イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - 09南イタリアの旅5:マテーラ-2//ホテル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09南イタリアの旅5:マテーラ-2//ホテル

◆2009年7月11日~7月20日 南イタリアの旅レポ5◆




マテーラでは【LOCANDA DI SAN MARTINO】というホテルに2泊しました。
ヴィットリオ・ヴェネト広場のすぐよこにある階段を使えばすぐに辿り着ける立地のよい旧市街のホテルでした。
サッシを改装をした客室に泊まることができました
フロントで鍵を貰ったら、一旦外に出て自分達のお部屋まで移動、という形でした。
お部屋の前にはテーブルが用意されていて、目の前に広がるサッシ群を見ながらお茶会ができてすごいお気に入りでした~
日陰になるのでまったりできます。



すいません。。。ものすごい汚い状態の時にとりました(笑)
お部屋はとてもシンプルなんですが、テーブルや棚の色の統一性とかすごい優しい雰囲気でした。
ランプの造形がすっっっごく可愛くて欲しくなっちゃいましたー
町自体も昼間はすごい静かなので、とってもゆっくりできるホテルでした。

サッシの中はひんやりととても快適温度で、真夏なのに冷房いらず~
窓をちょっと開けておくと、すごくいい風が入ってきてとても気持ちよかったです!



洞窟をくりぬいてます!!!といわんばかりの外壁。
でもこれのおかげでヒンヤリ気持ちいいんですよね~生活の知恵はすごい!
部屋の広さは本当に2人でちょうど良い感じでした。
洋服も充分掛けられるクローゼットも完備されていたし、
なによりバスルームが広くて快適でした!!(この写真の奥側になります)
テレビや冷暖房も不備はなく、お部屋も綺麗で申し分ありません。



広いバスルームは大好き
シャワーブースとバスタブがありました。
バスタブはなんとジャグジー付き!
いっぱい歩いて探索する旅人にはとっても有難い~ぶくぶくぶく

朝食を撮り忘れましたが、所謂出来合いのものではなくて、
マテーラの郷土料理をベースにした食べやすい料理が用意されていました。
散策するためのエネルギーになるお肉ものから、美味しいドルチェまで幸せのかぎりです。
お姉さんが3人ほどいて、カプチーノを入れてくれたり料理を取ってくれたりします。

このホテルで思ったのは、やっぱり人がとても良いということでした。
フロントの方達も、清掃のお姉さん達も、みなさん対お客様としての接客もしてくれるんですが
それ以上に楽しくお喋りしてくれたり、質問にも懇切丁寧に答えてくれたり、すごい気持ちよかったです。

このホテルは絶対リピート!!
新市街地にお買い物行くにも、旧市街地を探索するにも、どっちも都合がよくお値段もリーズナブル。
おすすめですよ~


JUGEMテーマ:イタリア
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。