イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - 2013年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェ:この景色は恋に堕ちる

2012年9月イタリア旅行 その43


ママさんの憧れだった冷静と情熱の間のロケ地!
竹ちゃんと同じところに立ったどーーーー!!!と大感激の、ドゥオーモのクーポラの頂上にとやっとこ到着でございます!!








どんより曇り空すぎる!!!!!
それでもやっぱりこの景色はとんでもなく美しかった。
屋根のない美術館と称される町、フィレンツェ。
この赤茶屋根の景色には高所恐怖症の私も大感動でございました。

そしてちゃんと高さのある手すりがあって本当によかった...




サンタ・マリア・ノヴェッラ教会と、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅。




ヴェッキオ宮殿とウフィッツィ美術館。
そしてぱらこが恋するペルセウスの像があるランツィのロッジアがちょこっと見えます。




ミケランジェロ、ガリレオ、マキャベッリなど多くの文化人が眠るサンタ・クローチェ教会。




パラティーナ美術館があるピッティ宮もなんとか撮れた~
なかなか日常では望遠を使う機会がないので欲しいとは思わないけど、
旅行していると『今まさにここで望遠が必要だよー!!』と思うことが多いです。
旅中に出会ったカメラの先輩方からも1本ちゃんとしたのを持ちなさいと言われるのですが、
日本に帰ると忘れてしまう鳥頭

いつか欲しいぞ望遠!!!








高いところにくるとついついミニチュア写真を撮ってしまう~
やっぱり可愛いなぁこれ




どんより空でしたが、雲の合間から綺麗に光が差して天国の階段も見れた!!

恋するママさんの妄想小話をききながら
500段の階段をえっちらおっちら上ってきたかいがありました。

毎回来るたびに上ることはなかなかできないけど(やっぱり怖いので)
下からドゥオーモを見上げて、この赤茶屋根が広がる景色が恋しくなったらまた上るぜー!


降りたあと、
『疲れたから糖分摂取だー!!』とドルチェタイムに突入。
そこでティラミスを食べた途端、すぐこの景色が恋しくなったのはまた別の話


ポチありgattogattoです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:イタリア


 
スポンサーサイト

フィレンツェ:ママと竹野内豊のあいだ

2012年9月イタリア旅行 その42


最終日はフィレンツェ。
今日も朝食ルームが開くのと同時に朝食を食べて、早々に町にくりだします。

本日のお目当ては......



サンタ・マリア・デル・フィオーレ [Santa Maria del Fiore]

ドゥオーモのクーポラにのぼること!!

これはママさんの夢で、ずっと前から『上りたい上りたい!!』と言っておりました。
その理由は映画:冷静と情熱のあいだに憧れて...ということで。

ママさんは大の竹野内豊ファン。
映画の一番盛り上がるシーンがここフィレンツェのクーポラのシーンなわけで、
『私も竹ちゃん(ママさんは彼をそう呼んでいます)と同じところにのぼりたい!!』と夢みていたわけです。




『一番上で私の写真を撮って、あとで隣に竹ちゃんを合成してちょうだい
私が芸能人にウキャキャしようものならかなり冷たい視線を送ってくるママさんが、
こと竹野内豊のことになると少女のようになってしまう・・・
さすがです竹野内さん。うちのオカンはもうずっと貴方様にメロメロでございます。

そんなわけでママさんの夢を叶えるべく、高所恐怖症の娘は母のために試練に挑むのでした。

どうか天辺には丈夫な手すりがありますようにーーー










いろんなガイドブックで『クーポラへの階段は狭い』と書かれていましたが、本当に狭い。
やっぱり朝いちばんに来てよかったー!
クーポラは8時半から上れるので、出来るなら空いているうちに上るのがベスト。
自分のペースで上れるし、空気も薄くないし笑

狭い階段の途中途中で石像がずらっと並ぶ少し広いスペースがありました。
そこでちょっと一休み。
いくら自分のペースでのぼれても、500段の階段はさすがにきつい...








