イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - リヴォルノ:初めての港町

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヴォルノ:初めての港町

2013年11月イタリア旅行その15
この旅のもくじはこちらからどうぞ


旅行4日目
ルッカからどこか近くの町へ行ってみようかな~と思って事前に色々調べていました。

イタリア語の先生アンジェロに『トスカーナでおすすめな町教えてー!』と聞いたところ、
温泉好きのアンジェロは良い温泉地を色々とすすめてくれました。
マリーザも温泉大好きなのでシエナ滞在中は色々と温泉に連れて行ってもらっていたんですが、
その時に温泉で溺れかけたことがありまして。一人で行くのはちょっと怖いなーと今回は尻込み
温泉は次回ママさんと一緒に来た時にゆっくり巡ろう!

今回はそうだなぁ......
『この町が大好きでたまらないんです!!』っていう熱いファンがいる町に行ってみたい。
そんなに有名じゃないんだけどこの町すごいんだよーって語られてる町。

私、人様が『○○が好きでね』という何かを熱く語っている状態がとても好きで、
こんなに愛されているその対象ってどういうものなんだろう、っていうところから其の物に興味がわく人間でして。
周りにいる職人さん達が好き勝手に自分の好きなものを語り尽すような人達ばかりだからか、
そういう話はどんなに長い時間聴いていても飽きないし、とても面白い。

そういう町ってあるかなぁ?って訊いたところ、リヴォルノはどうかっておすすめされました。

ルッカからピサ乗換で列車で1時間のところにある港町リヴォルノ。
持っていたガイドブックには載っていなかったけど、
ネットで調べたらリヴォルノに関する面白い記事が色々でてきました!
トスカーナの港町はまだまだ散策不足なのでちょうどいい!4日目はここに決定!!



DSC_0287_2014050409270086f.jpg

DSC_0285.jpg

ルッカは曇空。天気予報は曇雨マーク。
前を歩くご夫婦は革ジャンにコート。手には傘。
天気悪いの嫌だなぁなんて思いながら、冷たい風のなか駅へと急ぎます。

リヴォルノへはまずピサへ行き、そこからグロッセート行きなどの海側の路線の列車に乗り換えて1本。


DSC_0297.jpg

DSC_0298.jpg

リヴォルノ到着~
目の前のヤシの木に、海辺の町っぽさを感じテンションあがる!!


DSC_0300.jpg

DSC_0302.jpg

DSC_0305.jpg

livo.jpg

駅前のメインストリート:ジョスエ・カルドゥッチ通りをひたすら前進。
リヴォルノに着いた当初はまだ曇空だったけど、どんどん青空が見えてきました。
よかったよかった~
海が見えるまで歩き続きます


DSC_0306.jpg

DSC_0308.jpg

ひたーーーーすら歩き続けると、レップブリカ広場に到着。
ベンチに座って一休み......するも暑い!!!!!!!
なんかもうめちゃくちゃ暑い!!!!
曇とか雨とかそんなん見る影もなく晴天気温上昇で真夏状態
いま必要なのは傘じゃなくて水分だわ~
この広場、だだっ広く日光を遮る物がないのでベンチで休むにもとにかく暑い......
よし、とりあえず海へ急ごう!


DSCN0915.jpg

鳩さん達もあまりの暑さに銅像の影に密集。


DSC_0310.jpg

DSCN0916.jpg

道を進むと今度は朝市に遭遇。
生鮮は買えないけど朝市は好きなので寄り道じゃ~とテントの群れに飛び込みました。
ちょっと強面おじさん達の騒がしい声の中、色とりどりに積まれた果物や、みずみずしい野菜が美味しそう!
ママさん朝市大好きだから喜んだろうなー 一緒に来れなくて残念です。


DSC_0316.jpg

朝市を抜けて進むすぐに磯の香りがしてきました。
目の前には船船船。やっとこ海に辿り着いたようです。
ここまで寄り道したり写真撮ったりでのんびり歩いて駅から1時間。
駅から海へのバスも出ているようですが、散歩にはちょうどいい距離でした。とんでもなく暑かったけど。



日陰でとりあえず水分補給。
体力回復したら、いざ目的地へまだまだ歩きますよ~!!



本日もポチありがとです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。