イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - 2010年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の夏はカプリかな


Capri カプリ

今年の夏のママさんとのイタリア旅行予定

いまのところ、カプリ・イスキア島あたりにしようかなぁという話が出てます。
2006年以来のカプリ!楽しみです。

ママさんとは細かいところで好みが分かれます。
海好き!!山好き!!自然遺産大好きなママさんと、
中世の町並み好きー遺跡ラブー!!な文化遺産大好きな私。
今回の行く場所はどこにしましょう?という話し合いは大抵すんなり決まりません。

ママ : 海!海!泳ぎたい!!
ぱら : いやだー!!トスカーナ行きたい!!まったりしたい!!
ママ : あんた、トスカーナしか行きたがらないじゃない。
ぱら : っていうか、シエナでいいじゃん。シエナしよう!

.......と、まぁいつもこんな感じです。
私はいつもシエナに行きたい、としか云わないので、
ママさんが『ここ行きたい~』って云ってくるところにだいたい行くことにしています。
でも、いまのところ2回に1回はシエナに行くように計画を勝手にたてます

とりあえず今年は、去年せっかく南イタリアに行ったのにまったく泳がなかったママさんのために
『イタリアの海で泳ぎまくる旅』に決まりました~

上で書いたように好みが分かれるので好きな町も違ったりするんですが
カプリは二人してものすごーく好きなんです!
それとずっと気になっていたイスキア島!!
初めて行くのでどんなところか楽しみです~

あとは去年映画でみたアマルフィ。
映画を見ても『アマルフィって素敵なところね~』とはならず、
あまりの映らなすぎにむしろ『アマルフィってどんなところかなんだ!?』ってとても気になったので
アマルフィ海岸のあたりもプラ~って出掛けてみたいなぁ。

カプリ滞在中にこれまた好きなソレントにも足をのばしたいです
前回行った時、ものすごい雨女な友人ツネと一緒だったので、大雨豪雨の大嵐で大変だったんです・・・
せっかく行ったソレントで見たのは、ものすごい大きな雨雲でした笑
でも雨があがったあとにすごい綺麗な虹がみれたのは、ツネのおかげだなぁ

今年は綺麗な夕日が見れますように!


Sorrento ソレント
スポンサーサイト
Category: にっき

思い出日記は難しい

仕事片付けたらアルベロベッロまでの旅行記書き上げる!
マイペースにやりすぎて忘れていきそうです笑
脳みそからこぼれ落ちる記憶…がんばろう!


あとに残そう(旅行記を書こう)と思って旅をするタイプではないっていうのが、
今回こうやってブログを書いていて改めて分かりました。
とにかく、本当に写真が酷くて泣けてきますー
もっとご飯とかホテルの外観とか、町の雰囲気とか観光場所の周りとか、写真撮ればよかったなあ。
イタリアに行くようになってから色んな人の旅行ブログを見るようになったんですが、
皆さんの情報量の多さと細かさと的確さに毎回本当に助けられてるなぁと思いました。
ガイドブックもいいけど、そこを旅したイタリア好きな人の記事を読むと本当に行きたくなっちゃいます!

ガイドブックに載っていない場所の写真や、路地裏のお店。
ホテルの朝食の美味しさや現地の人の雰囲気。
そういう現地の空気感が伝わる記事ばかりですごく幸せになります。

でもほんと、読むのと書くのは大違い!難しい!!
私のブログ、『階段降りてぐるっとまわったら着きました~』とか曖昧しぎる笑

読んでくれた人が
あーここ行きたい!とか
あそこ良いよね~とか
そんな風にその場所を近くに感じてくれたら嬉しいですね~

あとで残すことを考えて旅をしたら、今までとはまたちょっと違う旅になるかな。

とりあえず、一緒に行けなかった友人が一緒に行ったような気分になれるような南イタリア旅行のレポをかくよ!
Category: にっき

マテーラ#4

マテーラ、散歩して見えた風景






ウチのオカンはビデオカメラとデジカメの両使いです。いつも大忙しです。
私はデジタル一眼とケータイの写メとポラロイドで大忙しです(笑)






とにかく上下激しい町なので階段を登ったり降りたり登ったり降りたり!