天辺に出る前に、クーポラの天井に描かれたフレスコ画に一番近い歩廊にでました。
ここもかなーーーーりの高さ。下は見れないし、この歩廊もかなり狭くてゾクゾクします。

でも見上げれば天窓の光に照らされたこの大作。
言葉が出なかった。圧巻。

と、この素晴らしい絵に見惚れて言葉を失っていた私たちのすぐ前で、
まぁペチャクチャペチャクチャよく喋る4人組が・・・
この歩廊に出る前に『おしゃべり禁止』と各国の言葉で書かれていたのに!!!!
係員さんが注意をしても言葉が分からないのをいいことにすぐまた喋りだす。。。
せっかくいい気分だったのになんで貴方たちにぶち壊されなきゃいけないんだ!静かにしろ!
と言ってしまいたかったけど、言ったらこっちも同じになっちゃうから我慢我慢。
どっちにしろ日本語が分からないだろうし、、、、、もやもやもやもや。

見る側がちゃんとルールを守らないと、見れていたものが見れなくなる場合だってあるのに。
見れて当たり前じゃないと思う。

........気を取り直して、さぁ天辺めざして階段をのぼろー!!






この右端の壁が丸くなっているのがクーポラの丸み。
内部と外部の間に通路があるってことなんですね。2層構造。




最後の大詰めはかなりの急階段。

・・・・こ、これはやばい!!と思ったんですが、隣でママさんが、

『この手すり、竹ちゃん触ったかな~ この階段、竹ちゃんのぼったんだよね~』

なんてウキウキしてた。。。恋する乙女はすごい。全然疲れてない!!




うううううう....頂上が見えないよ こ、こわい。


でもこれを上りきったら天辺です。
ママさんが来たくて来たくてたまらなかった冷静と情熱のあいだの、あの、クーポラ!!
怖いながらも、眼下に見えるフィレンツェの街並みを思い浮かべるだけで胸が高鳴るー!!

ママさんは天辺に着いたら竹ちゃんがいるんじゃないかってぐらいテンションがあがってた。
元気なママさん。
ヘトヘトな私。
渋い声の竹ちゃん。

ママさんと竹ちゃんのあいだで、まぢ息が上がってた。。。
あともうちょっともうちょっと。


大興奮のクーポラ登頂は次回!
竹ちゃんの出演は....な、ないですよもちろん!!



ポチありgattogattoです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:イタリア


ボローニャ:鍋ごと持ち帰りたい

2012年9月イタリア旅行 その41


ボローニャでごはん!
といったら......ボロネーゼでしょ



路地散策しながらふらっとこちらのお店に決めました。






中でも外でもお好きな方をどうぞ~と言われテラス席へ。

メニューのイラストがなんなんこれ。コワ可愛い
全身タイツの悪魔がチャーハン片手にウキウキしてる絵に見える!
(もちろんチャーハンの取り扱いはございません)




注文はチャーハンでなくカプレーゼで。
この時ものすごくカプレーゼにハマっていて、日本でもイタリアでも何処でも構わずカプレーゼしておりました。
この旅行の前の年、カプリに行ったのにカプレーゼを食べてなかった!!って帰国後に気づいて、
それからなんとなく気になってしまう料理でございます。

ものすごくチーズ好きでもトマト好きでもないけど、なんか合わさるとものすごく好き。




ボロネーゼは『おかわりペルファボーレ!!!』って言ってしまいそうなほど美味しかった!!!!

前回きたときも違うお店でボロネーゼを食べましたが、そことはまた味は違えども美味!!
ここのラグーもお鍋いっぱい作ってもらって日本に持って帰りたい~


朝の転倒からボローニャにきても全然気分があがらなくて、
普段だったら町をぷらぷらしてるだけで楽しいのにそんな気すら起きなかった....

でもこうやって美味しいごはんを食べたらすっかり気分もあがって(これだから食いしん坊はw)
このあとお土産を買おうと寄ったお店では、店長のおじさまとの話が盛り上がってすごい楽しかったー!

このお店でお土産用にお財布を買ったら、
そのおじさまが買ったお財布を包む際に2チェンティージミをそのお財布に入れてくれました。
幸運のお守りとのこと。
日本でいうところの5円(ご縁がありますように)とおんなじ意味なのかな。
なんだかとても素敵なプレゼントにして頂けて幸せでした~

ボローニャは3回目になりますが、来るたびにどんどん好きになる町です。
なんだかほっこりする町。
なかなか宿泊してゆっくりすることが出来ませんが、いつかは絶対。
美味しそうなお総菜屋さんもあったし、まだまだ町歩きもいっぱいしたいな~


ポチありgattogattoです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:イタリア


 

ボローニャ:町が先か病院が先か

2012年9月イタリア旅行 その40


旅行もあと2日。。。
今日はママさんお気に入りのボローニャへ行ってきます。

旅も終盤になると思った以上に身体に疲れがたまっておりまして。
まだ薄暗いフィレンツェSMN駅前を歩いていたところ、
石畳のくぼみに足がはまり、
すってんころりんとそりゃぁもう綺麗に大転倒しました.....

