尽せない理由が色々あったそうですが、それもこれもすべてご縁とのこと。

私達のあとにも暑さから逃げ込んできたご夫婦が開口一番、
『どうしてこんなところでわざわざやってるの!?』と。
私達は苦笑い。でもやっぱりそこ気になりますよね。なんでここで?って。
お兄さんたちもやっぱり気になりますよねと笑っていました。相当されている質問なんでしょう(笑)
昼はこの辺りのママさん達の貴重な喋り場として、夜はお洒落なバーとして重宝されているそうです。
今度はバスの時間を気にせずゆっくりパスタ食べにきますね~

バス待ちのそんなに長くはない時間の中で、カフェのお兄さんと、ご夫婦とのお喋りは楽しく、
これこそまさにここに来なければ出会えなかった出会いだなぁと、ご縁を感じました。

旅での出会いは本当に面白い。


本日もポチありがとです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Category: にっき

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。