イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - 機内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出発:上空からヴェネツィア……み、見えた?【1日目】

2014年北イタリア旅行その8
【この旅のもくじはこちらからどうぞ】




ヴェネツィアへの飛行機の時間になりました。
よし、あともちょっとでイタリア上陸だ!!


DSCN1886.jpg


そう、飛行機の旅の楽しみの一つといえば、
普段見ることが出来ない  『空から見た世界』



見たいーーー!!!

上空からヴェネツィア見たいーーーーー!!!!!!




ということで、事前にネットで調べましたよ。
『フランス ヴェネツィア 飛行機 座席』で検索すると、
ヴェネツィア訪問の先輩方の記事がザクザクでてきました。有難い~!!

どうやらフランス@シャルルドゴール→ヴェネツィア@マルコポーロ空港への利用では、
進行方向に沿って右側に座ると、窓からヴェネツィアの本島が良く見えるようです。

飛行機の予約時に右側の席をリクエストして準備万端!
ヴェネツィア綺麗に見えるかな~楽しみ楽しみ



DSCN1888.jpg

道に沿って並ぶ風力発電の風車。
これはどの辺りなんだろう?



DSCN1892.jpg

DSCN1896.jpg

この線みたいになっている棒状の雲?煙?がずっっっと続いていて。
かなりの時間窓の外にこの棒状の雲が見えていて、なんだろうかってママさんと話していました。

帰ってきてネットで調べてみたら、
地殻変動によって生じた電磁波による影響で出来る『地震雲』という棒状の雲があるらしいのですが、
……それだったのかな? 謎だし、ちょっと怖いってくらい本当に長い間、並走しておりました




DSCN1890.jpg

怖いー怖い―とかいっていながら、食べ物が出てくるとすっかり上機嫌になるお手軽ぱらこ

CAさんに緊張して「コ、コーヒーぷりーず」しか言えない。いつも通りの進歩なし子。
CAさんて美人さんだったり格好よかったりで、毎度緊張してしまう旅慣れない親子。

パンオショコラはえらい冷えてました(笑)



DSCN1893.jpg

DSCN1895.jpg

眼下にはアルプスの山々が見えてきました(多分きっとこれはアルプスなはず)

山は詳しくないんですが、唯一知っているアルプス山脈の山といえば、マッターホルン。
イッテQ好きな我が親子は、窓の外の山を指さし「あれがそうだ」「いやあっちだ」「もっと尖がってた気がする」と大盛り上がり。
実際どれがマッターホルンだったのか分かりませんでしたが(というか見えていたのかも不明)

シャルルドゴールからイタリアに入るとき、大抵フィレンツェ入りするんですが、
2時間ちょいの飛行時間ずっと爆睡してしまうので、こうやってヨーロッの国を上から見るのはとても面白いなぁ。
雪をかぶった山や、可愛い屋根の家、エメラルドに光る湖など、どれもこれも綺麗です
イタリアが大好きだけど、ヨーロッパの国々はどこもみんな魅力的で行きたいところが多すぎます。




DSCN1898.jpg

もうすぐヴェネツィアというところで、残念なお知らせが。

現地はどうやら雨とのこと。
窓の外もさっきまでの良い天気はどこへやら、雲が出てきて灰色の世界です。


これは見えるの?見えないの?どっちー!!?

ヴェネツィアに飛行機入りするのはもう当分ないだろうから、
綺麗にドーンと見たいなんてそんな妄想に耽ってばかりいたけれどそれはもう諦めますから、

お願いです!ちらっとだけでも見させてくださいーーーー!!!!!!





DSCN1899.jpg

DSCN1900.jpg

DSCN1901.jpg

DSCN1904.jpg




み、見えた? 見えたって言っていいかな?
すごいボヤっとしてたけど、見えたってことでカウントしていいですよね?



よ、よし。凄いぼやけてたけど、





見えたーーーーーー!!!!!!!





