イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - 2016年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新感覚ピザサンドTrapizzino@吉祥寺いってきたー!

イタリア禁断症状がでて

「イタリア恋しい(´・ω・`)イタリア行きたい(´・ω・`)シエナァァァァ!!!」

ってツイッターに悲痛の叫びを連ねてたら、
心優しい友人ちゃんが吉祥寺にできたTrapizzinoに一緒にいってくれました。




s7.jpg  s6.jpg

s1.jpg  s2.jpg

s3.jpg  s4.jpg

s5.jpg




厚めに焼いたピザ生地の中にローマの郷土料理をいれて食べる、新感覚ピザサンドなんだって。
前にテレビ番組で見て食べてみたかったものが日本に上陸してたなんて~!

ピザ生地の外側はパリパリ、なかは弾力溢れるモッチモチ。
挟んである具材もたっぷりでかなり食べ応えがありました。
わたしはお勧めされた鶏のカッチャトーラをオーダー。これがまた美味しい!
注文してから再度パン焼きなおしてくれたのか(お喋りに夢中でちゃんと見てなかった...)
5分後くらいにテーブルに熱々を運んできてくれます。

たっぷり入ってる具材を落ちないように食べるのに時間かかったんですが、
そのおかげでお肉のソースが生地に染み込んでそれがまた美味しい!

トラピッツィーノは定番メニューに日替わりメニューもあわせて6種類。
サイドメニューでカレーとトマトのライスコロッケが2種類。
ソフトドリンクが190円~。

とりあえずライスコロッケとドリンクも頼んで1000円超えるくらい。ファストフードとしては高いかな。
わたしはサイドなしでトラピッツィーノとドリンクだけで十分でした。
吉祥寺だしランチしてから甘いものは別のカフェで、っていうのに丁度いいと思う。
このときもこのあとジークレフでパフェ食べてました

お店は店内テーブル席が5、6席。テラス席もありました。
カウンターもあるのでひとりでも入りやすい。テイクアウト可。
駅から離れてるけど7分くらい。全然歩ける距離なので問題なし。

ママさんに「なんで買ってこなかったの?」って言われちゃった・・・
またご飯しにいきます。
こんどはジェノヴェーゼ食べてみたいなぁ。


トラピッツィーノ 吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-14
http://trapizzino.co.jp/




ポチ頂けると励みになります~
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Category: にっき

ミラノ:買物中、ずっと緊張してたあのお店【4日目】

2014年北イタリア旅行その41
【この旅のもくじはこちらからどうぞ】



ミラノは本日半日しかないのでサクサク動かねば!
観光は終わったので今度は友人に頼まれてたお土産を買いに。
地下鉄に乗って目的地があるガリバルディ駅まで向かいます。

DSC_0941.jpg

駅から5分もしないところにあるコルソコモ通り。

どうやらこのあたりは有名セレクトショップや新しいお店がいくつも軒を連ねているらしく、
ミラノでも指折りのおしゃれストリートだとか。

道にはオープンテラスがならんでいますが、静かで穏やか。



DSC_0947_2016051713183815b.jpg

お目当てのお店はこちら、ディエーチコルソコモです。
ディエーチとはイタリア語で10という意味。
コルソコモ通りの10番地のお店。

Italian Vogue編集長が作ったセレクトショップで、テレビでもよくみますよね~

今回は友人に限定トートバックを頼まれていたのでおつかいに来ました




DSC_0946.jpg

入口から緑の通路をぬけた先に、もともと倉庫だった建物があります。
1階はカフェも併設されていて緑の中でのティータイムもよさそう。

10コルソコモの支店には行ったことがあるけれど、いざ本場ミラノのお店に入ると思うと緊張度MAXに!!

うわーどきどきするーーーーー!!!!!!



