イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - 2012年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カプリ:青の洞窟(*´∀`)ノいえいいえい!

2011年9月イタリア/フランス旅行 イタリア27




2011年、9月22日。
海です。朝から船に乗っています。

なぜかって云うと、

青の洞窟入れるっていってくれたからー!!!




カプリを去る日の朝、駄目もとでもう一度港に行ってみたら、
洞窟ツアーのチケット小屋の前で、何人かがざわざわしてました。

これは!? もしかしたら今日は船が出るかも!!!

まず船が一艘青の洞窟の入口まで波の状態を見に行きます。
『今日こそは入れますように
そんな祈りをこめて、港から出て行くボートを見送ります。

チケット小屋のおぢさまが確認しに行ったボートの方と無線でやりとりをするのを耳をダンボにして聞き、
やっぱり波が高く、なかなか出ないGOサインをずっとずっと待っていました。

突然おぢさまが無線をきったかと思うと、いままで閉まっていた小屋の窓口を無言で開けました。
『もしかしたら行っても入れないかも』と言いながらチケットを捌いていきます。

待ち望んでいたみんなは狂喜乱舞しながら、次から次へと青の洞窟入口までのボートに乗り込みます。

私達4人が乗ったボートは、他に日本からツアーで着ていた皆さんと一緒でした。
『入れますね~』 
『やばい緊張しちゃうううう~
なんてテンションあがりまくりなボート!!

ついについに、待ちにまった青の洞窟に入りますよ~!!!!




港から青の洞窟の入口までは15分くらいでした。
青の洞窟はマリーナグランデから船で入口まで行く方法と、
陸地から直接入口まで降りていく方法があります。
写真中央に見える階段に並んでいる人たちは、陸地からここまで降りてきた人達。

洞窟入口はみんなの『青の洞窟に入れる!!』っていうそわそわ感と、
いっぱいの船頭さんの大声な世間話でいっぱいでした。



青の洞窟の入口までついたら
エンジンボートから手漕ぎボートに乗り換えます。
もちろん船の上なのでどっちのボートもゆれるゆれる!

青の洞窟アタックは3度目だったんですが、
一番最初に青の洞窟に入ったとき、このボートの乗り移りに失敗して海にドボンしました
ベネツィアのゴンドラに乗るときも失敗して海にドボンしたので...なんですかね、運動神経のなさが原因ですかねww

手漕ぎボートに乗り換えたら、入口付近に浮かぶ係りの人のボートへ近づいていき、入場料を払います。
たぶんこの手漕ぎボートは船頭さんを除き、観光客4人がMAXなのかな。
私達は4人一緒の船に乗れました。



手際よくお客さんとのやりとりをする係りのおぢさま2人。
ときたま暇になるとお歌を歌ってくれます。強面だけど陽気。

『行ってきまーす
って行ったら、チュって投げキスくれたよーあははさすがだわ。

さて、それでは青の洞窟にいざ、入りましょう↓↓↓↓↓



















.....な、なんとかそれほどブレずに写真が撮れました!
前回は入ってあまりの綺麗さにGYAAAAAAAAAAAAAAAって大興奮したせいで
写真がかなりのブッレブレで、あーなんか一面青いところ入ったんだなってぐらいしか分からなかったんです。
今回はそれのリベンジ!なんとかちゃんと写真が撮れましたー  よ、よかったあああ

今回も入った瞬間はこの青さに大興奮しちゃって大変だったんだけど、
ちゃんと途中からは『写真!撮らなきゃ!!』って意識戻しました。危ない危ない。



こんなに小さい穴をぐわっと入ってくるんですよー
頭をぶつけないようにボートの中に寝そべるんですが、失敗すると頭を洞窟の入口で強打します。
私は前回、この入口に頭をぶつけてしまい船頭さんに『頭さげろっていっただろー!!』と怒鳴られたので、ちゃんと学びましたよ...

洞窟の中は広いような、狭いような。
興奮してるから正直どのくらいかは全然おぼえてないんですが、実際どのくらいなんですかねー

船頭さんが歌を歌ってくれて(歌ってくれない船頭さんもいます)、その歌声が洞窟内に反響して、
ゆらゆらと揺れる船の上、一面に広がるこのバスクリンのような綺麗な青。



次から次へと船が入ってくるので、洞窟出口でかなり順番待ちをしていました。
でもそのおかげでかなり長い時間洞窟内に居れてラッキ~

入ってきた人が次から次へとWAOOOOOOOOOOOOOって声を上げるのを間近に見れて、
本当にここはすごいところだなぁって改めて思いました。
ものすごい感動した。



さて、この素晴らしい世界とのお別れの時間です。
船頭さんの合図で来た時同様、また船の中に寝そべります。

洞窟の壁面に伝ってある鎖をおぢさまがグイっとひっぱって、外の青空の下に戻っていきます。




手漕ぎボートから乗ってきたボートに戻ります。
ママさん気をつけて~!

