イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - フィレンツェ:じぇじぇじぇ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェ:じぇじぇじぇ!!

2012年9月イタリア旅行 その44

のぼったものは、おりなきゃいかん!!
ということで、絶景に別れをつげて懐かしの地上へ戻りましょう。




下りは膝にくる....っっっ
2日前に30歳を迎えた私は、腰にも衝撃が響くようになっていました
降りるまでが登山ですものね。一歩一歩確実にいこう。。。




クーポラの丸み部分はかなりの急階段ですが、それが終わるとまたこの教会内部の歩廊に出ます。
ここでなんと先ほど気が付かなかったことに気づいたのです!!

歩廊が、2つあった!!!!??


ガラス板が反射してちょっと分かり難いですが、丸窓の上と下に歩廊が1つずつあるのが分かります?

上りのときに通る歩廊が丸窓の下。
下りのときに通る歩廊(上の写真を撮っている方)が丸窓の上。

いやーさっきはまったく気が付きませんでしたよー!!
じぇじぇ!!!!

でもって、いまこうやって旅行記を書こうと写真整理していて、
『じぇじぇ!?ここの歩廊上と下2つあるんだ!!?』
と、現地での驚きを忘れて、写真を見ながら再度また驚いてしまいました....
この鳥頭っぷりに我ながらじぇじぇじぇ!!?ですね。。。あああぁぁぁ




上の写真は、上りで通る歩廊からの写真。
あぁーたしかに頭の上にもう一つ歩廊がありますねー驚いた!!

なんていうか、飾りだと思っていたというか、気にして見ていなかったというか、、、

せっかくこんなに凄い建物の中にいるんだから、もうちょっと色んなものをちゃんと見ようと思いました。








所々ヒビ割れや欠落部分がありますが、それをまた修復師の方々の手によって直されて、
これから何十年、何百年も先に遺されていくんですね。
そう考えると、このヒビも今でしか見ることのできない歴史の一部なんだなぁと感慨深くなってしまいます。

この歩廊にいると、乱れていた呼吸も落ち着く、そんな不思議空間。

また階段に戻ると、すぐに乱れ始める呼吸、そんな不思議なぱらこの体(ただの運動不足)



ポチありgattogattoです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:イタリア


 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。