石畳に顔スライディングするまではSMN駅舎を横目にスローモーション。


ぎゃあああああっっ(;゚Д゚)!!!!!

と悲鳴をあげ、

いだぁーーぁぁぃ---。゚(゚´Д`゚)゚。--!!!!

と立ち上がれず涙を流したあのSMNの悲劇を忘れない。。。。

マックのお客さんやバス待ちしてた方々が心配して助けてくれました。
感謝してもしきれないです。うううううGrazie・゚・(つД`)・゚・

もの凄い勢いでぶっ倒れたものの、カメラも顔も(顔よりもまずカメラが心配だ!!)無傷!!
よかったよかった~なんて思ったのもつかの間、
転んだ原因のくぼみにハマった足首を見たら、
なんだかすごく変な方向に折り曲がっておりました....






でも、どんなに足が痛くても、こんな綺麗な町に行かないわけないよね(*´∀`)ノ

.....なんてテンションにはさすがの私もならず、
『と、とりあえずボロネーゼだけは食べたい』とその一心でボローニャに到着。
足はまだ痛くて痛くてたまらず屍状態。

ポルティコ!ポルティコ!なんてウキウキにはなれなかった.....








マッジョーレ広場についたところ、まさに私の心を表しているかのような空模様。
どんよりすぎる・・・・・










どんより気分でしたが、路地にならぶ活気あるお店をみて歩くのはやっぱり楽しい。
私の地元もこうやって細い路地に小さな商店がならぶエリアがあるので、勝手に親近感






旅行中でもホテルじゃなくてアパート借りていたら、こうやってお魚とか買って料理できるんですよね~
まだ私はそういった旅行経験がないのでいつかはやってみたいなと思っています。

アパート借りて長期滞在するなら、交通の便がいいフィレンツェかなぁとも思ってましたが、
こうやってボローニャにくると、なんだかとっても生活しやすそうでボローニャもいいなぁと悩む。

いつか市場でいっぱい食材買って美味しいご飯を自分で作って食べたいな~


ポチありgattogattoです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:イタリア
 

ポルトヴェネーレ:ここにいたら太る

2012年9月イタリア旅行 その39


海。
美味しい魚介。
ゆったりした時間。

......これは太る!!!
いや、ぱらこはどこでも太るけれども。

海辺にはいくつものレストランが並んでいるので、なんとなくで一軒選んでご飯ご飯


  \ぱらこさん めしあがれ~


ちゃんとスカンピってきたぜー!!
今日もスカンピさんはにょきにょき手長エビってました。

魚介のフリッタにたっぷりレモン絞って食べるのがすき。




海。魚介。ときたら、やっぱり猫ですね。
旅先で家が恋しくなることなんてほとんどないんですが、
猫をみると家に残してきた愛しのニャンコ達を思ってちょっとだけ、おせんちになります




美味しいご飯を食べながら、おじさんの奏でる軽快なミュージックでウキウキ倍増
そして大抵こういう人は、『さぁ俺を撮れ!!今度はこっちの角度から撮れ!!!』とかなり主張してくる。
カメコとしてはものすっごく嬉しいんですが、
撮ってくれたお礼にとチューまでしてこなくてもいいんだよ......








海のある景色はいいなぁー

ママさんと一緒の旅じゃないと海の町にはこないので、よかったよかった。

当初はチンクエテッレに行きたくて、その通過点で寄っただけだったこの町ポルトヴェネーレ。
天候が悪くてチンクエテッレまでの船が欠航になり、
それならこのまま観光しちゃおう~ってことで巡りました。
旧市街地ちょっとみて終わりだったかもしれないと思うと、1日かけて本当によかった!!

2014年、今度こそチンクエテッレ巡りにいけますように!!
その時にはまた寄りたいな~

とっても気持ちいい港町でした。




女神の港でもやっぱりジェラート!
ごちそうさまです。


ポチありgattogattoです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:イタリア

ポルトヴェネーレ:君を自転車の後ろにのせて

2012年9月イタリア旅行 その38


女神の港は、一押しの海だけじゃなく、山(高台?)も存分に楽しめる町でございましたー!
さてさて山の上までずんずんずんずんと登ってきたので、さぁ降りましょう




お城のあるところから一段下り、サン・ピエトロ教会をぐるっと周って今度は後側から町へ戻るルートにします!