先に戻ってた人達と『すごかったね!すごかったね!』とキャッキャしてもう一度感動を反芻。
はあああぁぁぁ 綺麗だったああああ


カプリについて4日目。それももうこの日の昼前にはローマへと発たなくてはいけない日でした。
カプリ滞在中はずっと毎日、一日に何度も何度も港にいって船出てないか確かめて、
また前回みたいに入れないのかなぁ、今回も運がなかったのかなぁって船が出ていないのを確認する度に思ってました。

でも最後の最後、本当にギリギリの時間で青の洞窟に入れて、本当に本当にツイてた!!

2011年9月22日、とても思い出深い日になりました。
しかもなんとこの日は、私の誕生日だったのですー

誕生日に青の洞窟、神様ほんとうに有難う! なんというプレゼント!

ずっと待ってこの日に入れたっていうのが粋な計らいだなぁーって勝手に思っちゃってます



さてさて、急いでローマに向かって移動開始!まだまだ騒がしい旅は続きますよ~



ポチありありgattogattoです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村



JUGEMテーマ:イタリア

スポンサーサイト

アマルフィ:小路の間から見える空の高さ

2011年9月イタリア/フランス旅行 イタリア26



海のそばにある太い通りには沢山のバスが停まっていました。 長距離バスですかね?
ローマってあったような・・・・遠くからも出てるんですね。

さてさて一路光り輝くドゥオモを目指します!!







シエナのカンポ広場に出るときもそうだけど、
一度建物で視界を狭くして、抜けると一気に目の前に景色が広がるこの魅せ方、本当に好き
もうね、この技法は本当に反則かってぐらいワクワクするんですよ。
くるぞくるぞっていうあのゾクゾクわくわく感。
でもって目の前視界がひらけたとたん、現れる景色の凄さ!

どーん!!!

どかーん!!!

どすーん!!!!

どれもこれも素敵。あぁ大好きイタリアの建造物ラブ!!



ドゥオモ前の階段を昇る前、右見てみたらすぐ海なのね。
すぐそこに海が見える。なにこれもうジブリ的展開

残念ながら時間なくてドゥオモの中には入れず。
天国の回廊見たかった・・・でもアマルフィ海岸にはまた絶対旅しにくるのでそれまで我慢我慢。
あと、夕日に染まるドゥオモは光り輝いてとても綺麗って聞きました....み、見たい



街中をぶーらぶらしましょう。



こんな感じの細道階段とか、





こういうトンネル街道とか、どんだけテンションあげてくれるんだ!!!
小路最高!ぐねぐねした細道最高!

このトンネルのなかにカフェがあったり、タイルのお店があったり、なんかもう可愛いなぁ。
カラフルなタイルがいっぱい飾ってあるお店がライトに照らされてて、コントラストが強くて色鮮やか。



立ちどまってママさんとネーネがなにか撮影してました。



みんなこういうの好きだよね
前に上司のお土産に裸エプロンとか、裸トランクスとかあげたらすごい喜ばれたなぁ。

買うときにお店のおじちゃんにすごいニヤニヤされて、本当になんていうか、うん、いい思い出です




パニーニ作ってもらって海を眺めながら食べました。
大量のハトが現れて、
『さぁパンを投げてください。綺麗に食べてみせましょう』
と、ポッポーポッポーうるさかった印象が。。。

噛み切れないぐらい硬いパンにハム挟んだだけ。噛めば噛むほど味が出てくるこのうまさ。
やっぱり質のいい小麦はそのまま塩と水だけで捏ね上げるのが美味しいのですね



今度くるときはこの海水浴場で思いっきり水浴びをしよう!
この暑い日差しの中、ジェラートいっぱい食べよう!

それまでにダイエットダイエット。



またちょっと天気が怪しくなってきました・・・
カプリ周遊コースの二の舞にならないよう、さくっとカプリに帰ります!

本当にちょびっとしか探検できなかったので、次回は高台からこの海を眺めたいなぁ。

アマルフィでかったレモンのゼリーがとても美味しかったので、それもまたリピートだな!

