イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - 2013年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェへ向かう飛行機の中で

2013年11月イタリア旅行その4

いつになったらイタリアの話になるんだよー!!と拍手をくれた友人J君。
まいった。実は今回もまだ機内ネタなんだな
今回で本当に最後なんで!ごめん、ほんと前置き長くてごめん(笑)

FC2ブログだと拍手機能があっていいですね~
コメント欄では恥ずかしくて書けないあんなことやこんなことなんかは拍手で送って頂いてもOKです。
もちろんコメントもお待ちしております~ イタリア話で盛り上がりましょう




ということで、今回も機内ネタです。

ここ数年、毎年のイタリア旅行の旅行記を書いていて薄々自分でも気づいていたんですが、
私、成田エクスプレス車内・飛行機内・イタリア上陸までが一番気合入れて旅行記を書いている気がします....
もちろん旅をしている時はたまらなく楽しいけど、
こう、これから旅行くぞー!!って感じが好きなんですよね。
空港とか飛行機とかワクワクするし、イタリアに着いた瞬間とか『きたぜーイタリアァァァ!!!』って毎度ハイテンションで。
その過程をついつい熱く書いてしまうのです。
あと旅をしている最中は基本ジェラート日記みたいなもんだし、
素晴らしい景色や建築物や芸術品を見ても語彙の少ない私の感想はというと『すごい!』『めっちゃ綺麗!』とかね、ひどいもんで。

まぁとにかくなにが言いたいかというと、今回も機内ネタにお付き合いくださいということです笑


さてさて、飛行機乗換地のシャルルドゴール空港で出会ったスロベニア在住の日本人女性とともに朝を迎え、
私の飛行機の方が先に出発だったのでゲート前でハグしてお別れをしました。

向かうはフィレンツェのペレトラ空港(別名アメリゴ・ヴェスプッチ空港)
左右3列ずつの小型の飛行機で2時間の空の旅です。

通路側の席に座わると、それを追って同じ列の窓際の席の人がやってきました。
その人は見覚えのあるイタリア男性。

飛行機に乗るゲートがなかなか決まらず空港内のベンチで待っていたときに、すぐ近くに座っていた人でした。
なぜそのイタリア男性のことを覚えていたかというと、めちゃくちゃ似ていたんです彼に↓

00013.jpg

我らがアイドル! ドラコさん....の父、

e0034633_16535254.jpg

ルシウス・マルフォイにそっくりだったんです!!!!!!!!
ずっと不機嫌なところとかそっくりで驚きました。
(ぱらこは一時期ハリポタの親世代にハマりにハマっていたのでこの時点で大興奮です

でも、不機嫌さが半端なくて、ちょっと怖い。
向かいのベンチに座っていてそれを眺めるぐらいならいいんですが、席ひとつ挟んで間近に座るとなると妙に緊張してしまう・・・・・
真ん中の席は空席のまま離陸。視界の端にマルフォイ父。
彼がバッサバッサとやけに音を立てて雑誌を捲る度にビクッとしてしまう。
それでもウェルカムドリンク飲んだりクッキー食べたり読書をしながら2時間の空の旅を楽しみました。

フィレンツェの町が眼下に広がってきて、さぁそろそろ着陸かなぁと思ったその時、またもや問題発生。


ブーンと、どんどん下降していって、地面からそんなに距離がないところで突然の急上昇。
乗客の頭の上に???が一気に点灯したのが見えたぐらい、
どういう状況なのか分からず機内がシーンと静まり返っていました。

こんなこと初めてだったのでアクシデントに滅法弱いぱらこさんは、正直この時、最悪な展開を色々考えていました。

機内がかなりザワザワしている最中、やっとアナウンスが入り状況を説明します。
――――――――が、英語もイタリア語もめちゃくちゃ早くて何を言っているのかさっぱり分からない。
緊張しているので余計分からない。
唯一聞き取れたのは【なんちゃらかんちゃら、ピサに行く】
ん?この飛行機ピサに行くの?どういうこと?