します!!とかまさに意思をもって歩いていますよ的に書いてますが、
実際は目の前を歩いていたおじいちゃんに付いて行っただけです。
この下り坂がどこに続いてるかもよく分からない・・・まぁなんとかなるだろ~








崖に沿って作られた小路。
なんなんこの小路。景色よすぎでしょ。

もうポルトヴェネーレ編で何度も何度も言いすぎてますが、ぱらこは海の見える町が好きだー!!
夏だからといってウキウキで水着を買いにいったり、マリンスポーツができたり、泳ぐのがめちゃくちゃ上手かったり、
そんなことはまったくないんですが。むしろ今まで海と接点がそんなにない生活をしておりましたが。

ただ、海の見える町は良い。
海のある町を旅行すると、なんかめちゃくちゃ『旅にきました感』があって良い。
江ノ島ちかくに住んでる友達が心底羨ましいと思う(海風で自転車がすぐ駄目になるのはアレですが・・・)

フィレンツェが好きだとか、シエナを愛しているだとか、そんなんばかりで全然海の話しとかしないんですが、
地味に海のある景色を愛する女、ぱらこでした(笑)
脱線すみませんごめんなさい。




高台から海の見える小路を進むと、突き当たりで今度は下りの階段発見。










道幅は広くなったり狭くなったり。
そんでもってものすごく急だったりゆるやかだったり。
色んな顔をみせてくれる階段。

それにしてもこの階段がかなりの長さで。
下っても下っても海が見えなくなっても下っても下っても....底にたどり着けない。

あまりに長い下り坂だったもんで、途中からずっとゆずの夏色を歌っておりました。
ここはさすがに自転車では降りれない。
どんなにブレーキ握り締めてても転げ落ちる。こわい。

ママさんは相変わらずズンズン進んでいくので、私はひとりでゆっくりゆっくり下っておりました。
いくら天気が悪いといえどもそこは9月のイタリア、こんだけ歩いていれば汗ばんできます。
私の汗がこぼれ落ちようとも、ママさんは隣にいませんでした....
悠仁もこうちゃんも少しでも側にいるよって歌ってくれてんのに身内が側にいないんすよ、我が家の場合。

あ、また脱線。
それにしても、日本でなくてもどこにいても夏には夏色を歌いたくなる。名曲。大好き




ゆっくりゆっくり下っていったらちゃんと旧市街地につきました。




旧市街地入ってすぐ右手に階段の入口がありました。

また今度きたときはここから登ってみようかな。
夏にきたら夏色を口ずさみながら、一歩一歩変わっていく風景を楽しんで


ポチありgattogattoです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村


JUGEMテーマ:イタリア

ポルトヴェネーレ:ズンズンきてます

2012年9月イタリア旅行 その37


登ってのぼってやっとこたどり着いたのは、12世紀に建てられた城塞!
でもそれから17世紀に改築されてるのでリフォーム物件ですね。規模でかいなぁ。





お城の入口にあるビリエッテリア(チケット売り場)のおじさんがめちゃくちゃ陽気でした。
イタリアではよくあることなんだけど、ラジオを聴きながら鼻歌まじりにチケットを手渡しするおじさん。
ふふふふ~ん♪ってぐらいの聴こえるか聴こえないかぐらいの音量じゃなくて、
ジャイアンリサイタル並みの大音量鼻歌でした。
もうそこまで大声でふんふん鼻鳴らすなら、いっそのこと歌ってしまえよ!!!!!って思った....

そしてこの、手すりに適当にかけられて洗濯ばさみで留められているポスター・・・・
斬新すぎるぞこの商品レイアウト!!

正直、お城の中はガラーンとした空間が続く所謂サラっと見れる系スポットなので、
このビリエッテリアが一番心ざわついたわー












建物の中は展示スペースみたいになっていて、
お庭には新設されたと思われる劇場スペースがあったりして、
イタリアはこういう歴史的建造物の活用方法が盛んでイベンターにとっても参加者にとっても面白そうだなぁ。






塀のすぐ向こうには海と町。

その昔、丸い屋根の小さな見張り台の中で、
遠くまで続くエメラルド色の海の向こうから敵がやってこないか毎日ドキドキ見張る人がいたのかな。
こんな綺麗な景色をずっと見てたら、気持ちよくなってウトウトお昼寝しちゃうわー




ママさんはここでもズンズン進みます。




ずんずん! ずんずん!