ポチありありgattogattoです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村


JUGEMテーマ:イタリア

ポジターノ:どんぶらこっこ寄り道

2011年9月イタリア/フランス旅行 イタリア25


\この毛皮、ほんと暑い\(^○^)/


日差しが強くて、でも風がびゅーびゅーふいて、涼しいんだか、暑いんだか。
頭暑いけどタオル被ると風で飛んでく...一時も気が緩められないそんな船旅でした\(^o^)/あづい




カプリからアマルフィーにいく船は途中でポジターノにも寄りました。
憧れのポジターノファッションの聖地・ポジターノ!!!
視界いっぱいにだだっ広い海が広がってる中、ぐいっと左側からフレームインしてきたので、
乗客は風に負けずシャッターを切ります。







時間があったらポジターノにも寄りたかったなぁ。
好きなブログ:ioさんの旅行記を読んで、
この辺りの町々をひとつひとつ泊まっていくのいいな~って思っちゃった。
そんでもってイタリアの海で泳ぎたいー!!!



アマルフィー海岸の斜面に点々とある建造物やレモン畑をみながら、
少しずつ揺れが強くなっていく船に怯えていると、
遠くの方からまた新しい町がひょっこり顔を出してきました。









天気もちょっとちょっと良くなってきたかも
やっぱり海のある街は青い空が良く似合う~



船が出発するまでの短い時間、
アマルフィ探検の始まり始まり~


ポチありありgattogattoです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村



JUGEMテーマ:イタリア

カプリ:失恋カプリ

2011年9月イタリア/フランス旅行 イタリア24

カプリ3日目。明日にはカプリからローマへ移動します。今日は入れるよね青の洞窟!
こんなにも晴れているものね!
こんなにもいい天気だものね!
こんなにも気持ちのいい日だものね!!!




『高潮のため青の洞窟への入場中止になry.....』


MAMMAMIA!!!!!!!!!!!!!!!



ここまでふられ続けるとは。失恋カプリすぎる・・・

とりあえず近くの港までは船がでるとのことなので、アマルフィに行くことにしました。









船を待ってる間、新しいカメラだったもんでなんちゃら機能とやらを試し撮り。
さっぱり使い方が分かりませんでした・・・・

島の風景はコントラスト強めで撮るとかわいいなぁ。



このチケット好き
なんかデザインが好き。船のるときビリっと破られると悲しいのです。



さて初めてのアマルフィ海岸。
映画で見たのと同じかな~


ポチありありgattogattoです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:イタリア
 

カプリ:カプリさんぽ

2011年9月イタリア/フランス旅行 イタリア23


衝撃的なカプリ周遊ツアーも終わって、
とりあえず海にざっぶーんしないで陸にあがれたことがどれだけ嬉しかったことか



何度も何度も打ち付けたお尻がかなり痛いので一端ホテルへ戻りましょう~
旅の最初、ルーヴル美術館のピラミッドに大興奮して猛ダッシュをしたせいで足を痛めてたんですが、
今度はお尻まで・・・なんかもう身体バッキバキな旅になってきました。。。


 \ふかふかベットは気持ち良いのです



HP回復したのでもう一度アナカプリへ。
カプリは疲れたら一端ホテルに戻って休憩して、また出掛けて~っていうのが楽に出来ていいですね!
フニコラーレ(ケーブルカー)の駅近くのホテルは本当に便利。
でもいつかアナカプリにも泊まってみたい。どこかいいところあるかな~



お昼にリストランテを探していたときに前を通り過ぎた雑貨屋さん。
気になるな~って思ってたらネーネも気になってたようで。やっぱり姉妹だわぁ。

なかにはアンティークのランプや、蝋細工なんかが所狭しと飾ってありました。
すごく可愛いのがいっぱいあって、ママさんとどれにしようかね~なんて悩んでいたら、
いつのまにかネーネが逆ナンをしておりました。


\にゃんだにゃー    \一緒にかつお節食べにいかない?


看板猫、かわゆす

とても人懐っこくて、たまらんかったーもう猫様、一緒に日本かえってウチの子になってよ!!


\おさかにゃはカプリ産にかぎるから駄目にゃ!!!