周りの乗客はアナウンスを聞いた直後に怒って声を荒げています。
そんな中、ひとりこの状況に置いていかれている私。
こりゃぁいかん。なんとかして状況だけでも確認しないと、あとあとまずいことになりかねない。
そう思って、CAさんでも、通路を挟んで隣の列の優しそうなマダムでもなく、

なぜか不機嫌なマルフォイ父に話しかけてみました。


『あ、あのぉ、すみません・・・・・この飛行機、ピサに行くんですか?』

勇気を振り絞って、離陸時よりもより不機嫌になっているマルフォイ父の肩を叩いて喋りかけます。
そしたら父、物凄く早口なイタリア語で、そりゃもうベラベラベラベラ~って喋って。
アナウンスも分からなかったけど、父の言ってることもさっぱり分からねぇって状況になってしまいました。

そんな時の私の顔が相当ひどかったのか、なんとマルフォイ父がもう一度ゆっくり喋ってくれました。

『もう一度フィレンツェに降りるけど、失敗したらピサに向かうよ』

目の前のぼけーっとした子が分かるように、ゆっくり簡単な単語で伝えてくれます。
おお!なるほど!と言われたことを復唱すると、そうだよ!まったくなんてこった!と大袈裟にジェスチャーするマルフォイ父。

そしてかなりの時間上空を旋回し、今からもう一度トライするよ~とアナウンスが入ります。

そうするとマルフォイ父がアナウンスの内容をゆっくりと繰り返し私に伝えてくれます。
『フィレンツェに降りれるように一緒に祈ろう』とめちゃくちゃ笑顔つきで。

飛行機はかなり揺れたものの、今度は着陸成功。
そこかしこで声があがりました。
もちろん私とマルフォイ父も顔を見合わせて『よかったね~』と一安心。

私はフィレンツェについてもすぐシエナに移動予定だったので、これといってピサ着陸でも問題はないかなぁなんて思っていましたが、やっぱりマルフォイ父と喜びあえてよかったわー

結局出発も遅れて、到着も遅れて、なんだかんだでかなりの時間がかかったパリーフィレンツェ間。
荷物が出てくるのを『お腹空いたな~』といつもの調子に戻って待っていたら、
先に荷物が出てきたマルフォイ父がその場を去るときに『Buon viaggio!!(よい旅を)』と最後に声をかけてくれました。

さて、ここまでの一連の流れでなにが言いたいかというとだな。


マルフォイ父に恋に堕ちるよねこれ。


めちゃくちゃいい人だったー!!
不機嫌そうとかいってごめんなさい。ものすごく優しくて親切な紳士でした。
追いかけてって連絡先教えてください。ていうかお時間あったらお茶でもどうですかのパターンですよ。
まぁそんなことはチキンな私には到底無理なわけですけども。
本当にとても親切で、ものすごく助かりました。感謝。

フィレンツェのこの空港は、冬だと霧が出ることが多いらしく、ボローニャやピサの空港に急遽変更になることがあるようです。
こういうことも先に調べておけばよかったなぁ。勉強になりました。


さて、それでは、

DSC_0826.jpg

やっとイタリア上陸。イタリア旅行記のはじまりはじまり~

出発編長々とすみませんでした笑



イタリア1日目→


毎度ポチ有難うございます
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Tag: 空港

空港で乗継待ち時間に友達を作る

2013年イタリア旅行その3


『あっちの空港についたら黄色い紙を持った係員のあとについて、待合室までいってください』

と成田で案内され、同じく待合室へ向かうツアーのマダムたちと楽しくお喋りしながら付いて行ったら、
出国ゲート手前で『貴方だけ違うターミナルなので入れません』とひとり門前払いを受けました。

日本で言われてたことが現地で急遽変更になるなんてことは海外ですからそりゃありますよね。
搭乗ゲートが直前で変わったとかもよく聞く話だし。
でも実際身のまわりで起こったことなかったんで、めちゃくちゃ油断してたわー
なので大人げないですが、

聞いてた話と違うじゃないかぁ((((;゚Д゚))))ぇぇぇぇぇ

って心の底から叫びたかったです。


さて早朝の空港で見渡すかぎりに人は居ず。
今までだったらこの状況は完璧に焦りの境地だと思うんですが、今年は違いますよー
なんてったって巨大空港シャルルドゴールさんですからね。
絶対に乗継がスムーズにいくなんて始めから思ってなかった!(いままで何度も泣かされてきたからね!)

