イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - 2010イタリア旅行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルグル井戸にびっくりドゥオーモ!@オルヴィエート

 2010年イタリア旅行【その17】

旅行最終日は、ママさんの行きたがっていた世界一美しい丘上の町オルヴィエートOrvietoに行ってきました。
留学中にひとりで遊びにいった町で、とても好きになったところだったので
ママさんに『オルヴィエートすごい良かったよ~!!』とおすすめしてたのです。
イタリア語の先生アンジェロにもここのドゥオーモは一度は見たほうがいいよと言われ、ママさん期待の町でした。



サン・パトリツィオの井戸

町が高台にあるので、列車を降りて駅の目の前にあるフニコラーレに乗ります。
フニコラーレで上に登った後、その近くにあるサン・パトリツィオの井戸。
とにかくここにママさんを連れて行きたかったのです。

下に降りる階段と、上に昇る階段がぶつからない設計になっているこの井戸。
独特な雰囲気。
音が反響して、前後左右どこから声がしているのか分からない感覚になりながらグルグル階段を歩きます。

窓がぽこぽこ空いています。そこから見上げて見える景色はとても不思議な世界。



外見はとてもシンプルですが、オルヴィエートに行ったらぜひグルグルと階段をまわってみてください~!!

オフシーズンなだけに、以前きたときよりも人がいなくてとても静かな町でした。
この町も迷路みたいな旧市街を探索するのが楽しいです。
少し歩くと城壁にぶつかりその目の前に綺麗なパノラマが広がります。
高台にあるだけに、天気がいいと遠くまでゆったりした景色が見れますよ~!



クリスマスシーズンなので派手な飾りものが路上を盛り上げます。
こういったキラキラした装飾、本当に可愛いなぁ



ひょっこりお肉屋さんからのぞくイノシシ。
留学していたシエナでもイノシシのお肉は有名でしたが、
ここオルヴィエートでも食べるんですね~



オルヴィエート最大の見所、ドゥオーモです。
とにかく大きい!
目の前の広場も決して狭くはないですが、全然全体像を収めることができませんでした......

この中のにある聖ブリッツィオ礼拝堂の壁画がとても好きで、今回も長居をしてしまいました。
パイプオルガンもとにかく大きくて、どれもこれも見上げてしまうものばかり。
静寂さと空気の透き通った雰囲気をもつこの町そのままのドゥオーモに、今回も感動したのでした。

入口正面には扉が3枚あるんですが、
前回はその真ん中の一番大きな扉が開いていて外から中がみえるようになっていました。
心を鷲づかみにするその神聖な空間。イタリアならではですね。



列車の時間がせまっていたので急いでお買物。
毎回ついつい買ってしまうのがご当地マグネット。
ここにも可愛いマグネットがいっぱいでした~



フィレンツェから遅い電車でのらりのらりと二時間半ぐらい。
2回日帰りでしたが、今度は宿泊してみたいな。
オルヴィエートの高台から夜景をみてみたい!

そうそう、このフィレンツェ~ローマ間には素敵な町が沢山あるので、
この路線は窓の外を眺めているのが楽しくてしかたないです!!



あと驚いたのは、電車の中に停車駅の表示ができていたこと!
日本ではあたりまえだけど、イタリアにはこれなかったんですよね~!!
見方がいまいち分からなかったけど、これがあるのとないのとじゃ違うんじゃないかなぁ。便利便利!


さて、これで2010年のイタリア旅行記も終了です。
今回初めての町には行かなかったので、写真はどこも少なめでした。
その分、現地の人と交流したり、歩いたことのない路地を散策したり、また新しい楽しみ方ができました。

留学でお世話になったシエナのマンマ・マリーザが本当に家族のようにまた接してくれたことが嬉しくて
今度はいつ行けるのかなぁっていつも考えています。
向こうで待っててくれる人がいるっていうこの環境は大切にしなきゃですね。

その前にイタリア語の上達!がんばらないと!!