ってそのまま緊張が解かれることなく無事おつかいもやってのけました。
なんていうか、ちんちくりんな私がいてもいいんだろうか?っていうハイレベルな空間に、頭ぐらぐら。

1階は有名ブランドの洋服やアクセサリーが美術館?ってぐらい素敵なレイアウトでならべてあり、
2階は本やCDなどいろんな雑貨がこれまた可愛くおかれていました。

こういうお店にフラッときてお買物しちゃうのかーミラネーゼ!!
わたしは吉祥寺や新宿が恋しいです(笑)




DSC_0952.jpg

無事おつかい終了~!

この時に「ガリバルディ駅なう」ってつぶやいたら、
駅周辺のお店を色々教えてもらえたのでお土産を買いに何店舗か巡ってみました。

ミラノの全体図が分からないのでいまドゥオーモからどのぐらいのところにいるか分かってないんですが、
この辺りは新しいビルもかなり多くて、オフィス街っていう面もあるのかなぁ。

あと変な形のビルも多い。ミラノ、攻めてますね(笑)
工事中なところも沢山あったのはミラノエクスポの準備だったのかな?



DSC_0949.jpg

スーツ率高い。
そんでかっこいい。

モデルさんかな?ってぐらいスタイルのいい人も何人もいて、
平均的レベルがそもそも高い町なの?
それともモデルさんと遭遇できる確率が高い町なの?
どっちにしても美男美女の多いこと!すごい!

目の保養も大事ですが、どちらかというと花より団子なわたしはやっぱりこちら↓

DSCN2130.jpg

ホテルへの帰り道に買ったティラミス。
なにこれ可愛い!
味もボーノボーノでした


DSCN2131.jpg

カップ部分はチョコレートなので食べれます。
んまーい!!



ヴェネツィアから移動してきて半日しか観光時間取れなかったけど、
なかなか盛り沢山で楽しく過ごせましたミラノ!

今度きたときはナヴィリオ運河周辺も散歩したいし、
なによりも最後の晩餐がやっぱり見てみたい!!
ぎりぎりまで粘ってみたけど全然チケットとれませんでした・・・
もうちょっと早くから動き出さないと難しいのかなぁ。あとオプショナルツアーに参加するとか?
勉強して出直してきます。


ポチ頂けると励みになります~
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村


Category: ミラノ

ミラノ:芸術品のアーケードを抜けて揚げピッツァ【4日目】

2014年北イタリア旅行その40
【この旅のもくじはこちらからどうぞ】


DSC_0901.jpg

ミラノに来たからには最後の晩餐がみたい!!!って思ってたんですが、
予約がまったくもって取れず、今回は断念しました・・・残念

なので今日は行きたかったお店に行くことに。
そのお店にはドゥオーモ広場からヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガレリアを通って行きますよ~



DSC_0902.jpg

アーケード入口の上半分にネットが貼ってありました。
鳩の侵入防止とか?



DSC_0903.jpg


DSC_0904.jpg


DSC_0909_20160515214439d60.jpg

語彙力がないもんで本当に申し訳ないですが、もう美しすぎる!!!

グッチ、プラダ、ルイ・ヴィトン。高級ブランド店がドドーンと並んでいるのもそうですが、
なにより作りがとんでもなく美しい。
天井のガラスのアーチが綺麗で上ばかり見ちゃうけど、両脇の建物もこれまたすごい。
入ってるお店は違うのに外装が同じだから統一感があって、
お店のアーチから街灯のひとつひとつまでお揃い。なんて美しいんだ~


そんでもってこのガレリアにきたからには噂のおまじないをやってみたい!
ということで、上ばかりみないで足もとを見ながらちょっと探してみましょう.....




DSC_0926.jpg

雄牛のモザイク発見!
この雄牛の急所にかかとを乗せてクルクルっとまわると願い事が叶うんだって
やり方はどうやら色々あるようで(笑)、この時は前の人にならって右足で3回まわりました。


DSC_0920_2016051521445068b.jpg

終わったら次、終わったら次と大人気。
人だかりのなかでクルクルするのはちょっと緊張しちゃう!

でも人がクルクルしてるところを見てるのも面白い。

現地の人も観光客も、毎日色んな人が人が大勢くるくるするもんだから、
牛さんの急所の凹みっぷりたるや!すごい!