ヴェネツィアの本島を目の前に進行方向に向かって左側に曲がって、
着陸前に右側の席だとヴェネツィアの本島が窓の外に見えました。

これ降りてからふと思ったんですけど、左側に座ったらどんな景色が見えたのかなって。
天気がいい時にまた乗ってみたいし、左側の席から見える景色っていうのにも興味が湧きました。

とにかく、まぁなんやかんや思うところはありますが、
上空から(灰色の)ヴェネツィアはなんとか見ることが出来ました~わーい!



DSCN1904-1

こんな感じに見えます。
一瞬なので「OHHHHHH!!」って感動しているうちに終わっちゃいましたが、いやー上陸前からテンションあがりましたわ!

こうやって上から見ると余計に感じる、海スレスレ感がハンパないですね。
それがまたこれから滞在中にずっと感じることになる不思議な感覚の元になる部分なんだろうなぁ。




それではヴェネツィア到着。
散歩が楽しみで仕方ありません!!






DSCN1907.jpg

飛行機を降りるとそこはやっぱり雨。
それでも今回ヴェネツィアには3泊なので、いつか晴れることを願って。

最近は、その町の色んな姿が見たいと思うようになったせいか、雨でも落ち込みはしなくなってきました。
大好きなシエナやフィレンツェは雨の景色がとても素敵で。
夜にオレンジ色の街灯が着くと、石畳みに出来た水たまりにその灯りと、それに照らされた建物が映って幻想的すぎるんですよね・・・・・あぁ行きたくなる。

昔は「旅行は晴れてなんぼ!」って思っていたけれど、こんな風に思えるようになったのは年のせいですかね。
それともただただ貪欲になっただけかー


荷物が出てくるのを待っていると、同じフロアになんだか行列が出来ていました。
船の絵と列車の絵が書いてあったので、ヴァポレット(水上バス)のチケット売り場かと思いママさんが並びます。
かなりの行列だったので(しかも例の如くその進みは牛歩)、私は荷物の受け取りに。

なかなか荷物も出てこず、チケット列も進まず。
結局荷物が出てきたのは最後で、スーツケースを二つ転がしながらママさんのもとへ向かうも、ママさんのひとつ前のお客さんがもめていて未だ買えていませんでした。

そこからしばらく待ったのち、前のお客さんも決着がつき、やっと私達の番が。
が、しかし、どうやらそこは私たちが欲しかったヴァポレットのチケットカウンターではなかったようで、係員の方に案内してもらって外へ出ました。

自動ドアをぬけると、空港でよくみるボードを持ってお迎えをしている人たちの姿が。
あぁーイタリアきたぜー!なんて感動も早々に、ママさんは出てすぐ左手にある(↑の写真のところ)カウンターでヴァポレットのチケットを購入。



DSCN1909.jpg

空港の外に出ると、むわっとした空気。ますます雨が強くなっているじゃないですかー!!
水上バスってどのぐらいの雨で運航中止になったりするんだろう。不安だー

頭上の看板にそってヴァポレット乗り場を目指します。




DSCN1911.jpg

有難いことにヴァポレット乗り場までの通路は屋根がついててくれた!!
屋根がついている通路を荷物ごろごろ転がしてって、国際展示場駅からビックサイトへ向かう通路を思い出しながら雨の中あるいてました。
イタリアきて早々にそんなこと思うなんて。。。


さてさて初めて乗るヴァポレット!
どんなんだろう~楽しみだ~!!!




ポチ頂けると励みになります~
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Tag: 機内
Category: 出発

出発:見たい映画が日本語対応していない問題【1日目】

2014年北イタリア旅行その5
【この旅のもくじはこちらからどうぞ】


さてさて、遅れに遅れた離陸時間。
定刻一時間遅れ。やっとこ準備も整ったようでいざ出発の時でございます。



フライング気味に寝てしまったので眠くもない。
まずはこれだ!と、はしゃいですぐ観たい映画もない。

今何が一番必要なのか。


\Ho fame!!/
   

ほんと動いて早々ですみません。ごはんお願いします。
おなかが空いてしまいました。さっき空港で食べたばかりだというのに。

旅に出るとやけにお腹って空きませんか?あれ?私だけじゃないはずだ!



