イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - カプリ:青の洞窟(*´∀`)ノいえいいえい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カプリ:青の洞窟(*´∀`)ノいえいいえい!

2011年9月イタリア/フランス旅行 イタリア27




2011年、9月22日。
海です。朝から船に乗っています。

なぜかって云うと、

青の洞窟入れるっていってくれたからー!!!




カプリを去る日の朝、駄目もとでもう一度港に行ってみたら、
洞窟ツアーのチケット小屋の前で、何人かがざわざわしてました。

これは!? もしかしたら今日は船が出るかも!!!

まず船が一艘青の洞窟の入口まで波の状態を見に行きます。
『今日こそは入れますように
そんな祈りをこめて、港から出て行くボートを見送ります。

チケット小屋のおぢさまが確認しに行ったボートの方と無線でやりとりをするのを耳をダンボにして聞き、
やっぱり波が高く、なかなか出ないGOサインをずっとずっと待っていました。

突然おぢさまが無線をきったかと思うと、いままで閉まっていた小屋の窓口を無言で開けました。
『もしかしたら行っても入れないかも』と言いながらチケットを捌いていきます。

待ち望んでいたみんなは狂喜乱舞しながら、次から次へと青の洞窟入口までのボートに乗り込みます。

私達4人が乗ったボートは、他に日本からツアーで着ていた皆さんと一緒でした。
『入れますね~』 
『やばい緊張しちゃうううう~
なんてテンションあがりまくりなボート!!

ついについに、待ちにまった青の洞窟に入りますよ~!!!!




港から青の洞窟の入口までは15分くらいでした。
青の洞窟はマリーナグランデから船で入口まで行く方法と、
陸地から直接入口まで降りていく方法があります。
写真中央に見える階段に並んでいる人たちは、陸地からここまで降りてきた人達。

洞窟入口はみんなの『青の洞窟に入れる!!』っていうそわそわ感と、
いっぱいの船頭さんの大声な世間話でいっぱいでした。



青の洞窟の入口までついたら
エンジンボートから手漕ぎボートに乗り換えます。
もちろん船の上なのでどっちのボートもゆれるゆれる!

青の洞窟アタックは3度目だったんですが、
一番最初に青の洞窟に入ったとき、このボートの乗り移りに失敗して海にドボンしました
ベネツィアのゴンドラに乗るときも失敗して海にドボンしたので...なんですかね、運動神経のなさが原因ですかねww

手漕ぎボートに乗り換えたら、入口付近に浮かぶ係りの人のボートへ近づいていき、入場料を払います。
たぶんこの手漕ぎボートは船頭さんを除き、観光客4人がMAXなのかな。
私達は4人一緒の船に乗れました。



手際よくお客さんとのやりとりをする係りのおぢさま2人。
ときたま暇になるとお歌を歌ってくれます。強面だけど陽気。

『行ってきまーす
って行ったら、チュって投げキスくれたよーあははさすがだわ。

さて、それでは青の洞窟にいざ、入りましょう↓↓↓↓↓



















.....な、なんとかそれほどブレずに写真が撮れました!
前回は入ってあまりの綺麗さにGYAAAAAAAAAAAAAAAって大興奮したせいで
写真がかなりのブッレブレで、あーなんか一面青いところ入ったんだなってぐらいしか分からなかったんです。
今回はそれのリベンジ!なんとかちゃんと写真が撮れましたー  よ、よかったあああ

今回も入った瞬間はこの青さに大興奮しちゃって大変だったんだけど、
ちゃんと途中からは『写真!撮らなきゃ!!』って意識戻しました。危ない危ない。



こんなに小さい穴をぐわっと入ってくるんですよー
頭をぶつけないようにボートの中に寝そべるんですが、失敗すると頭を洞窟の入口で強打します。
私は前回、この入口に頭をぶつけてしまい船頭さんに『頭さげろっていっただろー!!』と怒鳴られたので、ちゃんと学びましたよ...