DSC_0931.jpg


DSC_0933.jpg


DSC_0932.jpg

ガレリアを抜けた先にはスカラ座とレオナルド・ダ・ヴィンチさん。
上演前にはこのあたり一帯がドレスアップされた観客でいっぱいになるのかなぁと夢見て終了。
いつかスカラ座でオペラ観てみたい!と思いつつ、まだまだ敷居が高く感じます。

イタリアオペラ最高峰のスカラ座の前にいるダイヴィンチさんはなにか関係があるんでしょうか?



DSC_0935.jpg

スカラ座のすぐそばにある目的地・ルイーニに到着!
ガイドブックやテレビでよく見るルイーニの揚げピッツァを食べにきました~

お店の前には揚げピッツァを頬張る人だかりが!
場所が分からなくても、あの路上に座ってる人達なんだ~?って寄っていっちゃいそう。

ルイーニのとなりにはおにぎり屋さんがありました!



DSCN2066.jpg

ピッツァ生地にトマトソースとモッツァレラチーズをのっけて半分折って揚げたピッツァ:パンツェロット

2.7ユーロとお財布に優しいお値段。
店内のショウケースの中には色んな種類のパンツェロットがありました。
食事向きからデザート用の甘いものまで。
列に並んでママさんと違う種類を2つ購入して、みんなにならって店前の路上でいただきます

アッツアツのもっちもち!
お客さんの回転が速いから、待たずに揚げたてを食べれるんですね~
ピザで揚げてあるなんて相当重そう...なんて思いましたがパクパク食べれちゃう。


お店で座って食べるわけじゃないから、
時間に余裕がない旅行中でも有難いし、ホテル飯にも出来るし使い勝手が良さそう。

今回は甘いのは買わなかったので今度はそっちも食べてみたい。
でもこれ、中身は違っても外身はどれも同じだから、
なにがなんだか分からなくなっちゃわないように気をつけなくちゃ。


モチモチで食べごたえあり。ごちそうさまでしたー


ポチ頂けると励みになります~
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

Category: ミラノ

ミラノ:ドゥオーモの屋上にのぼってみたよ【4日目】

2014年北イタリア旅行その39
【この旅のもくじはこちらからどうぞ】


中から一端外にでて、ぐるっと後方にまわって今度は屋上にのぼります!


DSC_0898.jpg

エレベーター(12ユーロ)か階段(7ユーロ)の2択。

・・・・・・わたしの体力問題によりエレベーターでのぼることにしました
ママさんは元気が有り余ってたので階段で行く気マンマンだったらしい。すごいなこの人。


行列できてますがエレベーターなので列もさくさく進みます。

いざ、屋上へ!



DSC_0833_20160514141010233.jpg


DSC_0838.jpg

扉が開いたらもうそこは屋根の上。
通路部分と斜面になっているところがあって、自由にみてまわれます。

ビビりなわたしはこの斜面部分に立つことが出来なくて。
さっき中からみたあの天井の高さのことが頭によぎってしまって、
底が抜けちゃったらどうしよう...と思っちゃって駄目なんだよなぁ。