美にゃんこに遭遇。
猫を5匹飼っているんですが、この時は留学中で本当に猫禁断症状で寂しかったです・・・
野良には基本触ったりしないのですが、怖がられない程度に近づいて写真は撮らせてもらってます。


暑いのでにゃんこは基本、日陰。


こっちも日陰で涼み中にゃんこ~可愛いよう!


JUGEMテーマ:イタリア

09南イタリアの旅5:マテーラ-2//ホテル

◆2009年7月11日~7月20日 南イタリアの旅レポ5◆




マテーラでは【LOCANDA DI SAN MARTINO】というホテルに2泊しました。
ヴィットリオ・ヴェネト広場のすぐよこにある階段を使えばすぐに辿り着ける立地のよい旧市街のホテルでした。
サッシを改装をした客室に泊まることができました
フロントで鍵を貰ったら、一旦外に出て自分達のお部屋まで移動、という形でした。
お部屋の前にはテーブルが用意されていて、目の前に広がるサッシ群を見ながらお茶会ができてすごいお気に入りでした~
日陰になるのでまったりできます。



すいません。。。ものすごい汚い状態の時にとりました(笑)
お部屋はとてもシンプルなんですが、テーブルや棚の色の統一性とかすごい優しい雰囲気でした。
ランプの造形がすっっっごく可愛くて欲しくなっちゃいましたー
町自体も昼間はすごい静かなので、とってもゆっくりできるホテルでした。

サッシの中はひんやりととても快適温度で、真夏なのに冷房いらず~
窓をちょっと開けておくと、すごくいい風が入ってきてとても気持ちよかったです!



洞窟をくりぬいてます!!!といわんばかりの外壁。
でもこれのおかげでヒンヤリ気持ちいいんですよね~生活の知恵はすごい!
部屋の広さは本当に2人でちょうど良い感じでした。
洋服も充分掛けられるクローゼットも完備されていたし、
なによりバスルームが広くて快適でした!!(この写真の奥側になります)
テレビや冷暖房も不備はなく、お部屋も綺麗で申し分ありません。



広いバスルームは大好き
シャワーブースとバスタブがありました。
バスタブはなんとジャグジー付き!
いっぱい歩いて探索する旅人にはとっても有難い~ぶくぶくぶく

朝食を撮り忘れましたが、所謂出来合いのものではなくて、
マテーラの郷土料理をベースにした食べやすい料理が用意されていました。
散策するためのエネルギーになるお肉ものから、美味しいドルチェまで幸せのかぎりです。
お姉さんが3人ほどいて、カプチーノを入れてくれたり料理を取ってくれたりします。

このホテルで思ったのは、やっぱり人がとても良いということでした。
フロントの方達も、清掃のお姉さん達も、みなさん対お客様としての接客もしてくれるんですが
それ以上に楽しくお喋りしてくれたり、質問にも懇切丁寧に答えてくれたり、すごい気持ちよかったです。

このホテルは絶対リピート!!
新市街地にお買い物行くにも、旧市街地を探索するにも、どっちも都合がよくお値段もリーズナブル。
おすすめですよ~


JUGEMテーマ:イタリア

マテーラ#3

旧市街地の可愛い建物の写真




道路の舗装工事をしているところが多かったです。
やっぱり、コンクリートの味気ない路より、こっちの石のほうが断然好き。






旧市街地の目立ったところにある階段は大抵低めの幅広タイプで登りやすかったです。
ただ、裏道にはいるとものすごい急な階段があって運動になります~


JUGEMテーマ:イタリア

いまさらのちょこ

100211_101321.jpg
いまさらですが今年のチョコ画像、友チョコver

トリュフ作ったんですが、簡単だったしすごい低予算で出来たー
申し訳ないので包装を可愛くしてみましたーソニプラのやつ。

イタリアにはカードを送ったんですが間に合ったかなあ。

そういえば、イタリア語で『いまさら』ってなんていうんだろう。
Category: にっき

09南イタリアの旅4:マテーラ-1//散策

◆2009年7月11日~7月20日 南イタリアの旅レポ4◆



【MATERA マテーラ】
バジリカータ州。つま先と踵の丁度真ん中あたりです。
『サッシsassi』と呼ばれる洞窟住居が有名な世界遺産の町です。
マテーラのwikiはこちらからどうぞ~


