イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - 迷子になりたくてあの美術館に行ってみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷子になりたくてあの美術館に行ってみた

『迷子になろうよ、いっしょに。』ということで、ジブリ美術館に行ってきました。

カエル楽しみで仕方なかった遠足だったため、記憶がふわっふわ。内容もふわっふわですカエル




吉祥寺から井之頭公園沿いに歩いて行ったら、目の前にかなりの人だかり。
なんだなんだ?と近づくと、その先にはみんな大好きトトロがいましたトトロクローバー




さぁ、迷子になりに行ってきます!




入口から階段をおりて建物の中に入ると、そこはもうそのまんまジブリの世界。
アンティークなエレベーター、螺旋階段、小人の扉、猫の通り道。
思わず『ふわぁぁ』とその世界観に声が出てしまいました。

入ってすぐに迷子になれます。
この部屋には入ったけ?こっちは?この通路の向こうはどうなっているんだろう?
ぐるぐる階段のぼってみる?この扉のあっち側はどこだろう?うわーだまし絵だ!?
なんて、???尽くしでわくわくどきどきがとまりません。
旅と似ているのかも。
なんだかよく分からないことが楽しくて面白くて仕方ない。

100人ほどが入れる映像展示室では短編映画がみれました。
期間によってやっているものが違うんですね。
私たちがみたのは『星をかった日』
見終わったあと友人と声を揃えて言いました。
『すごくよかった!!』
そのあとパンフレットを買い、家でもその世界に浸る浸る。
並んでいたパンフレットをみて、『ちゅうずもう』の可愛さが気になりました!



ごはんは館内のレストラン。
お皿にトトロが沢山いたオムライスは甘い味。
小さい迷子ちゃんたちにも食べやすいようにかな。
大きい迷子ちゃんな私はクラムチャウダーを食べました。沁みたなぁ。とても美味しかったです。

外の売店でアイスクリームが買えるらしいぞと、食後のデザートもしっかりいただきました。




ジジの蛇口に、これ水でるんか~?とわくわく。
回し難かったですがちゃんと出ました。




水道の手前には踏み台。
どうやら私の前にこの水道を使ったのはカエル君のようですね。ゲコゲコ。




蔦の絡まった螺旋階段をのぼって彼に会いに行きました。






この美術館の守り神。
青空も似合うと思うんですが、くもり空もいいもんです。
写真撮りましょうか?と声をかけて頂いて、彼の足もとでイエーイと豪快なポーズを決めたら、
なぜかその方が連写機能でバッシャバッシャと写真を撮ってくれました笑
え?なんで連写?とか、そんなやり取りにほっこりした。




ラピュタの文字盤。
テレビ放送されるとツイッターがバルス一色になるあのラピュタ。
目が~目が~と、ムスカさんも大人気。

飛行石に憧れてた子供時代。
飛行石を作ってた青春時代。
いつの時代もぱらこはラピュタが大好きです。








隅から隅まで探検して、迷子になって、12時から暗くなるまでめいっぱい遊びました~

もう天井から部屋の隅っこまで、全部ジブリ。そのまんまジブリ。
映画のなんかが飾ってあるというよりも、映画のワンシーンが再現されているというよりも、
ジブリの人が好きなものが、ジブリが好きな人の好きなものが、いっぱい存在している空間でした。

もうとにかく、たまらない。
感動するし、心躍るし。
入るときも出るときも笑顔でした。

少しずつポーズの違うフィギュアを順番にぐるぐる回しながら光を当てると、
残像がまるでアニメーションのように動いてみえるという機械に釘付けになりました。
その機械の前に膝をついて食い入るようにずっとその動きを見ていました。
面白くて楽しいだけじゃなくて、その仕組みについてものすごく考える。
物作りって難しいけど、それをいつまでも楽しんでいきたいです。

帰ってきたあと、美術館の近くに美味しいパン屋さんがあると知って、
もっと早く知っていればー!!と地団駄ふんだ私はまだまだ子供ですね。
でも大きい子供なので猫バスには乗れません。残念。

そのパン屋さんにも行きたいので、また次の季節に遠足しましょうか。


ポチありありgattogattoです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト
Category: にっき

コメント

No title

ジブリ美術館行かれたんですねー!!
(連日出没してすみません…w
私本当にジブリが大好きなので食いつかざるを得ませんでした。
ご覧になった短編映画は話題になったハウルの過去編というものでしょうか?
大人になってから見るジブリはまた違う目で見られて良いですよね…
美術館の中も、いつか見た公式の案内写真(?)よりずっと可愛くて、
ぱらこさんのジブリ愛が伝わってきました(*´∀`*)
緑色の階段の写真がとっても可愛い!