洞窟の中は広いような、狭いような。
興奮してるから正直どのくらいかは全然おぼえてないんですが、実際どのくらいなんですかねー

船頭さんが歌を歌ってくれて(歌ってくれない船頭さんもいます)、その歌声が洞窟内に反響して、
ゆらゆらと揺れる船の上、一面に広がるこのバスクリンのような綺麗な青。



次から次へと船が入ってくるので、洞窟出口でかなり順番待ちをしていました。
でもそのおかげでかなり長い時間洞窟内に居れてラッキ~

入ってきた人が次から次へとWAOOOOOOOOOOOOOって声を上げるのを間近に見れて、
本当にここはすごいところだなぁって改めて思いました。
ものすごい感動した。



さて、この素晴らしい世界とのお別れの時間です。
船頭さんの合図で来た時同様、また船の中に寝そべります。

洞窟の壁面に伝ってある鎖をおぢさまがグイっとひっぱって、外の青空の下に戻っていきます。




手漕ぎボートから乗ってきたボートに戻ります。
ママさん気をつけて~!

先に戻ってた人達と『すごかったね!すごかったね!』とキャッキャしてもう一度感動を反芻。
はあああぁぁぁ 綺麗だったああああ


カプリについて4日目。それももうこの日の昼前にはローマへと発たなくてはいけない日でした。
カプリ滞在中はずっと毎日、一日に何度も何度も港にいって船出てないか確かめて、
また前回みたいに入れないのかなぁ、今回も運がなかったのかなぁって船が出ていないのを確認する度に思ってました。

でも最後の最後、本当にギリギリの時間で青の洞窟に入れて、本当に本当にツイてた!!

2011年9月22日、とても思い出深い日になりました。
しかもなんとこの日は、私の誕生日だったのですー

誕生日に青の洞窟、神様ほんとうに有難う! なんというプレゼント!

ずっと待ってこの日に入れたっていうのが粋な計らいだなぁーって勝手に思っちゃってます



さてさて、急いでローマに向かって移動開始!まだまだ騒がしい旅は続きますよ~



ポチありありgattogattoです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村



JUGEMテーマ:イタリア

スポンサーサイト

コメント

No title

フローレンスからボンジョルノ おォ凄い 綺麗に撮れてますねぇ。感動が蘇ってくるようです。でも大笑いしました。ほんとにドボン?ほんとにドカン?されたんですか?噂には聞いてたけど待ち時間長い時に話題作りかと思ってました。まさかの本人告白に衝撃大で大笑いでした。ドカン痛かったでしょう?それにびっくりしたでしょう。今回は素敵なバースデープレゼント良かったですね。ポチどうぞ。

2012/08/31 (Fri) 02:34 | florentia55 #79D/WHSg | URL | 編集
No title

florentia55さん

Tokyoからボナセーラ(*´ェ`*)

前回の失敗から
慌てない・はしゃがない・さわがない、ということを学んで、
なんとかブレずに写真におさめることができました~
といっても、めちゃくちゃ興奮してたんですけどね。

ほんとにドボン、ほんとにドカンですお恥ずかしながら笑
興奮すると本当に身振り手振りが大きくなり、向こう見ずになってしまって...ほんと....駄目子なのです。

去年はとても素敵な誕生日になりました。
今年もまたイタリアで誕生日を迎えられるのが楽しみです。
ポチありがとうございました~!

2012/09/02 (Sun) 18:06 | ぱらこ #79D/WHSg | URL | 編集
No title

フローレンスからボンジョルノ 再び。。。
万一ドボンの時 こんな風にアドヴァイスしてます。
騒がずジーッとしてましょう。そうすればアラアラ不思議なあられちゃん
海水だからちゃんと浮いてくるんですよォ 大丈夫!
でもベネチァで落っことした傘は浮いては来ませんので要注意です。じゃんじゃん。
イタリアでバースデーアゲイン素敵ですね。もしかしたら恋にドボンするのでは?

2012/09/04 (Tue) 01:34 | florentia55 #79D/WHSg | URL | 編集
No title

ベネチアでは片足海に落っことしたんですが、全身ドボンしなくてよかったです。
ベネチアは浮いてこないんですね・・・・おそろしい。
再訪したときは気をつけます><

8月はなかなか高くて行けないヨーロッパ旅行。
時期をずらすとちょうど自分の誕生日なので
旅行に行けるときは毎度この時期にしています。
誕生日を大好きなイタリアで過ごす、1年でとっても贅沢な日になってます♪

いつか恋にドボンする日もくるでしょうか~笑

2012/09/05 (Wed) 17:56 | ぱらこ #79D/WHSg | URL | 編集
No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

2012/11/12 (Mon) 03:01 | 職務履歴 #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。