あの窓から教会のなかが見れたのかな。



DSC_0843_20160514141015e10.jpg


DSC_0846_201605141410155f3.jpg


DSC_0847.jpg

下から見えていたツンツンした部分がすぐそこに。
柱ひとつひとつの細工の細かさたるや。凄すぎて口が空きっぱなしになってました。




DSC_0851.jpg

階段のぼったり


DSC_0853_20160514141036149.jpg

細い通路通ったり


DSC_0858.jpg

陽射しが強いので日陰で休んだりもしてます。





DSC_0862.jpg


DSC_0864.jpg


DSC_0863.jpg


DSC_0866.jpg


DSC_0867.jpg

ここでまだのぼるのかぁ・・・・・こ、こわい。



DSC_0880.jpg

結構な高さ。
この時点でわたしの大丈夫な高所ラインはオーバー。
壁に掴まり腰が引け始めます。





DSC_0883_20160514141118d47.jpg

階段をを上りきると一番上にでました。

奥のほうまで行ってみる人もいれば、座って休んでいる人もいました。
わたしはというと、足がすくんでしまって動けませんでしたー
この斜面を下って下をのぞくことなんてできない!!!!!
あぁ情けなや。。。
嘘みたいな話、自分ではうまく足を動かすこともできないくらい怖くなってしまって、
ママさんに支えられながら空いてた石段に腰をかけました。
両隣のおばちゃんが「あなた怖くなっちゃの!?やっだ~」なんて笑いとばしてくれたのが救いです。


ここからはママさんにカメラをあずけて色々撮ってもらいました~
せっかくここまで来たのに・・・残念すぎる。

DSC_0870_20160514141100d7f.jpg


DSC_0869.jpg



DSC_0877.jpg


DSC_0873.jpg


DSC_0871.jpg



DSC_0887.jpg


DSC_0884.jpg


DSC_0895_20160514141138aa8.jpg


DSC_0892.jpg

ママさんがぐるぐるまわって見学していたころ、
わたしの恐怖心もなんとか治まってきて、とりあえず帰り道を歩く元気はでてきました。


......が、ママさんがいつまでたっても戻ってこず。
見渡しても屋上には姿が見当たりません。


あれ?もしかしてこれは置いていかれたってこと???




うそーーーーん(;゚Д゚)





屋上からの景色にテンションがあがったママさん。
見事わたしの存在忘れてそのまま地上へと先に戻っていましたとさ。

ひとりで来た道もどるのめちゃくちゃ怖かったよー!


ともあれ、お時間があったらぜひとも屋上へ!
高所恐怖症の人間がいってもあれですが、
景色もよくて(あまりよく見てませんが)、細工も間近でみることができました。

あとミラノはなんだ不思議な形のビルが多いんですね。
それにもびっくり。


ポチ頂けると励みになります~
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
Category: ミラノ

ミラノ:ドゥオーモ見学、こりゃすごい【4日目】

2014年北イタリア旅行その38
【この旅のもくじはこちらからどうぞ】


外から見てもすごかったけど、中に入ってもこれまたすごかった。

教会に入った途端に世界が変わったような気がするのはなんでなんだろう。
この世界の延長線の先に自分が生活している世界があるなんて、そんな風には思えない。不思議だわー


DSC_0798.jpg


DSC_0789_201605131803580ac.jpg


DSC_0796.jpg


DSC_0794.jpg

この絵はどうなっちゃってるんだろうか...

パイプオルガンの蓋みたいにパカパカ開けたり閉じたりできるのかな?





DSC_0804.jpg

DSC_0803.jpg

高いところの修復作業なんて、修復しなくちゃいけない箇所を見つけるのも大変そう。




DSC_0805.jpg


DSC_0817.jpg


DSC_0826_20160513180448d96.jpg


DSC_0810.jpg


DSC_0812.jpg

存在感ありありだったこの方、帰って来てから調べました。
12使徒のひとり、バルトロマイ。

殉教の際、生きたまま皮を剥がされたそうです。
片手にナイフ、もう片方に皮を持って描かれることが多く、
レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐では一番左端に、
ミケランジェロの最後の審判では剥がされた皮を持っている人物とのこと。
解剖学の象徴にもなっているようで、学び舎で多くみられるようです。

こうやって調べると、だからこの格好なんだなぁと改めて思えて興味深い。
それでも、知識皆無で行ったとしてもこの像の存在感はやっぱりすごかったです。
惹きこまれる魅力ある像でした。




DSC_0824.jpg


DSC_0820.jpg


DSC_0823_20160513180446686.jpg

ステンドグラスの部分が開閉可能だなんて初めて知りました!

なんでこんなに美しいんだろう。
わたしは青色がとても印象的でした。




DSC_0830.jpg

地下もなんだかすごい!!!