ローマは中心街も良いんですが、ひとつ川を越えれば生活の匂いがふんわりで大好きです!
アッピア街道なんてもう「のどか」の一言でw
シエナはローマよりもっと小さい街なんでしょうか?
同じところをぐるぐる散歩するのが好きなので、小さな町の方が好きになりそうですw

私も英語振り回されました…イタリアのホテルでw
頑張ってイタリア語使おうとしてるのに「イングリッシュプリーズ!」なんていわれてww
東南アジアは留学安いですよ~私はフィリピンです。
けど英語の勉強すればするほど伊語の耳心地の良さがわかります…可愛いですよね、巻き舌とか!w

ぱらこさんとほんとに親近感…まさか東南アジアにも興味があるなんてー!
なんだか私もテンションあがっちゃいます///

2013/10/26 (Sat) 13:04 | まや #79D/WHSg | URL | 編集
No title

Ciao まやさん~(´ェ`*)

あ、やっぱりまやさんもジブリスキーさんでした?笑

そうそう!そのハウル過去編というやつです。
オカッパ+カエル+日常の少し不思議なこと=ぱらこの大好物でした。
12分の短編映画でしたが、見終わったあとの充実感が凄かったです。
とても素敵な映画でしたよ~
ジブリの映画は見る年代によって感じ方が変わってきますよね。
魔女の宅急便をみて泣きたくなった社会人なりたての頃が懐かしいです。
今ではパン屋だけにオソノさん側の気持ちが分かる年になりました(´ω`;)

ドッカーンと大きく存在感のある建築物や遺跡を見るのも好きなんですが、
現地の人の生活が垣間見れる地域とかすごく惹かれるんですよ~
洗濯物が干してある窓辺とか、奥様達が立ち話してる路地裏とか、おじいちゃん達が集まってる公園とか好きだなぁ。
あのアッピア街道がのどかですと!!!?
うわー行きたい。天気のいい日に歩いてみたいな~
シエナはローマよりずっとずーーーーーっと小さいですよ。
フィレンツェよりも小さいので、城壁の周りもぐるっと回れます・・・まぁちょっと時間はかかりますがw
丘の上にある町なので、遠くまで続くのどかな景色を眺めることができるんです。あぁ早く行きたいw

ちょwなぜwww
イタリアのホテルでイタリア語を話しているのにwww
まさかの『イングリッシュプリーズ』wwwww
そのやり取り面白すぎます。
私もたまに英語話されると、頭がついていかなくてパンクしちゃいます・・・英語苦手だー

東南アジアに英語留学って盲点でした。
せっかくなら興味のある国で勉強したいし、東南アジア留学いいかも~なんて思っちゃいました。
しかもお値段的に優しいなんて良いこと尽くしですね。
まやさんに良いこと聞いちゃったわ~

イタリア語の短い単語で可愛い響きのものとか好きでよく使っちゃいます。
Come?とかcosicosiとか、表情もオーバー気味に言ってしまいます。
地味に巻き舌の練習とかしてますよー

イタリア行く前なのに、東南アジア関連をネット検索してるのは内緒ですw

2013/10/26 (Sat) 23:20 | ぱらこ #79D/WHSg | URL | 編集
No title

Piacere! ぱらこさま。
お初にコメント失礼します。
イタリア好きとしてよろしくおねがいします。

ぱらこさまのブログ、イタリア愛に溢れていてステキですね。写真もとっても綺麗で見ていて楽しいです♪

ジブリ美術館、行ったことはあるのですが、予約が必要なの知らなくて中に入れませんでした T T

中はこんな感じになっているんですね。これはワクワクしますね~。宮崎監督は美術館の修復に専念されるそうなので、そのうち遭遇できるかもしれませんねw

またちょいちょい覗きにきます ^ ^

2013/10/27 (Sun) 16:47 | ミケ美 #79D/WHSg | URL | 編集
No title

ミケ美さんようこそ~♪

時間も忘れてジブリの世界にどっぷりでした。
素描や絵コンテの細かいところまで間近でゆっくり見ることができて、
見れて、触れて、感じることの出来る素晴らしい美術館でした。
修復に専念される話があるんですね。
スタジオ付近では見かけますが、美術館で遭遇できたらテンションあがってしまいそう~

うわー目の前まで行って入れないってすごくショックですよね!
私もよくイタリアでそういう事あります・・・情報収集不足な事が多くてw

マリオーネにごはんを行く予定をしっかりたててしまいました。
ビステッカは一人旅にはキツそう(というか絶対キツい)けど、食いしん坊なのでなんとかなるかな~
でも他にも美味しそうなメニューがありそうで目移りしちゃいますね。
夜景情報も有難うございました!
景色にみとれてぼけ~っとせずに、気を引き締めて行ってこようと思います。