係員さんのあとについてこの巨大な空港内を移動していたときに
自分のターミナルは本当はあっちじゃないかなぁと疑っていた【2G】というターミナル表示をちゃんと確認していたんです。

さてさて移動移動~

DSCN0869.jpg

この丸い電光掲示板はいつ見ても可愛いな~
シャルルドゴール空港での乗継は本当に苦手で嫌ですが、空港内装は曲線のイメージで好きです


さてさて、私がこれから向かうターミナル2Gなんですが、これがちょっと曲者。

DSCN1251.jpg

汚いメモですみません。
去年も同じく2Gから乗継便に乗ったので、行き方は覚えていました。
この2Gターミナルは一つだけかなり離れたところにあって、歩いては行けない距離なので循環バスを待つことになります。
空港にある地図だと、あれ2Gまで歩いて行けるんじゃないか?って思う表記ですが、バスに乗るとその遠さに驚きます。

DSCN0873.jpg

A,C,E,Fターミナルを回る【循環バスN1】は朝でもバンバン本数が走っていました。
電気がついている方のバス停はN1、その後ろの電気が付いていない方が2Gターミナルまで行く【循環バスN2】です。
N2バスは朝5時20分過ぎに始発が動くので、それまでは恒例の空港ベンチ待機です。
これがお昼だったらせっかくのフランスの空港だし色々とお店をみてまわれるんですが、まだまだお店が開くのには時間がかかります。残念。

この間にとりあえず化粧化粧~と近くのトイレに入ったら化粧台がかなり広くて助かったー!
隣の男性トイレを清掃中のお兄さんがずっと携帯で話していて、いいBGMになりました。


バス停前のベンチに落ち着いたのが4時。バスがくるまであと1時間以上。
とりあえず時間まで黙々と読書をしていたら、後ろから肩をポンポンと叩かれました。

後ろのベンチに座っていたのは同い年ぐらいの日本人女性。
どうやら彼女も2Gに行きたいようですがバスが出る時間が分からず困っていました。
だいたい5時すぎにはバスがきますよ~と伝えると安心したようです。

現在スロベニア在住の彼女。実は以前日本で住んでいたところがものすごく近くて大盛り上がり。
世界各国いっているようで色んな国の話でも盛り上がり、
スロベニア語とイタリア語を教えあったり、
お互いの仕事の話をしたり、海外生活の話をしたり、恋バナしたり、とにかくものすごくお喋りをしました。

5時すぎにバスがきて2Gターミナルに移って、私の出発時間の7時までずっと一緒にお喋り。

そういえば前回も早朝にこの空港について、同じく2Gバス待ちのスペインへ向かう女性と時間いっぱいお喋りをしてました。
こういうのって楽しいなぁ。
イタリア好きさんと話すのはもちろんのこと、旅好きさんと旅行中に出会ってこうやって待ち時間にお喋りするの好きだなぁ。
連絡先を交換しましょう!とかにはならないけど、短い時間でも旅でのこの一期一会はすごい思い出になる。
内容がない、当たり障りのない会話じゃなくて、本気でがっつり話す。
旅の醍醐味だと思う。


7時20分発なのに7時になっても出発ゲートが決まらないとか、まだハラハラは続きます。
ひとり旅ではこうやってちょっと不安になるときはいっぱいあるけど、ひとり旅って意外と独りじゃない。
ベンチで隣に座ってる人と話たり、こうやって短い時間だけど友達もできたり。
誰かと喋っていると、ちょっと落ち着く。

離陸時間ギリギリでゲートが決定。一応カウンターの人に確認をして無事OK。
振り向いてベンチに座っている彼女に『やっと決まったよー!!』と駆け寄ると、彼女は立ち上がってガバっと両手を広げてくれました。
ほんの数時間前までまったく知らなかった人と本気ハグ。

『いっぱい話せて楽しかったー!有難う!!』
『気を付けてね!よい旅を!!』

そういって彼女とは別れました。

生まれ育った土地を離れて海外生活をするのは、たとえ自分が好きでやっていることでも大変なことが多い。
それでも毎日素敵で楽しいことが沢山あるんだよ~と話してくれた彼女はとても綺麗な笑顔の人でした。

旅始まって早々のいい出会い!
こりゃぁ~今年もいい旅の予感!!



