イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - 2010年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09南イタリアの旅6:マテーラ-3//お兄さんとの出会い

◆2009年7月11日~7月20日 南イタリアの旅レポ6◆

当時の風景が再現されている住居跡がいくつかあって
中に入って見て回れるようになっていました~



アンティークな雑貨がごろごろあって可愛かったッ
岩をくりぬいて作ってるだけに、微妙な凹凸を生かした家具の配置とか、
光を入れるための窓の位置とか、生活の知恵満載で見てて本当に楽しかったです!
住居部分よりもう一下層いったところに作られていたワイン蔵はほんのりワインの薫りがしました~



そうそう入口でおじさんに日本人かと聞かれて、
隣の部屋に入ったらちょっと待ってなさいね~といわれました。
ママさんも私もいったいなにが始まるんだろう・・・と思ったら
いきなり日本語のガイドアナウンスが流れ始めましたっ!!!
一緒に入った人達アメリカ人だったのに、なぜここで日本語アナウンス(笑)
おじさん気遣い有難う御座いました



昔のそのままの状態の住居がこれです。
本当に穴を掘ったんだなぁっていうのがリアルに分かって生命力を感じました。
このあたりの土質は柔らかくて掘りやすかったってガイドブックに載ってましたが
いやーそれでもやっぱりすごい。
ものすごい深くて、そしてものすごい広かったんです。



下に行けば行くほど涼しいので、ワイン蔵や貯蔵庫だったそうです。
そとの暑さはどこえやら。点々と開いている窓(穴?)から入る風がすごい気持ちいい。
壁は岩だからヒンヤリしていて、ちょっと寒いぐらいでした。


天井もすごい高いんです!
なのでぜんぜん窮屈な感じがしない。



マテーラの観光マップを貰ってぐるぐる巡っていた
『地下水貯蔵庫見れますよー』とめずらしく控えめな感じでお兄さんに声をかけられました。
そんなお兄さんにママさんがときめいて、地下水の貯蔵庫を見に行くことにしました。

中に入ると『これをみて進んでね』と渡された一枚のレポート用紙。
良くみたら日本語で書かれたこの建物の説明でした。

どうやらこの辺りに日本人のガイドさんがいるようで、
その方がいろいろ作ってくださっているようです。
『僕の友達が作ってくれたんだよ~』と色々教えてくれました。
とても分かりやすくてそれを読みながらママさんとガイドツアーごっこをしました。



この辺りの地下水を汲み上げるための井戸があった場所でした。
教会の地下にはまだ大きな地下貯水庫があって、ちょこっと中に入れました。
またその大きさが半端ないんですよ!!
すごいなぁ・・・・なんでこんなに大きなものがつくれるんだろう



最後にさっきのお兄さんとパシャリ
すごいいいお兄さんで色々マテーラのお話をきかせてくれました~
そのあと何度かすれ違うたびに挨拶をしてくれて楽しかった
ママさんはすでにメロメロでしたが、私も最後にお兄さんにメロメロでした(笑)


次回はマテーラレポ最後になります



JUGEMテーマ:イタリア
スポンサーサイト

マテーラ#6

マテーラの夜。
写真ブレブレだけどちょびっとアップします。
ありきたりな言葉で申し訳ないですが、幻想的な景色、それにつきました。










お祭りで花火があがっていました。
夜のお散歩をし終わってホテルの部屋に戻って休んでいたところ、
ヒューバババババンッッ
ドンッドドドンッヒューババババンッッ
と、かなり豪快な音が鳴り響いて驚いたのを覚えています。
風流...ではなく、お祭りだZE★!!!ってまさにそんな感じ。
急いで部屋からでて撮影しながらママさんとゆっくり眺めていたんですが、
気がついたら二人してパジャマでした
うわ~恥ずかしい!!と思ったんですが、両隣の方々(アメリカの新婚さんと、イタリアの家族旅行さん)もみなさんパジャマで鑑賞中(笑)
みんなで笑いながら夏の夜を楽しみました~
・・・にしても、この花火、なんとなく低そうな感じでした・・・・・・。



旅行記を全部書き終わった後にアップしていない写真をあげるかもしれないですが、
カテゴリー:マテーラの写真は一応これで終わりです。
マテーラのレポ記事はあと1本書きますね~

JUGEMテーマ:イタリア

マテーラ#5

マテーラを歩いていると、色んな形の教会に出逢えました。











今回の写真、3日間ぐらいのをまたいで持ってきたので
色がどれもこれもばっらばらでお恥ずかしいです・・・・・写真、上手くなりたい

JUGEMテーマ:イタリア

イギリスのお庭でイタリア留学話



mixiのイギリス好きな友達に誘われて
素敵なイングリッシュガーデンのあるティールームに行ってきました
あこがれの3段重ねのティースタンドでのアフタヌーンティーでした




お友達が紅茶屋さんに勤めていたことがあったらしく紅茶に詳しかったので
全然詳しくない私は『香りはきつくなくてー』とか『ミルクティーがおいしいやつ~』とか
色々好みを云うだけ云って選んでもらいました~お気楽ですみません。
お店のオリジナルブレンドがミルクティにあうとのことで、それにしてもらいました!



