イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - 2011年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボローニャでボロネーゼを食べてみた!

  2010年イタリア旅行【その13】

前回一人旅で訪れたとき、
『やっぱりボローニャだけにボロネーゼは食べるぜー
とお店も調べずに来てみたのですが....結果、食べれず普通に観光して帰りました。残念。

イメージ的には、ボローニャのメイン通りには
『ボロネーゼやってます!!』みたいな看板を掲げたお店がいっぱいあるだろうと思ってたわけです。
苦労せずに見つけられそうだから、その中でどこかいいとこにでも入ろうかな~と。

ところが、まったく見つからず。
所謂、観光地のレンストランっていうのすらなかった(見つけられなかった、が正しいですね

今回は事前に調べておく前にPCが壊れてしまったので
結局調べていくことは出来なかったんですが、
旅人の強い味方!ガイドブック★地球の歩き方'09~10に載っているところに行ってみました。



Da Bertino
via delle lameにある家庭料理のリストランテです。
マッジョーレ広場から歩いて30分するかしないかぐらいでした。
途中写真撮ったりお店入ったりしてたのでもう少し短いかもですが。

お店についたのはお昼ごろ。
すでに中は結構な人で賑わっていました。
入ってすぐ右手側にはカウンターがあり、その中で数人のカメリエーレが忙しそうに働いています。
カメリエーレの方々の年齢層はどちらかというと年配の方が多め。
お店の名物おばあちゃん(なのかな?)がニコニコと笑って奥へと手招きしてくれました。

全部で3つぐらいのホールに別れてて、
奥にある一番広いところのテーブルに着きました。
近くには30人ほどの大テーブルに座る大家族のご一行様が。
もうすでにガヤガヤと大盛り上がりです。
喋る食べる喋る食べる移動する喋る食べる食べる食べる喋る食べる....

忙しいです

周りはビジネスマンも多く、
男の人2人で仕事の話をしながらの昼食。
でもテーブルにはワイン。さすがです。

さてさてボロネーゼボロネーゼ~♪
おじさんが注文を聞いてすぐさまテーブルをセッティングしてくれました。

席の隣には厨房の出入り口があり、昼食時の戦争模様がすこし見えました!ラッキー!!
運び出される料理がどれもこれも美味しそうで、
歩き回ったあとということもあり、お腹の準備は万端です!さぁいつでもこい!




きた!! なんかすごい美味しいのがきた!!!!!!!
これすごい美味しかった!!!!!!
おじさんがチーズをたっぷりかけてくれたよ

お肉の味がほっっっっっっっっんとはんぱないこれタッパ詰めて持って返っていいですか?ですよ。
これが家庭の、マンマの味って言われるのわかるなぁあああって。
味はそれぞれ違うけど、マンマの味ってこういうのっていう感じそのまま。
美味しいなぁ。これ鍋ごと持って返りたかったなぁ。みんなに食べさせてあげたい。
パスタの食感も、もちぷるんって、お肉とよくからんでそりゃもうたまらなかった

なにげにぺろりといけそうかも~っと思ってましたが、
一口一口大切にもぐもぐしすぎて満腹感が.....
もっと他の料理もいっぱい食べたかったなぁ。



お肉料理を頼むと、テーブルの近くで調理してくれますよ!!!
これは是非ともリピートしてお肉料理を食べねば

デザートにはティラミスを頼み、カプチーノで締め。
甘いものもすっごく美味しかったなぁ。
ここはオススメであります!!!
地球の歩き方、本当にありがとう

空いているテーブルで、おばあちゃんがずっとリンゴの皮を剥いてました。
目が合うとニコニコ笑顔。

このリストランテ、美味しい料理に優しいお店の人たち、
お客さんは地元の方々で雰囲気も良く、イタリア感満載です



さてさて、いっぱい食べたので歩いて国立絵画館へ。
この美術館は広さも貯蔵品も好みで、
またボローニャに来たときには寄りたいなと思ってたので無理やりスケジュールにいれました。
ママさん付き合ってくれて有難う。