さて、やっとイタリア上陸であります!!!!


イタリア一日目→



毎度ポチ有難うございます
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村


Tag: 空港

パリの空港で迷子

2013年11月イタリア旅行その2

ブログをお引越ししてリンク先に飛ぶとその先がなかったり、画像が表示されなかったりと只今絶賛ぐちゃぐちゃ中でございます。徐々にね!徐々に直していくので!!

2013年の旅行記はこのまま勢いよく書いていきますよ~
(気が付くとまた来年のイタリア旅行になってたりするので頑張らねば!)


さて、12時間のフライトを終え、パリ・シャルルドゴール空港に到着しました。
過去何度か使用していますが、この空港とぱらこの相性はきっと悪い!いや、断言できる、悪い!!!

乗り遅れそうになって空港を猛ダッシュしたのも1度や2度じゃないし、
行くたびに大きくなっていく巨大ハブ空港で何度も迷子になるし、
助けを求めて職員さんに声をかけるも鼻で笑われるし(これは昔のことで最近はそうでもないので良かった~)

まぁ乗り遅れそうになるのは毎度イタリア発の飛行機が遅れてたせいですが笑


ということで、今回の旅で一番心配していたのはこの空港での乗継でした。
周りの旅友にも『乗継が本当に本当に怖いのよー上手くいくように祈ってて!!』とお願いする始末。
今年の春に同じ経路でイタリア入りしたイタリア語教室の友人にも『またあの空港大きくなってたよ...頑張れ』と脅されてました。
あぁ怖い!怖いぃぃ!!!
そんな感じで行く前からかなり怯えておりました。

今回 『あれ?なんだこれ??』と思ったことがありました。
それがこちら↓

DSCN0874.jpg

成田でチェクインしたときにもらったこちらの紙。
どうやらシャルルドゴール空港で乗継便までに待ち時間がある人のために、エールフランスが待合室を用意してくれているとかなんとか。
そんなサービスが始まっていたんですね~うわー便利!
毎度、長い待ち時間はひたすらベンチ待機人間なので...

『お客様の乗継ターミナルですと黄色いグループになりますので、どうぞご利用ください』
2Eターミナル組と2Fターミナル組で待合室が2つ用意されているようで、
現地で飛行機を降りてすぐのところで係員が待っているので、そのあとに付いていけば大丈夫という説明を受けました。

『英語もフランス語も分からないけど大丈夫ですかね』と旅始まって早々ビビりつつ、
色のついた看板を持っているのですぐにわかると思います~と言われて安心。


―――――そう、この時、私は安心してしまったのです。
散々怖い怖いと気を引き締めていたのに、のんびり呆けぱらこは気を緩めてしまったのです。
係員さんが案内してくれるなら、シャルルドゴール空港なんて怖くなんてないさと!!!!


現地到着。
説明通り、飛行機を降りてすぐのところで係員さんが黄色い紙をもって待っていてくれました。
『イエロー?』って聞いてくれるし、ここはヘタレ旅人ぱらこでも大丈夫です。
その後4、50人くらいの人が集まり、みんなで一端入国審査を受けます。
そのままぞろぞろと歩いて2Eターミナルから真向いの2Fターミナルへ移動。
移動中に前後にいたローマに行くツアーのマダム達と楽しくお喋り。
待合室ってどんなところなんですかね~? 旅行楽しみですね~ イタリアで偶然会ったらお茶しましょう!なんて朝からテンション高め。

しばらく歩いた後に2Fターミナルにつき、荷物検査を受けます。
そこで係員と『ボンジュール』と笑顔で朝の挨拶を交わし、チケットを機械にかざすと、


鳴り出したぜエラー音が......ッッッ


荷物検査のお兄さんにそっとチケットを返され
『君はこの中には入れない』とこの顔文字(´д`;)そのままの表情で申し訳なさそうに言われました。

この中に入れないんですねハイハイ分かりました。分かりました...

じゃぁどこに行けとヾ(;´Д`●)ノうわああ!!!!

