イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - コッローディ:ピノキオ王国、これにておしまい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コッローディ:ピノキオ王国、これにておしまい。

2012年9月イタリア旅行 その22

ピノキオ公園の続きですよ


\さくさく次へ進んでくださいね~/


三角頭巾を被ったピノキオさんに急かされて、迷路の入口へとやってまいりました。




この迷路、入口と出口が一緒になっているようで、出入り口が地味に混雑しておりました。
少年達もキャッキャキャッキャとかなりのはしゃぎっぷり。

『俺はこっちから入る~!』
『じゃぁ僕はこっちから行くよー!』

なんて言い合いをしながら別々の入口へ向かおうとすると、

『あんた達!!!勝手に行くんじゃないわよ!!!!!

と、すぐ後ろからマンマの怒声が響いておりました。
少年達よ、マンマの言う事はちゃんと聞いたほうがいいぞ




迷路の中、分かれ道の地面にはピノキオさんが印されていて、顔の向きで順路を教えてくれています。
小さい子供がいっぱい遊びにくるところですからね。
こんなところに園員さん達のちょっとした優しさがあるんですね~



・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・って行き止まりじゃん!!!!!!!




えぇ。さすがピノキオさん。指し示す方向へ進むと何度も何度も行き止まり。
見事な嘘つき道案内でした。
そんなに大きくない迷路のわりに、攻略するのにかなり時間がかかりましたよ・・・・ピノキオさんめ!!




魅惑のピノキオ公園も終わりのようです。
いやぁ、なんか見え隠れする手作り感が半端なかったけど、ものすごい面白かった!!!

ママさんと、ここは誰かにお薦めしたいよね~なんて話しながら出口へと向かう途中、葉っぱの影からこちらを誰かが見ているような...
なんとまだ可愛い彼らがまだ残っていたのです。




このブリキさん!!なにこれ可愛い!!!!!




なんで隠れているの!!! 可愛いいい

帰りの通路の鉢植えの後ろに、ちょこんとブリキさん達が隠れていたのです!!
これ気がつかない人はそのまま見落としてしまいそうなぐらい主張してないんですよー
あぁあぁぁぁこんなに可愛いのに勿体無い! でもこの感じがたまらなく可愛い!!!

こんなこと言っていいのか分かりませんが、たぶんこのピノキオ王国内で一番可愛い顔をしているであろう彼らが、
こんな目立たないところでお客さん達を見送っているなんて・・・・・
もう本当にこの王国の狙いどころがさっぱり分からんです。




最後の最後にこの彫刻。やっぱり分からん。






出口の建物の中にはお土産コーナーとゼペット爺さんの工房がありました。
木屑とかが散乱しててリアルでしたよ~

ピノキオのお土産も可愛いのが沢山あって色々ママさんと選びました。
一番のお気に入りは『クジラとピノキオのびよんびよん』 今度写真UPしますね~♪


お土産コーナーの脇に世界の人形が展示してあり、日本もあるかな~と探していたところ、
カナダの人形が可愛かったのでパチリ



むふりとハニカミ笑顔が素敵です。

そして日本はというと、そんな可愛いカナダのお隣にいらっしゃいました。




・・・・・・・・・お、おう。日本の存在感、半端ないッス。
ほかにも個性豊かな人形がいっぱいでした。




最後はママさんがピノキオさんになっておしまい!!


いやぁ、ピノキオ王国たまりませんよ
ルッカからバスで1時間もかからないし(ちゃんと降ろして欲しいところで降ろしてくれればですが....)
子供も大人も楽しめる仕掛けや彫刻が沢山あって見ごたえ充分!遊びも充分!
イタリア語がよく分からなくても体感で分かるようなものばかりで助かりました。

ぜひまだ行ったことがないイタリアスキーさんは行ってみてください~
ピノキオ王国の感想を色んな人から聞いてみたいです

最初はネットで調べてもあまり出てこないし、どんなところなんだろう~って不安もありましたが行ってよかった~ 


さてルッカへ戻りましょう~ →



ポチありありgattogattoです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:イタリア
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。