帰りに8月8日広場にある公園の中を通って駅に戻ります。



白樺っぽい木がいっぱいあって、こういう景色綺麗だわーと写真を撮り始めた途端、
なぜかイチャイチャし始めた恋人さんたち....
絵になるのでとても有難かったです



さて、ボローニャもこれでおしまいまです。
なんていう観光名所がないレポ。。。。すみません

翌日はイタリアマンマに会いに1年ぶりのシエナへの帰郷気分な旅でした。



JUGEMテーマ:イタリア
スポンサーサイト

ボローニャの町風景

 2010年イタリア旅行【その12】

↑なんかレポ数が合わないなぁって思ってたら一つ飛ばしてましたー
めんどくさい あとで直すのでとりあえずそのままいきます

さてボローニャです。
尽く観光名所の写真を撮り忘れてたので町の風景を...



マッジョーレ広場の周りにある細道をはいると、
個人商店がいっぱいあって活気に溢れてました!!
観光名所がある街の中心でも、現地の人に混じって買い物気分



残念ながらお魚は買うことができませんでしたが.....じゅ、じゅるり。よだれがでてしまう!
ぶらぶらっとお店の間を歩いていくととても元気なお魚屋さん。

お肉屋さんはよく見ますが、こういった間口のお魚屋さんにはなかなか出会わなかったので
(海より山に行くことが多いので新鮮な魚と出会うことがあまりないです)
これはじっくり見させてもらおう!と思ったら、ママさんはすでにお店の中で色々やっていた...は、早い!



これで魚介たっぷりのパスタやスープなんてすごく美味しそう
旅する地方によって食べられるものがくっきり違うのもイタリアの特徴なので
私はいつも結構肉メインのところに行ってるなぁと...お肉大好き!

ママさんと旅行すると海メインになるので魚介類たっぷりですね~
この時の旅は内陸部だったので、こうやってお魚に触れたのはこれが最後でした



メインストリートのインディペンデンツァ通りを歩いていたら沢山の警察の方々。
バイクがいっぱい止まっていて全身撮れなかったんですが、
もっっっのすごくかっこよかったんです

友人に、毎回旅行先の警察官と一緒に写真を撮ってもらう人がいるんですが
その人の気持ちがちょっと分かった気がした....これはもう本当にかっこよかった....
うん。ブーツインはやっぱりかっこいいな。
それにしても、途中から結構警察の人がいっぱい出てきてました。なにかあったのかぁ。



可愛い街灯。
街灯も一つ一つ可愛くてついつい写真を撮ってしまいます。
残念ながら時間が早くてまだ点灯はされてなかったけど
オレンジ街灯がポツポツひかるあの独特の世界が好きでたまりません~
ヨーロッパの夜の街は本当にお伽の国みたい
ビビリなので夜はそんなに出歩けませんがあはは。


JUGEMテーマ:イタリア

旧ボローニャ大学で興奮!!!

 2010年イタリア旅行【その10】

ボローニャの主要観光場所のひとつ、
旧ボローニャ大学に行ってみました。

前回の一人旅ではこの大学の入口が分からず、
『ここなんかなぁ・・・・』と不安になりつつ入った思い出がよぎります。

カフェ、お店、、お店、大学入口(ちっさい)、お店、お店、お店、、、、、、、
なんでこんなところに大学の入口があんだって感じのところにありました

サンペトロニオ聖堂向かって左の道の真ん中あたりに入口があるので、
場所的には分かりやすいですね~




この大学は世界で初めて人体解剖が行われた
解剖学大階段教室があります。

木張りの教室は、教室全体が芸術品のように美しい装飾でいっぱいでした
なかでも教室奥中央にある
『皮をはがされた人』の彫像が

なんだあれ・・・

と、口をあけて見入ってしまうほど印象的。



石の彫刻ももすごいですが、木も凄いです。
本当に木や石をこんなに活き活きと表現できるだなんて。
(まぁこの人たちは皮はがされてるので活き活きってのも変ですが)

お尻がけっこうなプリ尻でした。



天井もこの通りの装飾です。
ランプもかわいいなぁ。
なんで教室でこんなすごい装飾なんだあああ!!!