今年は9月にフランス、イタリアですよ~準備準備



スポンサーサイト

弾丸シエナ巡りもおしまいです

 2010年イタリア旅行【その16】



シエナをぐるっと観光したあとは、イタリアマンマ・マリーザの待つ家へ
一年半ぶりに会ったマリーザは相変わらず優しかったしよく喋る元気なマンマでした。



遅めの昼食を一緒にしようといってたんですが、でてくるメニューが全部私の好きなものばかり
もうほんとどこまで優しいのマリーザ!!

カルボナーラに生ハムにキャンティのワインどれも相変わらずの美味しさで幸せでした

『ちょっと太ったわね~』とぎゅっとしてくれたり、
『はやくイタリアに戻ってきなさいよ。来年には必ずね!』と嬉しいことをいってくれます。



食後はエスプレッソ飲みながらまったり~

お客様として迎えてくれるんじゃなくて、家族として迎えてくれたことが本当に嬉しかった。
懐かしい思い出話をしながら楽しく過ごしていたんですが、
ふと横を見るとちょう緊張している日本のマンマ....
ママさん、相当緊張していたらしく、まったくイタリア語が喋れずたじたじでした~
私は明らかに当時より単語がでてこなくなってましたが、気にせずガツガツ喋ってました。
意味不明な文法になるたびマリーザに『ちゃんとイタリア語を喋りなさい』と云われてしまった....


弾丸シエナ巡りはまだまだ続きます。
ヨガ教室に向かうマリーザと別れて、再びシエナのチェントロへ戻ります。

今度はシエア留学をずっとサポートしてくれていたアツコさんと夜のシエナ散歩です
カンポ広場でお茶をしながらまったりお話。
気がついたら3時間ほどたっていました・・・盛り上がったシエナ女子会でした

アツコさんはイタリア人男性と結婚してイタリアでもりもり働く2児の母。
ものすっごい面倒見のいい人で何度もお世話になりました~
ナイスバディの迫力美人、流暢なイタリア語と英語を使い分け、料理の腕もピカイチです。
ぱらこ憧れの女性。大好き~!!

そんなアツコさんに
『最近日本じゃ草食系男子なんていうのが流行ってるんだって?やっぱりイタリアーノ(イタリア人男性)がいいでしょう?はやく戻ってきちゃいなよ!!』
といわれ、ママさんを横に『そうですね再来年には戻ります』と元気よく返す私


最後には大雨でしたが、久しぶりのシエナを大満喫!
今回の旅の目的でもあったシエナ再訪。
大切な町の大切な人たちにもまた会えてとても幸せでした~

あと1日、オリヴィエートで旅は終了です。


JUGEMテーマ:イタリア
 

シエナの好きなとこ

 2010年イタリア旅行【その15】


ドゥオーモ付属美術館はシエナで一番好きな美術館です。
なんてったって、あの1階の彫刻のど真ん中にいれる空間のたまらなさ。
いくタイミングが良いのか、いつも美術館内に2、3人とかなので、
贅沢な空間を独り占めできます。
彫刻にかこまれて、目の前にあるステンドグラスみて、何時間でもあの空間にいれる!大好きだー

この美術館には展望台がついていて、シエナの町を見下ろすことが出来ます。
マンジャの塔に登ってみるのもいいですが、
こっちに登るとそのマンジャの塔と一緒に町の写真も撮れるから、こっちが私は好きなぁ。
カンポ広場がばっちり見えないってのがちょっと残念ですが。
あと、高所恐怖症の私にはあのマンジャの塔のスケスケ階段は難易度が高すぎました



展望台にのぼって見えるカンポ広場の方角。
天気が残念ながら悪かったんですが、雨のシエナもいいもんでした~
いやシエナならどんな天気でも似合うと思うけど(といっちゃうぐらいシエナ狂いなんです...



展望台は狭いグルグル階段を登って真ん中、もっと狭いグルグル階段を登って最上階に行くことができます。
上のは最上階の写真。
風が吹くと、それなりに恐怖....

あとは同じような写真ばかりですが、シエナの町の景色をいっぱい貼っちゃいます↓













天気がいいともっと遠くまでトスカーナの景色が見れます。
大好きな場所。
怖いけど、天気がいい日はここに昇って展望台でのんびりしてました~懐かしいなぁ


JUGEMテーマ:イタリア


シエナの水曜朝市-mercato-

 2010年イタリア旅行【その14】

旅行5日目。レポ残りも2町になりました。
大好きなシエナの登場です!!