スコーンがやきたてでした!ほくほくサックリ美味しいのなんのって
ジャムが英国王室御用達のジャムで、これがまた本当に美味しくて....ッッ
帰りに併設してある紅茶販売のお店のひとに、あのジャムは置いてないんですか!と聞いてしまうぐらい。
残念ながら取り扱ってはなかったんですが、販売しているお店を教えて頂きました~

スコーン、キッシュ、サンドイッチに沢山のケーキ
紅茶もたっぷりで、おなかいっぱいになります!大満足!
平日に行ったんですが、お店の中はゆったりしていて、本当に居心地のいいティールーム。
予約してもらったんですが、そのおかげでとても見晴らしのいいテラス席に案内されました。



時期が時期だけにお花はちょっと寂しかったですが(そして天気もわるかった・・・)
お花満開の晴れた日はとっても気持ちよさそうですね~
でも、小雨のなかに見るイングリッシュガーデンもとても雰囲気よかったですよ!

なんだかんだでずいぶんゆっくりしてしまいました。
お友達との会話はずっとお互いの留学話。
クラスメイトになった世界各国の人たちの話でもりあがりました。
そしてオーストラリアに留学した人から必ずきく、週末はバーベーキュー!!
やっぱりこのお友達もそうだったようです。いいな~

そのままホームステイ中の御飯のはなしになったんですが、
お友達さんにイタリアは羨ましすぎる!!と云われて、
ちょっと『でしょでしょ毎日幸せだったよ~』と浮かれてしまいましたー
でも本当にうちのマンマの料理は美味しくてたまらなかったんです!
イギリスは料理話になると・・・・と、まぁ色々噂をききますが、
家庭料理ってどうなんですかねー

いろいろたくさん話てたんですが、
英語圏に留学に行くのと、それ以外に留学に行くのではやっぱり大きな違いがあるんだな~と感じました。
私は英語が喋れないので特にそれを強く感じたのかも。
その話はまたこんど留学レポでまとめて書きます~(いつになることやら



**********
St. Christophers Garden
セントクリストファーガーデン
自由ヶ丘

http://www.stc-inter.co.jp/top.html
**********

JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店
Category: にっき

ポンペイ展、悩む・・・

おひさしぶりのブログです。
飽きやすい性格っていうのは本当にだめですね・・・
先月あたりからちょっと新しい玩具を与えられてしまい、
今月から本格的にそれに夢中になってしまいましたー
仕事がちょっと忙しいっていうのもあるんですが、家に帰ってきてグッタリがおおすぎたーッ

でも、昨日イタリア友達のLUCAから
『15日から2週間日本にヴァカンツァに行くから遊ぼう~!!』
という超陽気なメールがきたので
これはだれてる暇はないなぁ~とブログを真面目に書こうと戻ってきました(笑〉

そうそう今年のイタリア旅行!
延期になりました・・・・・・・・・・・・
今年はママさんも私も仕事が忙しくなりそうなので来年に変更。
早くても来年5月かなぁと調整したんですが、
やっぱり夏の海でドカンと泳ぎたいので真夏まで待ってから行くことにしましたー
残念!! ことしはイタリアお預けです。
でもLUCAをはじめ、イタリアにいる友達が日本に遊びに来てくれるようなので
すごい楽しみにしています~会話、ちゃんとできるかな...


横浜でポンペイ展がありますね~
***********
ポンペイ展
世界遺産 古代ローマ文明の奇跡
横浜美術館
3月20日~6月13日

http://www.ntv.co.jp/pompei/index.html
***********

ポンペイには行きたい行きたいと思っていたんですがなかなか行けずで・・・
ですがついに!もしかしたら来年行くイタリア旅行でポンペイ周れそうなのです!!
先に展覧会行っておいた方がいいか、それとも来年までこの思い持ち越すか・・・なやみどころです。
とりあえず期間が長いのでちょっと悩もうかなぁと思っています。

Category: にっき

ソレントの絶壁階段



前回の記事のコメントでソレントの階段の話になって懐かしくなってしまいました~

ちょうどこの時の旅行は、カプリから船でソレントに入って2泊...とかだったんですが
持っていたソレントの地図が、それはもう簡略化されてたものでして、
港からホテルまでの道がまったくわからず、とりあえずは中心地に出よう!と歩き出したものの
地図上で途中で道がなくなっているところが・・・・

あれれおかしいな進めるって書いてあるのに道がない、と思ったら、目の前に↑の階段が現れました!!!

この階段を登るとすぐ中心地出れてホテルも近かったので、回り道をせず階段をのぼることにしたんですが、
重たいキャリーに首からさげたカメラ・・・この絶壁階段上れるのか!!!と。。。

ちょっとのぼって少し休み~ちょっとのぼって少し休み~を繰り返して、やっと登頂!!
そのあとの見晴らしがちょうど前回の写真↓でした。



見晴らし最高です
この↑の写真でみえている道路の右側が港に続いている下り道路なんですが、
とにかく交通量が多いのに驚きました~



スクーターに乗用車にバス!
狭い道の端っこをキャリーをひいて歩きました。



バスのすれ違いもスレスレ!
この路線のバスに乗って実際体験するのも面白かったかも~
今度行ったら乗ってみいたいな~
というか・・・・ここにバスが走ってるなら探せば港からバスに乗れましたね



階段の一番下はこんな感じでした。
ここの雰囲気とっても好きで、一度ホテルに荷物を置きに行ってから、もう一度写真を撮りに戻りました。
一緒にまた階段の上り下りをしてくれたツネありがとう!!



見上げた写真。いっぱいの階段ってちょっと可愛いな
上るのは大変だけど(笑)


JUGEMテーマ:イタリア
Category: にっき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。