初めてここ入った生徒は
装飾気になって絶対授業に集中できないよね・・・・・



真ん中には解剖台、その後ろに階段式観覧席がありました。
見学者はここに自由に座れるようになっていて
観光疲れに一息....とは言わず、授業こうやって受けてたんだろなぁと妄想できます。

以前来たときは一人旅だったせいか
係りのオバチャンがずっと隣についてこの部屋と大学のことを説明してくれていたんですが
『皮をはいだ人』という単語が全然分からず、
持ってた辞書で必死になって引いていたのもいい思い出です。
ここの係りのひとはみんな良い人で落ち着くなあ。




大学の廊下。
装飾ギラギラです。

図書館や展示品などがあったりして、
そこを利用する生徒さんが多かったので人はいっぱいいました。

ボローニャは日本からの留学生も多いところですよね。
私の友人の中ではボローニャでの留学経験者がダントツで多いです。

そしてみんなそろって『ボローニャいいとこ!一度は行ってみて!』と言ってます。
学生の多い町はまたそれだけで町のカラーが違いますね~

ボローニャにある国立絵画館が大好きなんですが、
ここも近くに大学があるので、周りのbarには学生さんいっぱいです。
その中に混じるとちょっとボローニャ留学生気分~

機会があればボローニャ大学にも行ってみたいなぁ。


JUGEMテーマ:イタリア
 

ボローニャは今日も広かった

  2010年イタリア旅行【その9】

さて、旅行4日目はボローニャです。
ボローニャ....広いですよね。

まさかの、有名観光場所の写真がないです。
なにやってたかっていうと、
お昼に食べるボロネーゼで頭がいっぱいでした

基本、後日日記を書く事考えて行動してません
一番写真を撮ったのはボローニャといえば、のアレです。


ボローニャ 【Bologna】

ボローニャといえばこのポルティコ・柱廊ですね。
アーケードみたいになってます。
大通りに面しているとこはほとんどポルティコがあるので雨でも濡れません。

フィレンツェから早い電車で1時間くらい。日帰りでも楽しめます。
とても大きな工業都市。
観光場所も多いので、町の中をあっち行ったりこっち行ったりと移動が大変です。
バス使うほどではないので、歩きながらぐるぐる回るのがたのしいですね。
クリスマスのイルミネーションも行った11月後半から始まってたので嬉しかった!



横からみたポルティコ。
アーチが等間隔に並んで本当に綺麗です。
クリスマス間近になるとイルミネーションももっと全体的になって
もっともっと綺麗なんだろうなあ~



キラキラ~

市街の丘の上にあるサン・ルカ教会まで、
このポルティコが3.5キロも続いているとか!!
今回は時間がなくていけなかったんですが、
このポルティコ街道、きっと楽しいだろうな~今度は絶対行くぞ~!



この写真のように、ポルティコは天井に細工がされてたりもします。
同じようにみえても色々装飾が違って面白いです!

留学中に一人で遊びにきたことはあったんですが、
随分とトスカーナの自然の中でのんびりしてたので
この都市に圧倒されてしまい、ちょっと都会酔いをしてしまいました...

なので今回はちゃんとボローニャでやりたいことを計画的にした!
でもまだまだボローニャでやりたいこと尽きません。でっかい町だー
今度は泊まってゆっくり周ってみたいなぁ。



洋服店【Danza】
Danzaはイタリア語で踊りって意味です。
なのでマネキンも踊ってます。
もうなんでもありだなショーウィンドウ。



JUGEMテーマ:イタリア

きがついたら

 さぼり癖全開。

昨日ブログ村さんから面白いブログを見つけたので
『私もそろそろブログ再開しようかなー』って穴から出てみました。
今日中に2010年分のレポは終わるつもりだったのに、もう夕方ですねー
やりたいテンポレをいぢってたらなかなか上手くできなくて結局もとのに戻しました。

最近は仕事もなんやかんや忙しくて
イタリア語のレッスンにも行けず、ちょっとイタリアが遠くなってる

とりあえず、ボローニャの写真整理からはじめる~
Category: にっき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。