あぁぁぁああああ可愛かったーずっとゴロゴロ喉ならしててさー可愛かったー!!
(我が家にいる猫様はぱらこに懐いてないので、人懐っこい猫に憧れがあります)

可愛い雑貨を買って、お留守番してくれてるお兄ちゃんへのお土産を選び、
アナカプリからの帰りは夕暮れの海が見たくてマリーナグランデまでのバスにしました。



夕暮れの海はなんか切ない気分になるのね~♪って歌いながら海辺を散歩。
仕事に追われる日々も、職場のマダム達の我侭に振り回される日々も、体重計に乗るのが怖い日々も、
ぜーんぶ忘れてゆったりできるこのカプリテンポにほっとしますなぁ



さてカプリに戻って夕ご飯の買出し。
カプリに来るたびに立ち寄るこのお惣菜屋さん。
店主さんがとっても明るくて、『今日は何にするんだ~♪』って歌いながら注文を聞いてくれます。超陽気!



お惣菜を買ってホテルでもぐもぐ。
人数が多いと色んなものをいっぱい食べれるからいいね。
イタリアで一人旅すると、ぱらこはいつも生ハムばかり食べてしまうので問題なのです。

お腹いっぱいになってふかふかベットにごろんして、明日は青の洞窟に入れますようにと眠りにつくのでしたー
お尻にはちゃんと湿布を貼ったよ


\ジュースに牛乳にカプチーノ!?飲みすぎですよぱらこさん!!


朝はもっさりいっぱい食べます。イタリアの甘いパン大好き~ 何個でも入っちゃう!


\揚げぱんにクリーム・・・こりゃ太りますよ!けしからんですよ!


だがしかし、これが美味い
甘いものは甘くていいんですよ!甘さ控えめとかそんなんスイーツじゃないですから!って、
もうほんとダイエットという現実から逃避してるわけですが・・・まぁ旅行中ぐらいはね、いいよね。

今日は天気どうかな、青の洞窟入れるかなってそわそわしながらの食事。
カプリにきて3日目。明日の午前中にはカプリを離れるので、どうか、どうか入れますように



は、晴れてるー!!

これは青の洞窟入れる予感!
ウキウキで港まで出発です~


ポチありありgattogattoです
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村


JUGEMテーマ:イタリア

カプリ:海でざぶーん!

2011年9月イタリア/フランス旅行 イタリア22



お昼ごはん後にまたマリーナグランデに戻り、青の洞窟に入れるかどうか再度アタック!

......するも無残に惨敗。やっぱり波が高くて洞窟には入れないとのこと。
お昼まわるとぐっと成功率は下がるとは聞いてましたがやっぱりですねー

カプリ周遊コースは天気くずれる前ならやってるからそっちへいってごらん、とすすめられ、
昨日さんざん船酔いしたのにもかかわらず、船のりたーい!と周遊コースへ出発

船に乗り込んだときすでに天気が怪しかったんですが、船が出るくらいならね、大丈夫だよね、と意気揚々。



風も強かったので最初は屋根あるところにいたんですが、
なんか、こりゃぁ外に出て写真撮らなきゃもったいないだろー!と思って船首に出てみたら、



みんな同じこと考えててぞろぞろ出てきた。
おぢちゃんもおばちゃんも一緒に楽しそうだぞいえーい!なノリで、言葉も分からずみんなでキャッキャしてました。
ママさんも楽しそうでなによりです。



写真真ん中の白いでっぷりしたのが私で、その丸い背中をネーネが写真におさめてくれてました笑
ネーネはひとり屋根の下に残っていたようです。
いやほんと、それが正解だったということを後で思い知るんですよね。





みんなが注目しているのは洞窟の中にあった『あるもの』です。
よーく目をこらしてみてみると、



ひょっこりマリア像!!あんなところにあるなんて~!!
ここは上から入れるようになってるんですかね。行ってみたいなぁ。



崖に穴がぽこぽこと空いていて、そこに船が突っ込む突っ込む。
その度に船が揺れてざぶんざぶんと水がかかってたんですが、船首組はキャッキャキャッキャと大喜び。
船頭さんも操縦席からはしゃぐこっちをみて悪乗りでもっと突っ込む突っ込む。
なんかすごく楽しくておぢさま達と笑顔で大盛り上がりしちゃいましたよ~



船がなにやら怪しい方向へ・・・
ぽっかり空いてるアーチをくぐるようですよー  ゆ、揺れるー!!!!



