イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - 奈良の深さと京都の美味さと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良の深さと京都の美味さと

【京都奈良枚方旅行】

奈良はもうとにかく奥が深い!
生半可な気持ちで行って失敗しました・・・ここはもっと勉強してから行った方が断然楽しめたはず。

そうはいってもなにも分からずに行ってもそれはそれで楽しい。
なんかもう奈良がなにをめざしているのか、その辺りがさっぱり分からな過ぎて妙なわくわく感がありました。


DSCN1482.jpg

鹿様がいる奈良公園から駅へと戻り、京都からの車中でみた門へ向かうことにしました。
地図で調べるとその門の名前は【朱雀門】 奈良時代の都、平城宮の正門です。

奈良駅からバスで10数分。終点の野原広がる大自然の脇で降ろされ、とにかく歩く。
どうやらその見渡す限りの野原が平城宮跡らしく、全部採掘するにはあと100年ほどかかるとか。
バスを降りてから20分ほど歩いて到着。再建された朱雀門は綺麗でした。

【鹿男あをによし】のドラマ版でもこの門はよく出てきていたので、ハチコとドラマ再現なんかしたりして。



DSCN1501.jpg

凄いなって思ったのは、歴史的にものすごく重要であろうその宮跡の正門と宮殿のど真ん中に電車が走ってるってところでした。
全部平城宮跡を再建したあとも、電車は真ん中をぶったぎっているんだろうか。

奥が深い、深すぎる奈良。
同僚の歴女は特に奈良時代が好きらしく、旅行から帰ってきて上のような奈良感想をのべたらとんでもなく喜んでいた。
そしていった彼女の言った言葉がとてもしっくりきました。

『奈良は、売り込み方がとんでもなく下手なんです。そこがたまらなく好きなんです』

まさに!
歴史だって美術品だってとんでもないものがゴロゴロしている奈良。
それなのにところどころ本当に『ん?』って思うところが多かった。
それでもいやー奈良って深いなぁって思わせるあのどっしり感とのどかさにたまらなくハマってしまう気持ちはわかるなぁ。


興福寺もすごく良かったし、今度はもっと奈良の勉強してから巡りにこよう!
鹿様には今すぐにでも会いたいよ!!


DSCN1539.jpg

京都に戻って甘いものが食べたくなったので駅ビル内で八つ橋クレープ。
細かく砕いた八つ橋がクリームの中に入っているんだけど、それが歯に挟まる・・・
生地はモチモチで美味しかったです~


DSCN1543.jpg

ご飯を買いに錦市場へ。
商店街のど真ん中に鎮座する錦天満宮さんをお参り。


DSCN1544.jpg

天神さまの使いの牛さんは撫でられ愛でられピッカピカ。


DSCN1740.jpg

『いまはシーズンオフだから空いてますよ』と言われても、元気な修学旅行生でバス停は大混雑!!
ハチコと自分たちの修学旅行はこうだった~ああだった~と昔を懐かしんでみたり。

女子がお土産屋さんからなかなか出てこない事に痺れをきらして早くしろよと叫ぶ男子や、
テンションが上がってしまって普段やらないような大胆な事をしでかす男子を制する女子.....

修学旅行生可愛いなぁ。
みんなでずっと一緒にまわって、ごはんも自分たちで食べて、お小遣いと相談してお土産買って。
私は問題児ではなかったと思うんですが生徒会長と同じ班にされ、常に行動を規制されてた苦い思い出があります。
友達と『なんで私ら会長と同じ班になったのかね・・・』と今でもよく話します(笑)
それでもすごく楽しかった修学旅行!
好きな男子と同じ班だった友達に写真を沢山もらったいい思い出もありますよ~


DSCN1755.jpg

DSCN1756.jpg

DSCN1758.jpg


京都のモスには京都限定バーガーなるものがありました!!
京野菜がモリっと盛られた贅沢バーガー。

マックスキーなのでモスは久々でしたが美味しかった~

六角堂近くのカフェモスは広さも雰囲気もよくて休憩にはぴったりでしたよ!  よい発見でした。


本日もポチありがとです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Category: にっき

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。