と、今までならパニックになるところでしたが、実は私このグループについていっちゃいけないんじゃないかなぁと薄々感づいてはいたのです。
何故かというと、飛行機降りてすぐに乗継便のターミナルを確認したときに、
そこに表示されていたのは【2G】だったからです。

あれ?待合室は2Fだけど、2Gの私って入れるの?どうなの?
ってずっと思いながら行列に紛れて歩いてたんです。
いやね、だってね、旅慣れた人ならね、こりゃ違うな付いていっちゃ駄目だなって思うと思いますが、
人がいっぱい行く方についていけばなんとかなる!っていうヘタレ旅人なもんで。
なんとかなるさ~と思ってたけど、やっぱりなんともならなかった。

ローマ行きのマダム達に心配されつつも、脱いだコートをささっと羽織り、
『それでは、イタリアでお会いしましょう~!!
なんてめちゃくちゃ良い笑顔で手を振り別れました。

行列から抜けていく私をみて待合室に向かう方々はちょっとザワっとしてましたが、
それ以上に私は一人でカイジなみに滝汗でザワザワしてましたよ!!!

DSCN0868.jpg

さて、どうしよっかなぁー・・・・・

ひとり立ち尽くす、パリ



出発その3へ




毎度ポチ有難うございます
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村





Theme: 海外旅行記 | Genre: 旅行
Tag: 空港

ブログ引越しました

ブログお引越ししてまいりました

一応記事は全部移動してますが、カテゴリとかぐちゃぐちゃなので徐々に整頓していきます。
検索でいらっしゃった方は該当記事が行方不明かもしれませんが、
再度ブログ内検索をお願いいたします。お手数おかけしてすみません。
ランキングサイトさんは引き続き継続しておりますので宜しくお願いいたします~

ブクマの変更、リンクの変更など面倒ですが宜しくお願い致します
(前ブログは今年いっぱいで削除予定です)


それでははりきって2013年イタリア旅行記いってみましょ~


毎度ポチ有難うございます
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
Category: にっき

イタリア旅行へ出発!!

女の子2013年11月 イタリアひとり旅 その1



さて、今年もさくさく旅行記書き始めるぞ~!!
......って言ったら、家族に『また一年かかって書くのか』と指摘されました。
今年分のは今年中に・・・いや来年の春ぐらい・・・・・夏終わる前にはなんとか仕上げたいと思いますあひょうパンダ=3


毎年ママさんと行っているイタリアですが、今回はぱらこの一人旅!
ママさんは仕事の都合でお留守番でした。行く直前まで『イタリアいいなぁ~』と言われ続けた笑
今回はひとりで不安だったことも、失敗したこともありましたが、とことん満足できた旅でした。

またお付き合い宜しくお願いします~顔ハート
コメントも大歓迎ですよー!





新宿から成田エクスプレスで空港へ。
今回航空会社はエールフランスだったので空港第1ビル(終点の成田空港駅)までの乗車です。

成田空港までの移動は毎度NEXを使ってます。

実は、
最寄り駅→新宿(NEX乗車)→成田空港より、
最寄り駅→新宿→上野(スカイライナー乗車)→成田空港の方が安くて速いんですが、
重たい荷物で新宿~上野間を移動するのが面倒なのでいつも新宿からNEX利用です。

イタリア旅行の時はいつも夜便が多いのでNEX乗車時間が遅いせいか、車内がガラガラで快適っていうのも好き。

ぼけーっと外を眺めながら、よし今から出発すんぞー!!って気持ちと、
車内で食べるお弁当が楽しみなのです(食いしん坊はこれだから...)


――――――― が、今回は結構な混み具合でした汗 残念。
いつもは同じ車両に2人いるかいないかぐらいなのに、今回は隣のシートにまで人がいるほど。
9月に行くときはいつも空いているんですが、11月は混んでいるのかな・・・驚きました。


車内で食べようと買っていたお弁当は海鮮ちらし寿司。
一瞬、生臭いって思われるのやだなぁーなんて思いましたが(チキンなのでw)、
そこは食いしん坊、お腹が空いていたのでガツガツいかせて頂きました。
ママさんが『あんたそれだけじゃ絶対に足りないから』と持たせてくれたフライドチキンまで完食!

