イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - シエナ:まずはお決まりのアレから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シエナ:まずはお決まりのアレから

2013年11月イタリア旅行その5


さてさて、今年の旅もスタートはシエナからでございます。

シエナ(SIENA)は...
中世にタイムスリップしたような気分になれる世界遺産の町。
丘の上にある町なので、城壁内の旧市街地は坂道が多くて足が疲れます。
でもイタリア人に聞いた【老後に住みたい町ランキング】では毎度上位。
その昔、教皇派フィレンツェと皇帝派シエナは近隣の国として対立し仲が悪かった。
でも『その昔』って話ではなく、今もまだ仲が悪いらしい。
世界一美しい広場と称されるカンポ広場はかなりのまったりスポット。
寝っ転がるもよし、人間観察もよし、読書するもよし、お弁当ひろげるもよし。
ドゥオーモはファサード(正面)のインパクトが強いですが、
ぜひとも中に入って大理石の床をがっつり鑑賞していただきたい!!
床の象嵌細工がとんでもなく綺麗です。運がいいと修正作業間近で見れます。



フィレンツェの空港からバスでSMN駅まで移動、すぐシエナ行きの列車に乗り込みシエナ到着。
バス移動は30分、列車は1時間半なので、乗継さえ上手くいけば飛行機降りて2時間ちょっとでシエナ入りできます。

今回は本当にスムーズにシエナまでこれたので、逆に途中でごはんタイムが取れず腹ペコ!
トランク持ってスーパー入るのは迷惑になるので避けたかったけど、
空腹が限界通り越して喉もカラッカラだったもんでとにかく駅前のスーパーに駆け込み食料調達。
生ハムとパンとブラッドオレンジジュースという3種の神器。幸せ!

今回のホテルは駅前からのエスカレーターで登って行ってすぐのところにある【ホテル イタリア】
そこのホテルはまた後日書きますね~
部屋に入ってとりあえず、食べる!食べる!食べる!
生ハム1パックもジュース1パックもぺろり。
こんな簡単食事でも私には『あぁー本当イタリアの食事美味しいー!!』って言ってしまえるぐらい幸せ。

腹ごしらえもすんだので、さっそくシエナ散歩に行きますよー


DSC_0064.jpg

ショーケースの装飾が毎度気になるナンニーニ 【NANNINI】
ここのお菓子のラッピングが可愛くて好きなんですが(赤い包装紙に白と金のリボン)
このお店名物のリッチャレッリ(アーモンド粉の外サクサククッキー)も
カントゥッチ(アーモンドぎっしり焼き菓子)もナッツ嫌いには遠い存在なので購入できず。
なので私は店内奥のショウケース内のエクレアやシューなどクリームたっぷり生菓子を食べます。美味しい!

店内のカウンターは地元の人や観光客で大賑わいっていう風景をよく見ますが、
今回はオフシーズンだったので地元の人ばかりでした。それでもやっぱり大賑わい。


DSC_0066.jpg

城壁内は車の乗り入れに許可がいるので交通量は多くありません。。
でも朝は、細い道にゴミ収集車や荷物を沢山つんだ車が渋滞していました。
すれ違う車同士が壁ギリギリになるので、通行人は扉の溝に入ってやりすごします。
最初これになれなくて、一人あたふたしていましたが、
慣れてくると、車を見るなり『スチャッ』と近場の溝へ機敏に動けるようになりました~


DSC_0069.jpg

シエナのメインストリート【バンキ・ディ・ソープラ通り】を下っていくと、
左手側に現れる広場がカンポ広場【Piazza del Campo】、
そしてその広場の中心に建つプッブリコ宮。市庁舎でもあり、市立美術館にもなっています。

カンポ広場でまったーりしたいところですが、
シエナに来たら一番最初にすることはこれ!!と決めていることがあるので先を急ぎます。


DSC_0107.jpg

左手にカンポ広場が見えたら、その反対側あるジェラテリアの横の坂道を登っていきます。
美味しそうなお肉屋さんや可愛い雑貨屋さんを抜けると静かに現れる洗礼堂【Battistero di San Giovanni】

写真左手の建物。ちょうどギリギリ写っている最上階に私が通っていた学校があります。
毎日学校下にあるバールで、この洗礼堂を眺めながら休憩をとっていました。贅沢だったな~