↑は宝物館で、
ゲームやらないから勝手なイメージだけど、RPGに出てきそうな部屋でした。。。
天井といいライティングといい、なにかありそう...!ってドキドキしちゃう。

聖遺物もあり地下はなかなかの混雑っぷり。


また地上にもどってぐるっと色々みたんですが、
帰って来てから調べると、まだまだ見逃していたものが沢山あったようです。
写真に撮るの忘れてましたが、床の模様もすごく綺麗でした。

中を満喫したので、次は屋上にのぼります



ポチ頂けると励みになります~
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
Category: ミラノ

ミラノ:ママさんが好きな大聖堂【4日目】

2014年北イタリア旅行その37
【この旅のもくじはこちらからどうぞ】


地下鉄のぼったら目の前がドゥオーモでした。綺麗だわー!


DSC_0774.jpg


DSC_0779.jpg


DSC_0781.jpg


DSC_0780.jpg


DSC_0775.jpg

ママさんが生まれて初めて日本を飛び立って来たのが、ここイタリア・ミラノ。
当時わたしは中学生で、お互いドキドキしながら初めて国際電話をしました。
ママさんはこの大聖堂の魅力を興奮しながら語ってくれて、いつかこの大聖堂を見せてあげたいと言っていたのを覚えています。

それから5年後に母娘でヨーロッパ旅行に出かけた時は、残念ながら前面が工事中
その時は急ぎ足ツアーだったので中にも入らず仕舞いでした。


それから随分経ちましたがやっとやっとで念願のドゥオーモ!
ママさんとこれて良かったです。いやー綺麗!!!

最初の石が置かれてから完成するまで約500年(1386年~1813年)かかったそうな。
重さも広さも世界最大級。ゴシック建築の大聖堂。

有難い気持ちで見学させて頂きます。



DSC_0778.jpg

広くて、なにやら模様が書かれてるドゥオーモ広場。
中を見学したあとに上にあがる予定なので広場の全体像が見れるのが楽しみ

そうそう、サンマルコ広場に続きここでもミサンガ売り(ミサンガを勝手に腕に巻いて金銭を要求する人)がわらわら。
ミサンガを腕に放られました・・・
毅然と断れば問題ないんですけど、心臓小さいせいか突然のことにかなり驚く人間なんでそれがもう本当に困る。





DSC_0776.jpg

ハトもわんさか!



DSCN2064.jpg


ドゥオーモ入場時には服装チェックがあります。
基本的に肌を露出している格好はNG。サンダルも駄目。
スカーフなどで隠すぶんには大丈夫みたいで、グルグルまきの人を何人か見ました。

事前にzunkoさんのブログで拝見していましたが、ドゥオーモは写真撮影が有料
入ってすぐのブースでお金を払って↑この紙チケットを腕に巻いてもらいます。
2ユーロだったかな?

これ旅行前にzunkoさんのところで見ていてよかった~!
撮影有料のところ初めてだったから、知らなかったら分からず撮影していたかも・・・恐ろしい。



DSC_0786.jpg


DSC_0784.jpg


DSC_0792.jpg

ステンドグラスの美しさに最初から心鷲掴みされてます。



ポチ頂けると励みになります~
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村




Category: ミラノ

ミラノ:地下鉄に乗ってドゥオーモへ【4日目】

2014年北イタリア旅行その36
【この旅のもくじはこちらからどうぞ】


10時50分にヴェネツィアを出発して、13時半にミラノに到着。

え、駅が、、、、なんか、、、、、、すごい。

トランク持っての移動だったんでこのとき写真撮れませんでしたが、
ミラノ駅のかっこよさに到着早々面喰いました。

かっこいいかっこいいかっこいい、かっこいいんですが、広くて即迷子。
なにがなんだか。
まさかホームが3階にあるなんて思いもしなかったー!(もしかしたら階数ちがうかも)

あとで写真撮りに戻ろうと思ってすっかり忘れてました...あーあー



ヴェネツィアと違ってあからさまに怪しい人も沢山いたので
「おー都会にやってきたぜー!」なんてお上りさんモードを切り替えてシャンとせねば。


ミラノのホテルは駅から5分もしないところにしました。
土地勘がない時は駅の近くか、有名な建物の近くって決めてます(基本迷子属性なもんで)
ミラノ観光は今日の午後しかないので駅近くにしてみましたが、スーパーも近いし夜も静かでよかった~

さて荷物を置いてさっそくドゥオーモ観光へ出かけます!!