2mぐらい上下に揺れました。ざぶんざぶん。怖かったーっっっ

このアーチをくぐったあたりからものすごく波が強くなってきました。
ぽーんっと船首があがったと思ったら目の前に見えてた海が一瞬で空一面になって、
その後急降下して腰を強打....その連続。

『ぎゃっっぎゃゃっぎゃっがっぎゃぐぁっぎゃっ!!!』

叫び声がスタッカートになる有様です
さすがにこれは海に放り出される!やばい早く中に戻らなくちゃ
って思っても、なかなか腰が立たない。もうあまりの恐怖で腰が抜けちゃってる状態。
船もゆらゆら。自分達もゆらゆら。
操縦席から『はやく中に入ってくださいー!!』って云われても全然進まない。
最後は這いつくばって、背中をおぢさんに支えられてなんとか中に入れました。

う、海はなめちゃいけない、これほんと!!!

なんとか穏やかになったあたりでもう一度船首に出て海風を浴びました。
あー気持ちいい!でも前日といい、今回といい、本当にこの旅は海の凄さを思い知らされました。



周遊最後には青の洞窟の手前まで行ってくれました。
やっぱり波が高くて洞窟の入口が見え隠れ。
これじゃあ洞窟に入るときに頭ぶつけちゃいますね・・・ああああ(前回入ったときに天井にぶつけたのでトラウマです)

絶対明日は入るぞー!!!と洞窟の入口にむかって叫んでみた!
明日は入れますように

島をぐるっと周遊コースはカプリを海から眺められるだけじゃなくて、
ぐわっと味合うことの出来る自然の力と、船頭さんの遊び心がたっぷり詰まったツアーでした!


にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村




JUGEMテーマ:イタリア

カプリ:でましたジャイアニズム

2011年9月イタリア/フランス旅行 イタリア21


さぁ、お昼ごはんの時間です!

『アナカプリで美味しいところはないですかー!?』と叫んでみたら
えらい人がよいお店を紹介してくれました~


【RISTORANTE la Rondinella】

素敵なテラスのお店。
・・・・・だがしかし、こちらはどうやらお店の裏口だったのです。
反対側に素敵な正面があったのにも関わらず、気がつかないままこの裏口からお店に侵入した私達の阿呆阿呆!!
あぁ恥ずかしかった。



料理がくるまでグリッシーニをぽりぽり食す。
初めてグリッシーニを食べたとき、
おかわりががんがん出てきてこれだけでお腹いっぱいになったなぁ。
こりもせずいっぱい食べてしまう。



さてお料理到着。
女が数人でごはんを食べるとき、
そこには『絶対に他の子と同じものを頼まない』という暗黙のルールがありますね。
色んなものをちょっとずつ食べたい精神なのでとっても便利な女子の常識みたいな

今回もルールにのっとって4人それぞれ違うものを注文しました。
テーブルの上に美味しそうな料理がたっぷり並びます。
わー美味しそう!なんて言いながら、ひとつひとつのお皿の料理をちょっとずつ食べっこします。

ところが、問題がおきちゃいました・・・・・ネーネが頼んだ料理がなんかすごく美味しかった!
他のと同じように『これもちょっともらうね~』なんて一口食べたらあらまぁ。
お、美味しいじゃないですかこれ!って思ったら二口、三口と。。。
いっぱい食べる私。美味しくてやめられないとまらない!気がついたら普通に本気食いしとった。
ごめん。こんなところでジャイアニズムでちゃった。

『おまえのものはおれのもの、おれのものもおれのもの』

ドラえもんだって泣いちゃうよねそんなこと言われたら
でも基本のび太ポジションなわたしは、通常ジャイアンポジションのネーネに最終的には自分のお皿(料理)を差し出しました。
ちゃんちゃん。めでたしめでたし。

まぁごちゃごちゃ書きましたが、えらい人が紹介してくれた通り美味しいお店でした~
(すいません全然お店の説明になってなくて。しかも料理名すら覚えていないという失態...)



ネーネが頼んだお皿。トマトとチーズという最強コンビでつまみぐいならぬ、本気食いさせられたお料理様。



ムール貝!ムール貝!



上の料理もそうでしたが、こちらも魚介を使ってるだけにちょっと塩味きつめでした。
パンチの効いてるパスタ。



にょっきにょき。



ぬいぐるみ旅行記っぽく撮ってみた。
盗み食いをするという設定。



デザートは別腹ですの!



ごはんのあとにこってりカプチーノなんか飲んで!
だから、だから太るんじゃない!!....と思ってもなかなかやめられない、食後のカプチーノ。
みなさんはいったい何を飲みますか?


JUGEMテーマ:イタリア

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。