DSCN1847.jpg

本日のメニューが配られて、さぁどちらにするかママさんと選びましょう。
機内では和食はあまり頂かないかな。今回も私は洋食のチキンにしました。



DSCN1836.jpg

エールフランスの機内食が好きです~
そんなに多く飛行機を利用しているわけではないですが、ここのは温かくて美味しい。
外れアリって話も聞きますが、私達はいまのところエールフランスさんでは外れナシかな。

お味噌汁やコンソメスープも飲めるしで、寒い機内には大変嬉しいです



ご飯も食べて満腹満腹。
その後ママさんはすぐにご就寝。
私は清州会議を見ながらウトウト。ウトウト。。。
佐藤浩市さん@池田恒興が出てくる前に寝てしまい(かなり序盤)、
記憶のあるところまで戻って~を何度か繰り返してました。
結局、好きな松山さん@堀秀政がひょこひょこ登場するシーンまで我慢できず、睡魔に負けて本格的に2度目のおやすみなさーい




DSCN1842.jpg

離陸してから6時間くらいはたったかなぁ。
仕事疲れも安眠グッズのおかげですっかり取れて、さてさて小腹が空いたころ(もう本当に食べてばっかり!)

リンゴジュースとリンゴケーキを貰ってきてお夜食の準備はOK!
さて、話題のアナと雪の女王をみましょうか~

あんなに話題になっていたのに当時まだ見ていなくて。
機内エンターテイメントで見れるんじゃないかなぁと思っていたらちょうどリストに入ってるではないですか!
やったー噂のアナ雪が見れるぞーと喜んだのもつかの間、
なんとフランス語・英語・スペイン語・韓国語しか選択できなくて困った困った(笑)

そういえばイタリア語教室のクラスメイトが、
「スペイン旅行をしたとき、同じラテン語だし何を言っているか分かった気がした」
と言っていたのを思い出し、よしよしそれならばとスペイン語を選択。



美しい雪山。淡い光を反射するいくつもの氷。
場面が変わり、可愛い少女二人が楽しそうに遊んでいる。
優しそうな両親。この国の王様とその家族なのかな。
この子がアナでお姉ちゃんが雪の女王なのかな。
うんうんうんうんうんうんうんうん


だ、駄目だ!さっぱり分からないよ!




想像以上、いや想像通りスペイン語がさっぱり分からない。
「分かる気がした」は、やっぱり気がしただけで分かったわけじゃないんですよね。そりゃそうだ。
そのままラテンのノリでなんとか最後まで見終わり、
歌詞さっぱり分からずなLet It Goにはそれでもゾクゾクさせられ、すっかりスペイン語verにハマってしまいました。

これはせっかくだからと、英語・フランス語・韓国語のレリゴーシーンを見て一人真っ暗な機内で盛り上がる。
失敗したのはレリゴーだけしか聴き比べしなかったことで、
とびら開けて♪とかも聴き比べしてみたら面白そうだったなぁと後になって気づきました。

帰ってきてからイタリア語verも聴きましたがこれもハマりますわー!!
sono ioの言い方も可愛いし、 casa miaとか歌い切りのところも力強くて素敵。
ペルケェェエって階段駆け上がるシーンも、ぺるけぽいぺるけぽい♪と左右に揺れるシーンも、どれもこれもエルサめちゃくちゃ可愛いやんけ!!!となったのは、いまは全く関係ないただの後日談です。



DSCN1844.jpg

遅れに遅れてやってきたMYアナ雪ブームで飛行時間後半も平和に過ぎていき、
お待ちしておりました朝ご飯の時間です。
パン・芋・パンの炭水化物フィーバー! でも美味しくいただきます(炭水化物大好き!)
朝ご飯でヨーグルトあると嬉しいですね~
我が家では出ないオムレツも外食朝ご飯ぽくて好き。