09年に留学していたのが、ここシエナでした。
大好きで大好きで旅行するだけじゃ飽き足らず、少しだけでも行って生活してみたくなったシエナ。

さてさて、シエナに日帰りで行くとするなら水曜日でしょう!!
ということで、水曜日にフィレンツェからSITA社のバスで行ってきました。


SIENA-mercato-

シエナでは、水曜日に大きい朝市が開かれます。
フィレンツェからのバスが停まる終点のグラムシ広場から、メディチの要塞までとても大規模ですよ~
洋服、バック、アクセサリー、靴、下着、日用雑貨、食材、ごはん、植物.....なんやかんや盛りだくさんです。
留学中は夏だったので水着もあったし、この旅行中は冬だったのでコートが沢山ぶらさがってました。
ホタテ水着を買ったのもこの朝市でした

朝から昼過ぎまでやっているので、
学校に行く前にぷらっと寄って、帰りにクラスメイトとがっつり買物をする水曜日でした。
翌日にみんな買ったものを見せ合ってお披露目会をするっていうね 楽しかったです♪

ものすごい数のお店が出てるんですが、一応ゾーンごとに別れていて買物しやすいかなぁ。
私はマイベスト洋服出店とマイベスト靴出店があって、そこで大体買ってあとは流し見。



ここはいつも混雑しているゾーン。両脇にお店が並んでいるのでもうごっちゃごっちゃしてます。
煙草吸いながら歩いてる人がいたり、犬を連れていたりと、油断できません!

そういえばお店は違えど、結構同じ商品があったりするので、
翌日学校に行ってみると何人か同じ服を着てたりしてたときがありました。
町中すれ違うひとが同じ服きてたりとか。

予想外の天気だったので持っていった服が着れず、
普段着なんかは5~10ユーロのものを大量に買って着たおしてましたよ~
お値段なりにペラペラだったものもありますが、いいものはまだ現役で着てます。

お店の奥に車が停まっていて、そこの中が試着室になっていたりします。
あと買った服をハンガーごと袋につめるとかが面白かったなぁ。
最初はもらってたけど、3回目ぐらいからは溜まる一方なので全部お断りしてました。



こちらは靴ゾーン。
サンダル、ブーツ、スニーカー、普段使いからフォーマルまでどうぞ~
お値段ピンキリです。

お店の前にダンボールが敷いてあって、そこでみんな試し履きしながら
店主の方とあーだこーだといい交渉しています。
私もイタリア語がちょっと喋れるようになってまずしたのは、ここでサイズや値段のやり取りでした。
スムーズに出来たときはもう本当に感動だった
普通のお店に入って実践するよりかは緊張度合いが低かったので
ここで習ったばかりの言い回しとかを使って実践してました。



公園の中のお店は植物系が多かった気が。
イタリアマンマのマリーザはガーデニングが好きだったのでよく買ってきては庭に植え替えてました。

いつもいつも物凄い人で混雑しています。
マリーザに『シエナの他のところはそんなに危なくないけれど、この朝市はスリもいるから気をつけなさいね』とよく言われていました。

楽しいくてついついいっぱい買物しちゃって手荷物が増えたり、
試着なんかで注意力がほかにいっちゃったりしないように気をつけないとです



公園にあった小さなメリーゴーランド。か、かわいい!!!
この日は9時のバスに乗って10時過ぎにシエナについて、ゆっくり朝市めぐりをしました。

次は大好きなドゥオーモに移動します~



JUGEMテーマ:イタリア
 

ボローニャでボロネーゼを食べてみた!

