イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - コッローディ:夢のピノキオ王国に行く...はずが

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コッローディ:夢のピノキオ王国に行く...はずが

2012年9月イタリア旅行 その17


ルッカに行くことが決まったとき、
ママさんがピサの斜塔に登る以外にあともう一つやりたいことがあると言い出しました。

『夢のピノキオ王国に行きたいんだけど!!!』

(注:うちのママさんが勝手にピノキオ王国と呼んでいるだけで、正確にはピノキオ公園でした)


それがコッローディに行くきっかけであり、あの想像以上に恐怖でエキサイティングな体験のはじまりだったのです

コッローディはピノキオの作者のペンネームで、母親の出身地の村とのこと。
そこにはピオキオ公園という、ピノキオの物語に出てくる動物の彫像や仕掛けなんかがある、
かなり大きなテーマパークがあるらしい・・・・・

地球の歩き方で調べてみたらルッカからバスで40分くらい、そこから歩いて30分ほどとありました。
....が、このコッローディ、ネット検索してもあまりヒットせず。
かの有名なピノキオの世界があるのになんでこんなにブログとかヒットしないのかなぁ・・・と不思議に思ってました。
だってハリーポッターと魔法の世界(ハリーポッターテーマパーク)みたいなところじゃないの???
と。
世界中のピノキオファンが集まるところじゃないの?すごくないそれって?

とりあえずルッカに行けばなんとかなると思い、これといって下調べなしに出発です!




9時05分発のバスに乗るので、ちょっと早めに朝食を食べて宿を出発。
日曜日の朝だったせいか、この時間帯のルッカ旧市街はかなり静かでした。




多くのバスの発着地、ヴェルディ広場でPescia行きの切符を購入。
帰りの切符が不安だったので、一応往復分買っておきました。(これは正解だったと思います!)




平日は色んなひとがバスを待つので混雑していたヴェルディ広場も、この時はまだ全然ひとがいませんでした。
目の前に座っていたお揃いの服を着た2人の少年。
彼らのばかでかいお喋りの声だけが広場に響いています。
かなり興奮していたらしく、ケラケラずっと笑いっぱなしで楽しそうでした
いやーほんとよく喋るなぁイタリア人!!




PESCIA行きのバスが到着。
乗るときには運転手さんに
『コッローディに行きたいので、ポンテアッラバーテで降りたいです』とちゃんと伝えて準備OK!
わたし達と一人のマダムを乗せて出発進行~
日曜日なので空いているのかな?

町から離れてどんどん山のほうへ。
景色は緑が多くなってきてとてもいい感じ

バスに乗って40分くらいたったころ、そろそろかね~とママさんと話していたら、
突然の急ブレーキ!!!

運転手さんがこちらをみてなにかを叫んでいますが、早口でさっぱり分からず。
ここで降りろとは言っているんですが、なんだかそれだけじゃないみたい。

ママさんが運転手さんにちゃんと聞きにいくと、

ついつい忘れてて
降ろす予定の停留所を過ぎちゃったから
ここで降りて道を戻ってね!


という感じのことを仰っているようだ、と蒼白のママさん。



マンマミーーーア!!!!!


はいきました。この旅で2回目のマンマミーアですよ。
1回目はこちら ⇒ 【モンテプルチャーノでマンマミーア】




いたって普通の車道で降ろされました・・・・・・

とりあえず、ここがどこだかも分からないまま戻れと言われた道を戻ってみました。
もうほんとどうなっちゃうのー!!!








普段はまったく地理がだめなママさんなのに、この時はなぜかものすごーーーーく冴えていて、
この道をあっち、今度はあっち、と先頭をきって歩く!歩く!歩く!
ママさんの後ろをオロオロしながらついていくだけのわたし。
しばらくしてコッローディへの道路表記を発見。
なんとかピノキオ王国にはいけそうです。よかったー!!!!




道中、ズッキーニ畑のおじさんとママさんがお喋りを始めたり、なんてこともありました。
ずっとバスに乗ってたらこんな出会いもなかったよね、そうだね、なんていい方向に考えたりなんかして。

本当に一時はどうなることかと思いましたよー
今回の旅はなんか色々アクシデントが多いなぁ(これがまだまだ続くとは....)




歩いて30分以上が経ったころ、なんとか無事コッローディの町に入れました。
町にあった地図がなんとも分かりにくい
ざっくりしすぎ!!!




コローディの町はとっても小さくて、車は多く止まっているもののあまり人は歩いておらず。
町のそこかしこにはピノキオのモニュメントや壁画があって、

おお~ピノキオ王国だぁ!!

とテンションがあがります。

でもこのモニュメント、よく見るとちょっと怖い!!!
色んなピノキオの顔が付いているんだけど、これは、なんというか、可愛さは皆無でした

さてさて、町の真ん中に流れる川を渡ると、ひょっこりピノキオが立っているのが見えます。
なんとか無事到着することが出来ました~




夢のピノキオ王国!どんなところか楽しみです


GOGO!ピノキオワールド!→


ポチありありgattogattoです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:イタリア
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。