夕暮れのスカイツリーがみたいなぁと思って進行方向左側の席を取りましたが、
乗車したのは17時半、しっかり日が暮れていた後でした。そうかそうか、うっかりしてました笑

実際乗車時間は1時間半ないくらいなので、
ごはん食べて、本読んで、トイレ行ったら着いちゃうぐらいあっという間。

さて成田空港到着!!


長蛇の列だった出発カウンターでなんとか手続きを済ませ、出国ゲートをくぐる前にあそこに行ってきましたー







展望デッキ!

実は成田空港の展望デッキに行くのは初めてでした。
深キョンのドラマ@TOKYOエアポートを見てた時に、
今度空港に行ったら展望デッキに行ってみたいなぁって思っていたんです。
ものすごく寒かったけど、夜のキラキラ光る滑走路がとても綺麗でした~女の子

ごはんを車内で食べてしまっているので、空港ついて手続きしたあとはすぐに出国ゲート潜っちゃうんですよね。
あんまりお店とかみないので、展望デッキにも立ち寄らなかったんですが、これからは出発前に立ち寄りたいなぁ。


それでは、21時55分の成田発シャルルドゴール行きで乗換地のパリまで行ってきます~


と、普段ならここで機内食の写真もUPするんですが、
チキンな私は隣の席の人が気になってしまいカメラを取り出せず。。。

機内ではモロッコツアーのマダム達とモロッコご飯てなんですかね~なんて喋ったり、
初めての海外旅行でフランスに行くカップルさんと旅行ワクワクですね~なんて喋ったり。

あとひたすら映画@図書館戦争みてましたハート
機内エンタメは飛行機乗るときの楽しみのひとつで、毎回どんな映画がやるのかな~と期待していたんですが、
今回はハマりにハマっている図書館戦争がちょうどやっていて、ずっと見てました。5、6回ぐらいw
郁@榮倉奈々ちゃんが堂上教官@岡田准一さんに頭をファイルでバチコーォンッッとぶっ叩かれるシーンが好きで、
そこを何回も巻き戻して見てた・・・いやぁ図書館戦争オタ的に快適な機内ライフを過ごさせて頂きました。


現地時間の早朝3時過ぎにパリ/シャルルドゴール空港に到着。


さて乗り換えです。

シャルルドゴール空港での乗継は過去何度もやってますが、毎回なんかしら問題が起きます。
なので私はこのシャルルドゴール空港がとっても苦手・・・・・
先入観を持ってはいけないと思いつつ、今回も胃がキリキリしながら降り立ちました。

そしてやっぱり、想像した通りにというか、むしろ当たり前かのように問題は起きたのでありました。


出発その2へつづく→



ポチ有難うございますカエル
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村




Tag: 空港

探せ、さらば見つからん

2013年のイタリア旅行も無事終わりました。
最後の最後、パリの空港での乗り換え時に、こりゃ本当に間に合わないと猛ダッシュしたのはいい思い出になります。
なぜ使うたびにシャルルドゴール空港を本気走りしなきゃならないのか....
落ち着いてフランスのお土産も選びたいもんです。


好き好きシエナ


居心地が良すぎるルッカ


すんごい暑かったリヴォルノ


大満足のオタク散歩ができたピサ


大雨、雷、強風、快晴。どんな天気でも楽しめたフィレンツェ

どの町もとても楽しかった。久しぶりの女一人旅。
荷物がたっぷり詰まったショルダーバックを前に、
後ろには大きな一眼レフをぶらさげて、キョロキョロ目を輝かせて町を歩き回るオカッパの日本人は
オフシーズンで人の少ない町々ではどうやらかなり目をひいたようで、
どの町でも現地の方にとても優しくして頂けました。有難うございます。

そんな思い出がこの鳥頭から消えていく前に、また旅行記を書いていきたいと思います。
今後もお付き合いください。

jugemのスマフォ表示の仕方が変わったようで読み難いという話があって。
ブログ移転も考えつつ、とりあえず旅行中に届いた図書館戦争をディスク3までがっつり見ようと思います。

ポチありありgattogattoです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:イタリア

フィレンツェ:遥かな地、旅ゆく風、道しるべ

行きたくて夢にまでみた数々の場所に、ちゃんと行くことが出来た旅でした。

小さい頃は神様がいて、不思議に夢を叶えてくれた。
でも、大人になっても奇跡はおこるよ!これほんと!