私のシエナ散歩の始まりは、決まって通学路だったところを歩くことから始めます。

懐かしくて、ワクワクして、やっぱりシエナ大好きだなぁって思って、胸いっぱいで歩いております。
......って、なんかこうやって書くと、散歩なのに気持ち重すぎますね。
あぁだから気持ち悪いって言われるのか・・・まぁシエナ大好きなので、なにするでなく歩いているだけで幸せです。


洗礼堂にでたらぐるっと回ってドゥオモの正面を目指します。
洗礼堂にむかって右側はゆるやかな(私的には結構な)上り坂。
むかって左手は急階段。

運動嫌いなぱらこにとって階段は苦手なものの一つですが、いつもここは急階段ルートでいきます。なぜかというと・・・・・


DSC_0110.jpg

いやぁこの階段、結構な段数でめちゃくちゃ疲れて息切れしちゃうし、
角度も急なので高所恐怖症にはかなり怖いんですが、
とにかく綺麗なので!ぜひ!! 疲れても、シエナ来たからには一度はのぼってやるぜ!!という気持ちでお試しください。
(ぱらこは本当に1回しかのぼりませんが笑)


DSC_0111.jpg

そしてこの階段の途中には十字が刻まれています。
これは聖カテリーナがこの場所で転んだとされている場所、とイタリア語で説明されたような気がする。
そして毎度ここに来るたびにこの場所を探すんですが、なかなか見当たらず降りたり登ったりを繰り返すという辛い儀式。

イタリアの守護聖人である聖カテリーナはここシエナ出身で、
シエナには彼女の暮らした家や、サン・ドメニコ教会には彼女の聖遺物が収められ聖域とされています。


DSC_0112.jpg

階段を登りきると大きなアーチがあり、そこがドゥオモ付属美術館。
いままではドゥオモのチケットはドゥオモ内、美術館のチケットは美術館内でしたが、
今回はこの美術館前にチケットBOXが出来ていて、そこで一括で買えるようになっていました。

大きなアーチには美術館内から登ることができ、そこからの景色は圧巻!!
マンジャの塔とカンポ広場、茶色い家々が連なるシエナの町、遠くまで続くおだやかな広陵地帯、絶景です!!


DSC_0114.jpg

どどどーんとドゥオモに到着!!!

散歩の最終目的にとりあえず到着です。
まずシエナに来て一番最初にすることは、なにするよりもまずドゥオモへの挨拶でした~
ここにこないと始まらない!的なぱらこの決まり事でございます。

いやぁもういつ見ても綺麗。見るたびに感動が上乗せされていく感じ。
初めて見たときの感動も凄まじかった! でも、見るたびにそれ以上に心鷲掴みにされるこのドゥオモ。
あぁもう本当に大好き。その一言につきます。


さてさて、今回も無事ドゥオモに会うことができたので、
ピザ買ってカンポ広場で読書しながらのんびりしましょかね~



はげみになります!!
ありがとうございますっっ
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

millegruさん~

一年に一度の大イベント3連ちゃんがやっとこ終わったので戻って参りました~
いやー家に帰っては寝るだけの生活で、久しぶりにパソコンに触ってます。
労働時間は長かったですが、思う存分パンを作れたので元気に楽しくやっておりました。
ありがとうございます(*´ェ`*)

シエナ綺麗ですよね~
millegruさんにはもうかなり語っているのでお分かり頂けてると思います笑

mixiやっぱりパスが分からなくなってしまったので
近いうちに再登録して遊びにいきますねー!!
留学記楽しみにしておりますー

仕事の方も落ち着いてきたので
また落語もご一緒できたら嬉しいです♪

2014/01/24 (Fri) 10:25 | ぱらこ #4tXVfbF. | URL | 編集
はじまりましたね♪

こんにちは~!
どうしたのかなぁと思っていました。お元気そうでよかったよかった!
シエナきれいですねぇ。階段写真だけでクラクラ(笑)
私もこないだやっとフィレンツェミニ留学を書き終わりました。
ミクシィ、よかったら来てね。chiocciola@です。
つづきを楽しみにしてま~す^O^

2014/01/23 (Thu) 17:40 | millegru #UH8aM8dI | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。