イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - ルッカ:丸い広場と洗濯物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルッカ:丸い広場と洗濯物

2013年11月イタリア旅行その11
この旅のもくじはこちらからどうぞ


2日目はシエナを離れてルッカへと移動です。
昨日激混みだった朝食ルーム。
8時前にいけば空いているかしら~と思っていったら、本日も大盛況!!
またもや強面のおじさんと相席させてもらい、ガツガツ食べて早々に部屋に戻りました。

荷物をまとめてホテルをあとにします。
駅にも近くて従業員のお姉さん達が感じがよくて美人揃いという素晴らしいホテルでございました!
夜のシエナ歩きにはちょっと薄暗い道を歩くことになるけれど、
それでもシエナの定宿はここに決まりかなぁ。なによりもマリーザ宅からすぐっていうのが決め手だ!!

さてさてルッカへは列車移動
FSシエナ駅10時41分発でまずはエンポリへ向かいます。
11時52分にエンポリ到着。
次はピサ行き11時58分発に乗り換え。
乗換ホームを確認しようにも降りたホーム内の電光掲示板が全部故障中・・・
仕方なくスーツケースもって階段を下りて地下の掲示板を確認しにいったら、
いま降りた電車の真向いに止まっていた列車がそうでした。
あああああまたこの階段を上るのかぁ!!!と列車時間も迫っていたのでまた駆け上がる。疲れたー!!

12時25分にピサに到着!!
ピサーーーーー!!!と、ここでかなりテンションがあがりましたが、
本日の目的地はルッカなのでまた乗換ホームを探して移動。急げ!急げ!時間がないぞ!

......ところが乗る予定だった列車が20分の遅延。おおおぅ(;´∀`)
イタリアではまぁよくある話ということで、とりあえずBarでパニーニ買ってホームでごはん。

その後、20分が結局50分の遅延でやっと到着。
乗り込むのじゃー!!!とドアに群がり大勢の人でごっちゃごちゃに混雑しましたが、
私の番になると前の人も後ろの人もこの重いスーツケースを上げるのを手伝ってくれました~感謝感謝です。
ピサ~ルッカ間の列車は今日も大混雑!!

大混雑の列車に乗ってやってとこルッカに到着!
ホテルに向かう前に翌日のリヴォルノ行きのチケットを窓口に並んで購入。
このときルッカ駅構内にあった券売機はすべて故障中でした・・・・・・

ルッカ滞在は今日と明日の2日間。
でも明日はリヴォルノとピサへ足を伸ばすのでルッカでまったりできるのは実質今日1日のみ!
列車の遅延で遅れてしまったので急いでホテルへ荷物を置きにいきましょう~


DSC_0194.jpg

ホテルから一番近くにある見どころはローマ時代の円形闘技場の跡に建てられたアンフィテアトロ広場。
広場を中心にぐるっと丸い空間になっています。


DSC_0195.jpg

DSC_0198.jpg

DSC_0199.jpg

広場の周りにはリストランテや雑貨屋さん、Barやお肉屋さんジェラテリアが並んでいます。
お店のドアのアーチがみんな同じで可愛いですね。
上の写真のお店の飾りとかすごい可愛くて外から結構な時間ガン見させて頂きました。
こういう飾りつけをパパっとできるセンスが欲しいなぁ。


DSC_0202.jpg

DSC_0203.jpg

そうそう今回はこの広場のど真ん中に謎のアート作品がありました。
疲れ果てた女性が『足めっちゃ痛いわぁ』って言ってるようなそんな感じのこの作品。
名のあるものなのでしょうか・・・疎いのでさっぱり分からない。

イタリアの町ではよく見かける馬車はこのルッカにもありました。
いつかどこかの町で1回でいいから馬車体験がしたい!!!


DSCN0898.jpg

DSCN0900.jpg

建物の上の部分は住宅になっているんですね~
窓を開けたらすぐ広場なんてすごく素敵!!
シエナのカンポ広場もそうですが、こういうところは家賃が高い!でも住んでみたい!!

イタリアの町の洗濯物の風景とかすごい好きなんです。なんかとっても可愛くて。
ワイヤーにバッサバッサと干してある洗濯物がカラフルだったり、
大きなベットカバーがふわっと風になびいていたり。可愛い


お昼をすぎてお腹も空いてきたので広場にあるお肉屋さんでパニーニを購入。
一人旅だとパニーニばっかり食べちゃうなぁ。好きだからいいんだけど、顎は痛くなります。



ポチ励みになります~
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Ciao Roma Photoさん~

この女性に目がくぎづけでございました(*´ェ`*)
現代アートもちんぷんかんぷんなので、この像を見た時も
『お.........おう』と曖昧な反応しかできませんでした。

イタリアの洗濯物のある風景っていいですよね~
活気のある町ものどかでまったりした町も、
風にふかれてひらひらしたカラフルで真っ白な洗濯物はとっても可愛い♪

私がお世話になっていた家では、
紐がぐるっと輪になっていて、その間に滑車がついていました。
なので一辺に洗濯物をかけて反対側の紐をひっぱる、また洗濯物をかけてひっぱる、
これを繰り返して一辺一列に洗濯物を干していましたよ~....って文字にかくとなんとも分かりづらい。

シエナの茶褐色にも、ナポリの薄汚れた外壁にも、
どこでも絵になる洗濯物は絶好の写真スポットな気がします。

2014/02/25 (Tue) 22:41 | ぱらこ #- | URL | 編集

これはまさに「歩きすぎて足痛い」の銅像ですね。
もしくはストレッチをする女性の像にも見えます。
現代アートって奴なのでしょうか?
私もイタリアの洗濯物干してる風景大好きです。
ひもで窓と窓を結んでる洗濯物って
どうやって干してどうやってしまってるのかなって
いっつも思います。

2014/02/24 (Mon) 00:29 | ROMA PHOTO #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。