DSCN2061.jpg

DSCN2062.jpg

DSCN2058.jpg

ミラノ中央駅から4つめがドゥーオモ駅。
イタリアの地下鉄はローマ以来。分かりやすくてよかったー!
ローマではチケットすら買い方が分からなくて、近くにいた人に助けてもらいました。


DSCN2063.jpg

あっという間にドゥオーモ駅に到着。
だいたい人の流れに付いていけば目的地に行けるだろう作戦で、人の波に乗ってみます。

ミラノのエスカレーターは右乗りなんですね~


DSC_0773.jpg

地上が見えてきたー!

あれ?
ちょびっと見えているのはまさか......




DSC_0774.jpg

階段あがったらドゥオーモ!!


ローマのコロッセオも地下鉄上がったら目の前だったけど、
本当にイタリアの観光地の地下鉄事情ってすごい。。。

地下鉄あがったら目の前に金閣寺、なんてそんなことありえないもんね。



この広場もミサンガ売りの人がいるって教えてもらったので、気をつけながら観光しましょ。




ポチ頂けると励みになります~
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村



Category: ミラノ

移動日:ヴェネツィア→ミラノ【4日目】

2014年北イタリア旅行その35
【この旅のもくじはこちらからどうぞ】



4日目!
今日はヴェネツィアを離れてミラノへ移動します~



DSCN2030.jpg

水の都を離れる最後もヴァポレットで。
3日間で沢山のりましたー!


DSCN2031.jpg

ヴァポレットの乗り場は水の上なので揺れます。
乗り物酔いする人は気をつけた方がいいかも。
波はないけど、船が通るとそれなりに揺れます。



DSCN2032.jpg

これの真似してやったら後ろにズリ落ちました。
運動神経なし子だから。切ない。



DSCN2034.jpg

最後にのったのは2番のライン。カナルグランデを通って駅へ向かいます。
見納めのリアルト橋。またすぐこれますように



DSCN2041.jpg

ヴェネツィア陸の玄関口、サンタルチア駅。



DSCN2038.jpg

今回は空港からヴァポレットで本島入りしたけど、
列車で陸地からきた場合、駅出たらこの景色なわけでしょ。それもすごい。



DSCN2035.jpg

DSCN2036.jpg

すごく広いわけではないけど、駅の中にはお店もいくつかありました。
大好きなDesigual。セール時期だったのでちょっとお買い物。
顔が地味だから服は柄物がよい




DSCN2044.jpg

DSCN2045.jpg

DSCN2053.jpg

時間通りに発車したミラノ行き。

ヴェネツィア本島と陸地にあるメストレ駅をつなぐ大橋。
線路の隣は自動車道。この橋は徒歩でもいけるのかな?


遠くへ消えてくいくつかの浮島を見ながら、いざミラノへ!!!



ポチ頂けると励みになります~
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

ヴェネツィア:さいご!【3日目】

2014年北イタリア旅行その34
【この旅のもくじはこちらからどうぞ】



高いところに上るとついついやりたくなっちゃうミニチュア撮影。


DSC_0716.jpg


DSC_0729.jpg


DSC_0721.jpg


DSC_0748.jpg


DSC_0750.jpg


溢れでる、東武ワールドスクエアー感。


鐘楼を満喫したらもう21時近く。

最後のさいごに友人へのお土産に仮面を購入。
鈴がついててシャンシャン鳴るのが可愛い なんて思ったけど、そこそこ音がでかい(笑)
トランクのなかでシャンシャン。友人宅でもシャンシャン。シャンシャン煩い。

もし今度買う時は鈴がないやつにしようかな。


夕ご飯はこれまたホテル近くでパニーニ買ってホテル飯。
お昼寝もしてたけど沢山歩いたから疲れちゃいました~
旅もまだ序盤。簡単にすませちゃえー!