ということで、今回の旅のBGMはジブリでしたー
まんまジブリ。歩きながら風の通り道を何度口ずさんだことか。



ただ、最後の最後、ヴェッキオ宮でコンサート準備をしてた人が
ピアノで軽快にラプソディー・イン・ブルーを弾いてたもんだから、
頭のなかから躍り続けるグレムリンとマングースがなかなか離れません、、、
全然イタリアじゃない(´;ω;`)笑



本日は最終日なので、ジェラート祭りでした。
ヴェストリ(水色の店内がめちゃくちゃ可愛いチョコ屋さん)
ヴィボリ(ここに行け!とレンツォの激混みお勧め店)
ヴェンキ(現地で教えてもらったこちらも可愛いチョコ屋さん)
ネーリ(4日間通ってお店の人に呆れられました)
どこも本当に美味しかった!!
本当はもう1店行きたかったのです。
そこも今回初めて入ったんですが、すごく美味しくてもう一回行きたかったなぁ。

短期間で再訪したお店では三度目には顔を覚えてくれていて、
オフシーズンてこともあり暇な時間帯には店員さんが色々かまってくれました~
でもまだ裏メニューを頼めるほどではなったのが悔やまれます(食い意地はりすぎw)




日が暮れていくのを橋の上で4,50分ほど眺めてました。

あぁ、帰りたくない!
明日も明後日もずっとずっとバカンスが続けばいいのに!!!

今回は喋れないながらも沢山イタリアの方と接することが出来ましたー
よかったよかった。
一言も話さないとかそんなことにならなくて本当によかった。

ただ、はっきりと心に決めたことがあります!

美術館入口で、貴方何歳?と訊かれ、31歳ですよと答えたら、
18歳かと思ったわと学生チケットを切られそうになりました。

.......私、イタリアーナみたいな迫力女豹肉食系になるよ!!!!
もうワカメちゃんみたいだなんて言わせない!


と、いつかそんな日がくることを祈って。
2013年のイタリア旅行なう、お付きあいありがとうございました。

遠足は家につくまでが遠足です。
明日無事飛行機の乗り換えができますように。




ポチありありgattogattoです

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

にほんブログ村



JUGEMテーマ:イタリア


フィレンツェなう:ますます好きになりました

本日はヴェッキオ宮と職人さん工房めぐり。
芸術に満ちてるこの町は、芸術を愛する多くの人が活きる町でした。

マーブル紙、皮、貴石、4ヶ所の工房をめぐり、どの工房でもその技術に漏れる声なんて『凄い』の一言でした。
長い年月をかけて身につけたその技術、持って生まれた才能、このフィレンツェという芸術の町で生活をするという環境、
すべてが合わさっての神業。凄い。ただただそれしか言えなかった。



これ絵じゃないの。全部石で出来てるの!石を削ってパズルみたいにはめていったもの。
絵はいつか色があせて劣化するけど、石は自然のものだから色もあせずに劣化しないんだって。
この手法はとある一族のお墓を建てるときに生まれたそうです。
我が一族の栄光はあせることはない、という思いからお墓の装飾を絵画ではなくこの貴石という石を加工する手法で装飾したのが始まりだったそうな(あ、なんか日本昔話風になっちゃった)



職人さんの仕事の空間はとても現実的だけど、ある意味神聖的でもあると思う。
それはどんな工房でも同じでした。
私も一応職人ってつく仕事を生業にしていて、無から有を造る自分の仕事をなんだかんだで愛しています。
だから余計に、職は違えど同じ職人さん(といっては大変失礼に当たると思うのですが敢えて格好つけて言わせてください笑)の仕事が間近に見れて、話ができて、大切な工房という空間に少しでもお邪魔することができて幸せでした。



路上に絵を描く人。
フィレンツェは毎朝路上清掃車が走っているので、
この絵は描いた翌日には消えてしまいます。
その時にしか出会うことができないこの芸術と、この芸術家に、目を奪われるのもフィレンツェ散歩の楽しみです。