  2010年イタリア旅行【その13】

前回一人旅で訪れたとき、
『やっぱりボローニャだけにボロネーゼは食べるぜー
とお店も調べずに来てみたのですが....結果、食べれず普通に観光して帰りました。残念。

イメージ的には、ボローニャのメイン通りには
『ボロネーゼやってます!!』みたいな看板を掲げたお店がいっぱいあるだろうと思ってたわけです。
苦労せずに見つけられそうだから、その中でどこかいいとこにでも入ろうかな~と。

ところが、まったく見つからず。
所謂、観光地のレンストランっていうのすらなかった(見つけられなかった、が正しいですね

今回は事前に調べておく前にPCが壊れてしまったので
結局調べていくことは出来なかったんですが、
旅人の強い味方!ガイドブック★地球の歩き方'09~10に載っているところに行ってみました。



Da Bertino
via delle lameにある家庭料理のリストランテです。
マッジョーレ広場から歩いて30分するかしないかぐらいでした。
途中写真撮ったりお店入ったりしてたのでもう少し短いかもですが。

お店についたのはお昼ごろ。
すでに中は結構な人で賑わっていました。
入ってすぐ右手側にはカウンターがあり、その中で数人のカメリエーレが忙しそうに働いています。
カメリエーレの方々の年齢層はどちらかというと年配の方が多め。
お店の名物おばあちゃん(なのかな?)がニコニコと笑って奥へと手招きしてくれました。

全部で3つぐらいのホールに別れてて、
奥にある一番広いところのテーブルに着きました。
近くには30人ほどの大テーブルに座る大家族のご一行様が。
もうすでにガヤガヤと大盛り上がりです。
喋る食べる喋る食べる移動する喋る食べる食べる食べる喋る食べる....

忙しいです

周りはビジネスマンも多く、
男の人2人で仕事の話をしながらの昼食。
でもテーブルにはワイン。さすがです。

さてさてボロネーゼボロネーゼ~♪
おじさんが注文を聞いてすぐさまテーブルをセッティングしてくれました。

席の隣には厨房の出入り口があり、昼食時の戦争模様がすこし見えました!ラッキー!!
運び出される料理がどれもこれも美味しそうで、
歩き回ったあとということもあり、お腹の準備は万端です!さぁいつでもこい!




きた!! なんかすごい美味しいのがきた!!!!!!!
これすごい美味しかった!!!!!!
おじさんがチーズをたっぷりかけてくれたよ

お肉の味がほっっっっっっっっんとはんぱないこれタッパ詰めて持って返っていいですか?ですよ。
これが家庭の、マンマの味って言われるのわかるなぁあああって。
味はそれぞれ違うけど、マンマの味ってこういうのっていう感じそのまま。
美味しいなぁ。これ鍋ごと持って返りたかったなぁ。みんなに食べさせてあげたい。
パスタの食感も、もちぷるんって、お肉とよくからんでそりゃもうたまらなかった

なにげにぺろりといけそうかも~っと思ってましたが、
一口一口大切にもぐもぐしすぎて満腹感が.....
もっと他の料理もいっぱい食べたかったなぁ。



お肉料理を頼むと、テーブルの近くで調理してくれますよ!!!
これは是非ともリピートしてお肉料理を食べねば

デザートにはティラミスを頼み、カプチーノで締め。
甘いものもすっごく美味しかったなぁ。
ここはオススメであります!!!
地球の歩き方、本当にありがとう

空いているテーブルで、おばあちゃんがずっとリンゴの皮を剥いてました。
目が合うとニコニコ笑顔。

このリストランテ、美味しい料理に優しいお店の人たち、
お客さんは地元の方々で雰囲気も良く、イタリア感満載です



さてさて、いっぱい食べたので歩いて国立絵画館へ。
この美術館は広さも貯蔵品も好みで、
またボローニャに来たときには寄りたいなと思ってたので無理やりスケジュールにいれました。
ママさん付き合ってくれて有難う。


帰りに8月8日広場にある公園の中を通って駅に戻ります。



白樺っぽい木がいっぱいあって、こういう景色綺麗だわーと写真を撮り始めた途端、
なぜかイチャイチャし始めた恋人さんたち....
絵になるのでとても有難かったです



さて、ボローニャもこれでおしまいまです。
なんていう観光名所がないレポ。。。。すみません

翌日はイタリアマンマに会いに1年ぶりのシエナへの帰郷気分な旅でした。



JUGEMテーマ:イタリア
»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。