バーリの空港から専用車にゆられてやってきましたマテーラ。
もうインパクトがでかすぎて、口ぽかーん
日本で写真は何枚か見ていたんですが、全然印象が違いました!
当初のイメージはこう言っちゃうと酷いんですが、
『薄暗いドヨーンとした廃墟』だったんです・・・・・・
だって貰った資料写真がみんななんていうか
ドスーン!ドヨーン!って感じで、ここ個人旅行で行って大丈夫なのかなぁって不安になるような。
それでいつもお世話になっている旅行会社のS籐さんに話を聞いたところ

ママ : マテーラは昼間の明るい時間帯の少しの間しか観光できないって聞いたけど....
S籐 : それいつの時代の話ですか(笑)いまはそんなことないですよ~
ぱら : ツアーで行った方が危なくないかなぁ。観る所わからないとかならない?
S籐 : お二人には個人旅行で自由に探索するのがお勧めです!サッシ群は圧巻ですよ!

ということで、S籐さんの一押しマテーラは、本当に本当に素晴らしかったです!!!
たしかに暗いところもあったけど(洞窟住居なだけに底深くまで掘って生活空間にしていた為)
旧市街のサッシ群は歩きやすいように道も舗装されていたり看板がでていて周りやすかったー
それなりに観光地化もされてきているのかもしれないけれど
風景を壊さないように同じ石を敷いていたり、おみやげ物屋さんの外観が可愛かったりと、雰囲気がとてもよかったです。



7月のマテーラはとにかく暑い!!
この旅行中は本当にどこもかしこも暑かった
でもサッシの中はすっごい涼しいんですこれが!
まったくの冷房要らず。生活の知恵って本当にすごい。
ただ、サッシ群の中はお店が少ない(というか本当にない)ので
お水や食料はちゃんと持っていって探索するほうがいいとおもいます。
準備があったら、ちょっと日陰に入ってサッシ群を眺めながら休憩する、なんてことが気軽にできますもんね

マテーラは迷うかな~と思ってたんですが地図がなくてもだいたい回れました。
上の写真の奥に建っているのがドゥオーモなんですが
そこを目印に歩くととても歩きやすいのです~



旧市街地を取り囲むように舗装された車道もあります。
この車道を歩きながらグラヴィーナ渓谷を見ることができます!
上の写真には写ってませんが、ちょうどこれの左側になります。
右を向けば人間が作り出した美しい生活空間の数々、
左を向けば自然が作り出した力強い景観。とても不思議な世界でした。
ミスマッチのような、でもこの土地だからこその景色。圧巻です。



壁が白いので、夜になると町を照らす暖色のライトがとても綺麗でした!(写メ荒くてすみませんっ)
ママさんとの旅の夕ご飯は大抵地元の惣菜屋さんで色々かってお腹いっぱいたべる!というのが主流で、この時はとっても美味しいパン屋さんを見つけてそこで色々かって食べていました。
あと新市街地には朝市もでるので、そこでフルーツやお肉かったりして食べたり。
イタリアの市場はいつも野菜のコントラストが強くて見ていて楽しいですね~

マテーラの夜の話に戻りますが、
ちょうど夏の時期だったのでお祭りが毎日開催中でした!
夜20時ぐらいに出歩いてジェラート食べて打ち上がる花火みて、夏の夜を満喫



新市街地を散策してると、そこいらになぞのアート作品が。
これは魚の胴体から足が生えていました。
イタリア版:タンノくん(PAPUWAくん)だよ!!って一人盛り上がってました笑
フリーで入れる美術展も開催されていたりと、アート色もとても強い町でした。
気軽に楽しく美術と触れ合えるのは、あまり詳しくない者にとっては嬉しいですよね


次回はマテーラ散策その②です


一個前の南イタリアの旅レポはこちら

マテーラの写真はこちらからどうぞ↓
そのいち~町の風景  //  そのに~ドゥオーモ



JUGEMテーマ:イタリア

単語に迷子です

100216_125307.jpg
イタリア語の宿題がまた疎かになってしまいました…
全文の訳は時間なくて無理なんでとりあえず分からない単語だけ辞書ひいてみたー
電車の中であとは訳そうと思ったのに、分からない単語が多くて時間かかった!
もっとこう、さくさく暗記できる脳みそ欲しいなあ。
Category: にっき

09南イタリアの旅3:再会、出発

◆2009年7月11日~7月20日 南イタリアの旅レポ3◆



ステイ先のシエナを離れてフィレンツェに一週間滞在。
フィレンツェ近場の別荘地にハイキングに行ってたそがれたり
ボローニャで大雨にふられ迷子なって悲しくなったり
オルヴィエートで井戸の中にもぐって恐怖に慄いたり。
楽しい毎日でした

ステイ先を離れて一人生活するのは寂しいかなぁと思っていたけど
毎朝美味しいカプチーノを飲んで
あのフィレツェの景色の中での生活はすごい楽しかった!