ポチありありgattogattoです

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

にほんブログ村



JUGEMテーマ:イタリア


フィレンツェなう:dolce vita

マキャヴェッリさんの銅像をハァハァ(*´Д`)と気持ち悪く興奮しながら撮影していたところ、
『銅像撮るなら俺を撮れ』とイタリアーノに絡まれた、、、
いや、あの、わたし、マキャヴェッリさん撮影するためにフィレンツェ来たんで(大袈裟だが間違いではないw)と制したあと、またしても長話。
なぜかウフィッツィ美術館付近で人と喋ると延々話しが続いてしまうなぁ。



空が暗くなる一歩手前ぐらいの景色が好きなのでそれを狙って散歩していたのに、
絡まれたお髭さんと話してる場合じゃなかった、、、夜になってしまいましたー残念。
お髭さんにチューされた右頬が痛いです。
髭萌えも大概にしないとだな。

時間が前後しますが、今日は朝からパラティーナ美術館をこれでもかというぐらい堪能しまして、
結果夕方には疲れてホテルで昼寝。
なかなかお店に入ってご飯を食べれないんですが、何故かってそれはこれのせい↓



ポルケッタのパニーニ!!!
大好きだーポルケッタァァァァ!!
見つけると朝だろうが昼だろうが夜だろうが買ってしまう。
結果、お店入る前にお腹いっぱい。
これって日本でも気軽に食べれるんですかね?大好物である。



あとイタリア好きさんには『ぱらこ、あんたそれ今更やわー』と言われてしまうかもですが、
今日初めてチョコレートのVESTRIに行ってきましたー
チョコレートドリンクが、超チョコレートだった!
こんな感想しか言えない語彙の少なさに泣きますが、それにしたも超チョコレートでした!
美味しかったなぁ~
残念ながらジェラートは終了しておりました。
明日またきてね( ´∀`)って凄い美人店員さんに言われたので、行かないわけにはいかん!
あとお店がすんごい可愛かった!
日本にもお店があるしどうしようかなぁって思ったんですが、お土産はここに決めた!!

明日はガイドさんにフィレンツェを案内してもらいます!
訊きたいことがいっぱいあるので、今から楽しみです~

一人旅で寂しくなったら呟いてます~
@paracocco


ポチ毎度有難うございます!!
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村


JUGEMテーマ:イタリア


フィレンツェなう:彼のお宅訪問



フィレンツェ着いたー!!
フィレンツェ行きの列車内で、あぁ旅も終わりかと毎度悲しくなる。
でもいざフィレンツェに着くと、さぁお目当てのお店に行くぞー!と俄然テンションがあがります。




そんでもって一番最初にしたのは、Neriでジェラートですよ。
あぁ一年ぶり!美味しかった(о´∀`о)
さてフィレンツェ滞在中4日間通うぞ!

ある一定のラインさえクリアしてればどのジェラテリアも美味しいじゃないですか普通に。
正直言うと、そこまで微妙な味の違いは大雑把ぱらこ舌じゃ分からない。
でもNeriは美味しい上に、並んでる味の種類とか、お店の雰囲気とか、
そういうのが丸っと全部自分に合ってる。
好きな感じ満載なお店なのでお気に入り。店員さんが感じ良くてチキンな私には有難いし(笑)

今回は他にもそんな自分的好き好きジェラテリアを増やすべく色々事前チェックしてきましたよー
旅の前半は我慢してたから、さぁジェラート食べるぞー!!



観光はメディチ家が暮らしていたリッカルディ宮からスタート。
ピサでもそうでしたが、彼氏の家に初めてお呼ばれされた気分で観光してます。
(こういうところが本当に気持ち悪いということは自覚しておりますw)
入口が分からなくて宮殿をぐるぐる3周しました、、、

その後まだ行ったことなかった教会を幾つか見て、ウフィッツィ美術館へ。
今回お土産に絵を買って帰ろうと思っていて、なにかないかと見ていたら良い感じの画家さんを発見。
トスカーナを旅していて~と話すと、おじさんもこの地方が好きでなぁなんて盛り上がってしまい、なんだかんだで長話。

明日はラファエロさんに会いに行ってきます~



ポチありありgattogattoです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村


JUGEMテーマ:イタリア


»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。