DSCN2028.jpg

DSCN2029.jpg

イタリアのファンタ大好き。
サラミに生ハムにもりもり食べたら荷物をまとめなくちゃ。


明日はミラノに移動します。



ポチ頂けると励みになります~
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

ヴェネツィア:鐘楼にのぼってみた【3日目】

2014年北イタリア旅行その33
【この旅のもくじはこちらからどうぞ】



サンジョルジョマッジョーレ島からアカデミア橋をわたってぶらぶら散歩したのち、
またホテルに戻って2時間ほど休憩。
こういう時、サンマルコ広場の近くにホテル取っといて本当によかったな~って思いました
体力があんまりないのと、お昼寝大好きちゃんだから
カフェで休憩も好きだけどついついフカフカベッドヘダイブしたくなってしまう。



20時にのそのそと起きだし、ヴェネツィア最後の目的地へと向かいました。


DSC_0695.jpg

目的地の入口に到着。
並ぶときは1時間とか並ぶみたいだけど、時間も時間だからか人ぜんぜんいない。ラッキー!



DSC_0696.jpg

いざ98mの鐘楼へ!!




DSC_0697.jpg

DSC_0699_20160507112930ce8.jpg

チケットブースで8ユーロ払って、そのまま横にあるエレベーター待ち。
なかなか年期のはいったエレベーター。




DSC_0707.jpg

ガタガタエレベーターにのってあっという間に鐘楼の上部へ到着。




DSC_0760.jpg

結構広い。
高所恐怖症だけど綺麗な景色がみたい人間には優しい、ガッチリ窓が覆われてるタイプ。安心できます。

場所によっては腰より低い柵(それもちょっと信用できない感じの・笑)しかないところもありますよね......
写真とる人は「この金網ィァァァァァァ」ってやきもきするのかもしれんけど。
ジョットの鐘楼@フィレンツェの最上部もあれはあれでインパクトあった。




DSC_0708.jpg

手が届きそうなところに鐘。
この近さで鳴ったら耳やばいんじゃない?

12時と18時らしい。すぐそこで聴いてみたいような、でも怖いような。




DSC_0700.jpg


DSC_0710_20160507113056435.jpg


DSC_0705_2016050711305030c.jpg


DSC_0713.jpg


DSC_0725.jpg


DSC_0728.jpg


DSC_0733.jpg


DSC_0724.jpg

さきほど無事上陸を果たせたサンジョルジョマッジョーレ島。
その奥に見えるは(たぶん)午前中に散歩したリド島。


DSC_0712.jpg

20時すぎでやっとオレンジ色に染まってきたかなぁ、ってぐらい。


うん。うん。ヴェネツィア。
ゴンダラから落ちた記憶しかないけど、1回行ったし別にもういいかな~って思っていて。

だけど、イタリア旅行の先輩達の言う通り、今回ヴェネツィア本島に連泊して本当によかった!
行きたかったブラーノ島は出川さんが言う通りカラフルで素敵だったし、
なによりもカステッロ地区の散策はとんでもなく楽しかった!!
細い路地に洗濯物に突然現れる広場に水路、それに架かる橋。

”水の都で、サンマルコ広場が有名で、イカスミパスタ食べてゴンドラにのるところ”

それ以上に楽しめる町散策。
運河付近の浮世離れしてる感もいいけど、奥の奥の方にはこれまた違った町の顔があった。
これは時間かけてもっともっといろんなところを歩いてみたい。
迷子になるけどそれが楽しい。
造船所もゴンドラの本屋も水上市場も、行けなかったところをもっともっと歩きたい。



ヴェネツィアに対しての想いが180度変わった滞在でした。



ポチ頂けると励みになります~
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。