コメント有難うございました(´ェ`*)
またお時間があるときにでも遊びにいらしてくださいね~

2013/10/27 (Sun) 22:59 | ぱらこ #79D/WHSg | URL | 編集
No title

>>魔女の宅急便をみて泣きたくなった社会人なりたての頃が懐かしいです。

おおおおなじです!!!(興奮
私もハタチの頃東京に出てあまりの辛さに魔女宅見ながら涙してました…
キキもつらいんだね…わかるよ;;とか思いながら(笑

やっぱりハウルのショートムービーだったんですねー!!!
その短さで見終わった後の満足感が凄いってどういう事ですか…見たい…;;

東南アジアではフィリピンが英語圏なので、セブ留学が最近流行ってるみたいですね~
でも私は生粋のイタリア好きなので「英語なんか嫌い…」と言いながら毎日勉強してますw
ぱらこさんも書いてらっしゃいましたけど、空港が一番困りますよね!?
言ってる事がわからなくてぽぇーっとしてたら「oh…」と言われ呆れられる事数えきれず。
カタコト程度で話せれば今後の渡伊も怖く無い…!

cosicosiって響きたしかに可愛いですねー///手をひらひら~ってさせながらよく使いました!
私は「perche?」って言うのがなんか好きで、イタリア語で話すといつもなぜなぜぼうやになりますw

2013/10/28 (Mon) 19:42 | まや #79D/WHSg | URL | 編集
No title

生粋のジブリスタとしては、一度は行かねばという
強い使命感に駆られていましたが
予約の恐るべき競争率に諦めかけていました。

でも写真とかみてると、思いが再び込み上げてきました
文字盤の前で
「見せてあげよう。ラピュタのいかずちを!」
とか言いたいです

2013/10/28 (Mon) 23:58 | mihajlo #79D/WHSg | URL | 編集
No title

●まやさん●

わー分かります!!!?
もうなんだろう、見てるとこっちが辛くなるから見たくない苦い感じでしたーあの頃。
いまは教育している新人ちゃんたちがこういう気持ちなんだろうなぁとオソノさん気分ですがww

いやぁほんとジブリのおかっぱは正義ですね。
ぜひぜひ見に行ってくださいー!!
今回は11月4日までですが、また巡り巡って上映の日がくると思います(周期はきまっているのかなぁ?

私もシエナで学校に通っているとき
『なんでここまできて英語やねんて・・・』と何度も何度も思いました。
お互い慣れないイタリア語で話していても、
会話が盛り上がるとすぐに英語にシフトチェンジ。
ついていけないのは私だけ。
それで『イタリア語を勉強する前に英語を勉強しろ』と何度もほかの生徒に言われて泣きました。
今ではそれもいい思い出話です。当時は本当に意味わからん!!と憤慨してました笑

それでも帰国する時には今後英語も学びたいなぁと思うようになっていました。
イタリア語を学ぶうえで会話が出来るようになることが楽しくなってきたからだと思います。
それに、本当に、飛行機の乗り換えがものすごく怖いぃぃもう本当に嫌wwww
がんばれまやさん!!!
私も数年後、数十年後かもしれないけれど(おい!)
まやさん追っかけて英語の勉強始めますからー!

Perche?も可愛いですよね~
ペルケェってわざと最後ケのェを強くいって茶化してみたりしちゃいます。
やっぱりイタリア語って響きが可愛いなぁ(´ェ`*)
なぜなぜぼうやって言葉も響きが可愛いw

2013/10/29 (Tue) 21:31 | ぱらこ #79D/WHSg | URL | 編集
No title

●mihajloさん●

やっぱりmihajloさんはジブリスタでしたね~!

そうなんでよね。予約めっちゃすごい!
ちょっと一日日程悩んだだけで、取ろうと思っていたところが埋まっていたりと素早い行動を要しますよあれは。

天候が悪くても気分で日程を変えられないのがつらいですが、
人数規制されているぶんとってもゆっくり、充実感でいっぱいになるまで浸れます。
もう一歩踏み入れたところどころか、美術館が見えた瞬間からジブリの世界そのまんまです。

最寄りの吉祥寺駅から美術館まで歩いていくと
大きな公園を横目に『あれがもののけの森じゃー』なんて気分もあがります。

mihajloさんが
「見せてあげよう。ラピュタのいかずちを!」
ってやってるレポ漫画がめっちゃ読みたい笑

館内は撮影禁止ですが、
ぜひ心のフィルターに焼き付けに行ってください~

2013/10/29 (Tue) 21:43 | ぱらこ #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。