そんでもってイタリア留学最後のイベントは、
ママさんと合流しての南イタリア旅行でした~



写メで時刻表をパシャリ
最初は目的地に着く時間だけをメモっていたんですが
時間通りにはなかなかいかないので(笑)
最終的には停車駅全部知ってるほうがいいな~と思って写メるようになりました。
見方は簡単。
太字で書いてある【ROMA TERMINI 14.48】が行き場所と到着時間。
これだとローマのテルミニ駅に14時48分に着きますってことです。
その下に書いてある細字は途中停車駅名。

この路線の停車駅すごくないですか!
アレッツォ、コルトーナ、キウージ、オリヴィエートetc...
線路の両脇には向日葵畑が広がって、遠くの丘の上に教会がぽっこり見える。
田園風景のなかをガタガタと激しい音をたてて進む電車でした。
(新しい車両のときと古い車両のときがあって、この時はものすっごい古い車両で暑かった!!)

ルルッルッルッルル~ルル~ル~ル~
世界の車窓から気分ですよね~
荷物のパンパンに詰まったトランク持って、はち切れそうなリュックを背負って、
ぶらり電車の旅のお供はフィレンツェで買ったパニーニでした。

電車に乗って一人旅をするとき、大抵色んな人が喋りかけてくれたり
折紙で遊んでると興味をもってくれたりと色々構ってくれるので、3時間の道中もあっという間です。
この時はアメリカから旅行にきている大家族に囲まれ、ずっと歌を歌ってました。
英語?全然喋れないけど、そこは勢いでカバーです

ローマのテルミニ駅についた後、電車【Leonardo Express】でフィウミチーノ空港へ。
この時、駅のホームにあった切符購買機で切符を買ってたら問題が・・・・
四方八方をおじさんに囲まれてしまい、これはスリをされるなぁ~といった状態。
気を抜かないようにカバンをちゃんと握って回避。
『うわ~めっちゃ怖い~どうしよう!!』って怯えたり慌てたりしないで落ち着いてれば大丈夫ですね
フィレンツェも大きい駅ですが、こんなにあからさまなことはされませんでした。
やっぱり治安が悪いのかなぁ。

空港までの直通電車は30分に1本ぐらいのペースでテルミニ駅から出ていました。
フィレンツェからの電車がついたホームはたしか3番線あたり。
そこから空港行きのホームは24番。重いトランクを持って移動。
でもここでもやっぱり問題が・・・
ものすごく電車が遅れ、結果ホームも変更されてまた大移動するはめに・・・!!
やっときた電車に乗り込み(この電車はとっても新しくて快適で綺麗でした)空港へ。



この日は日本から来るママさんが19時フィウミチーノ着だったので
空港近くのヒルトンホテルに泊まる予定でした。

先に一人でチェックインを済ませ空港散策。
ラウンジでカプチーノを飲みながらまったりしていたら、飛行機が一時間も早く到着!
慌てて到着ロビーでママさんが出てくるの待ち、その後久しぶりの再会 
全然久しぶりにあった感じもなく、そのままホテルで翌日からの日程の打ち合わせでした。

初めて泊まったヒルトンホテルは、部屋も広いし建物も広い!
テニスコートやプールも付いている久しぶりのリッチホテルであわあわしちゃいました笑
翌日の朝食ビュッフェの種類の豊富さと、カプチーノの美味しさは満足~

そして飛行機で初めての南イタリアへ
フィウミチーノ空港からアリタリア航空でバーリに行き、
マテーラのホテルまで空港から専用車で送迎してもらいました。



目の前に広がる初めての光景。
写真で見たときのイメージを180度変えられた町、マテーラ。

次回のレポはマテーラです


JUGEMテーマ:イタリア

イタリア語ノートまとめ


授業はガガガが~ってノートを取ってしまうので
一からまとめ直してます。
綺麗にまとめられる人って羨ましいなあ。
Category: にっき
»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。