後ろで娘が『も、、、、もうだめぽ、、、、、休憩しよう』と何度声かけしても止まらぬママさん。

ママさんと私は仲良く2人並んで鑑賞、なんていうことはあまりないかな。
ママさんがズンズンと先に進み、私が後ろでジェラート食べながらその場から動かなかったり。
私がひとり盛り上がって珍しく足早に進むと、ママさんは遠く後ろの方でお店のショウウィンドーにくぎづけだったり。
歩幅もタイミングもなかなか揃わない揃えない二人です。
だけどお互い気にしないので問題なし。自由★万歳!
気楽な旅ですね~




ずんずんハイペースでのぼってきましたお城の最上階。
雲に手が届きそうだー!!!




景色も最高!

本当はチンクエテッレに行くために寄った町だったけど、ちゃんと時間をとって観光してよかったー!!!

時間をかけて(HPもだだ減りだけど笑)ここまで登ってこの景色みれたのは大正解じゃー


ポチありgattogattoです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:イタリア
 

ポルトヴェネーレ:このベンチの贅沢さ

2012年9月イタリア旅行 その36








上り坂をゼェハァ言いながら一歩一歩進んでいくと出会えるサン・ロレンツォ教会。
坂の上にあるってだけで、なんかもう神秘的なイメージ(短絡的ですみません...)
でもこういう教会って、やっぱり生活の一部で、どこか庶民的で、身近に感じる。
神々しすぎなくて好き(笑)




さてさて上り坂はまだまだ続きます。
石壁の道をすすめーすすめー!










お城に入る一歩手前でちょっと一休み。
このベンチ贅沢すぎるっしょ!
絶景を1人じめじゃー!!!.......あ、3人じめか。

天気はいまいちですが、ときたま強く吹く海風を感じながらぼけーっとできるのは至福のときですよ。

傾斜は急じゃないけど結構長い坂道になるので、
お城見学の前にこのベンチでひとやすみおすすめです~♪


ポチありgattogattoです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:イタリア
 

ギアをイタリアに入れました

杏仁ソフトクリームが食べたくて中華街に行って来ました。



この看板を見ると『あぁ中華街にきたな』っていう気分になります。
栗の押し売りというか、試食してけぇコールがはんぱない。あと食べ放題のチラシ配りも大勢。
高校生のころは(もう10数年前になるのか....)なんだか殺伐としてた気がする。
チャイナドレスを買いに、春巻きを食べにとよくみんなで行ったもんです。




買ったことはありませんが花文字が好きです。
花文字の中にパンダが隠れてたりするなんて。もう可愛すぎる!!!!




食べ放題では無制限をいいことにいつもダラダラと長居をしちゃうなぁ。
杏仁ソフトクリームがものすごく好き。大好き。8個は食べたな。最後にもう1個追加すればよかった。。。
小籠包も好き。あと青菜の炒め物も。




お粥のどのあたりにサンタの要素があるんだろうか・・・
でも中国のミッキーとかキティちゃんとかのシュール感、嫌いじゃないんですよね。むしろ好き。




中華街でも和雑貨のお店や韓国のお店があって、なかなか飽きさせません。
わざわざ中華街で和雑貨みるんかって思ってもウキウキで入店しておりました。

マリーザへの今年のお土産は、赤べこかなぁ。こけしと只今悩み中。


今日は美味しい中華を食べながら旅友ハチコと色んな話をしました。
8月末で地元の祭りが終わるとちょっと無気力になってましたが、
ハチコとイタリアの話をしてて、今年のイタリア旅行には大きな目的があるんだって再確認したら俄然やる気がわいてきましたー!!

今年の旅行は本当にやりたいことがいっぱい!
最近やりたいことがドバっと増えてしまったので予定を組みなおしたら、
どうやっても1日足りなくて・・・どうしたもんだかなぁ。




いつも旅の詳細はママさんがノートにまとめて記録してくれているんですが
今回はひとり旅ということで、私も旅ノートをつくることにしました。
100均のハードカバーのカエルノートをデコることしました。
最近の100均って本当になんでもあるのね。すごい。
ノートの後ろはCREA Traveller ♪
2013秋号はシチリアであります!!

夏がすぎてもなかなか入らなかったギアをやっとこイタリアに入れました。
出発まで2ヶ月も切ったことだし、やること急ピッチで進めなきゃだわ!

とにかくまずは旅行記を書ききるべー!!!


ポチありgattogattoです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

Category: にっき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。