DSCN1837.jpg

飛行機に乗るときはなるべく後ろの席をリクエストしています。


飛行機は好きだけど、翼が怖いのです
子どもの頃にみた海外ドラマがトラウマで。
上空で窓の外をみると翼の上に謎の怪物がいて、バリバリと翼を食べているっていうシーン。
今見るとそうでもないのかもしれないけれど、当時はそれはもう恐怖に慄きました。
小さい頃から田舎に行くときはずっと飛行機を利用していたんですが、
あの楽しい飛行機にそんな怖いもんがくっついていたなんて!でも飛行機は……嫌いになれない!と、それからは翼付近は避けて通っております。

なんでこんな話、というところですが、
この旅の最後に、ずっと避けてきたこのトラウマさんに立ち向かうことになったので。
まだこの時はそんなことにはなるとも思っておりませんでしたがー


それにしても、紺碧の空、茜色に染まる雲海はとんでもなく綺麗だなぁ。
私はまだ見たことがないのですが、オーロラも上から見えるみたいですね。
いつか見てみたい!!



DSCN1845.jpg

シャルルドゴール空港名物の乗り継ぎご案内グループ表。
昨年の残念な感じになったあれです→2013年イタリア旅:パリの空港で迷子

さてさて今年はどうなることやら。
いまだに慣れない巨大空港@シャルルドゴールさん。
今年はすんなり乗継できますように



それでは飛行機はそろそろ着陸の準備にはいります。





ポチ頂けると嬉しいです~grazie
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
Tag: 機内
Category: 出発

出発:飛行機の中の過ごし方【1日目】

2014年北イタリア旅行その4
【この旅のもくじはこちらからどうぞ】


andiamo.jpg


行きの飛行機は最近定番のエールフランスさんです。
フランスの超巨大空港シャルルドゴールにて乗継、ヴェネツィアを目指すルートでございます。


DSCN1808.jpg

安定のエコノミー 圧迫のエコノミー

いつもは一番後ろの2・4・2列の窓際2シートを指定するんですが、
今回は中央部・窓際2シートが空いていたのでそこをリクエストしました。

それが大正解!!

ひとつ前の列も2シートだったので前方の圧迫感もないし、
後ろは壁みたいになっていて、気にせずに背もたれを倒せるしでラッキー!

ただトイレが通路反対側だったのでそこだけがいつもより遠かったかも。

壁の向こう側には消灯時に利用できるセルフサービス用のドリンクが置いてあって、
これはもしかしたらうるさいかもなぁなんて思いましたが、そんなことは全然ありませんでした。
追加料金もなにも支払わずにエコノミーであんなに快適に過ごせるなんて今回はツイてたなぁ。


席は良かったんですが見たい映画が少なかったのが残念でした。
まぁ仕事終わりでの出発だったので睡眠三昧かなぁと思い、珍しく睡眠グッズを重要視してみました。



\機内は乾燥してて寒いから保湿防寒が大切だよ!/
DSCN1811.jpg

出発のときに喉の調子が悪くてもう完全防備。
マスク、ネックピロー、おやすみメロディー、そしてひらパー兄さんアイマスク(大阪・枚方にある遊園地ひらパー産
寝る準備は万全です。さぁこい眠気!

とそんなに気負わなくても、扉が締められる前に早々に眠ってしまいました。





あーよく寝た寝た!そろそろ最初の機内食の時間かなぁ。

東京の夜景を見逃しちゃったなぁ。残念残念。もうすっかり雲の上だわねーって


ん?まだ飛んでないの?




1cmどころか1mmだって飛んじゃいなかった。
トラブルがあったようで離陸が1時間押しているようでした。




DSCN1815.jpg


目がすっかり覚めてしまったので、ママさんと簡易的に岡田准一さんになれるアイマスクで遊んでました。
(官兵衛兄さん一年間おつかれさまでしたーーー 出発日はまさに本能寺の変の放送日で大盛り上がりなぱらこ)


岡田官兵衛兄さんが
「殿のご運が開けたのですぞ」と
目力バンバンに寝起きの竹中秀吉さんに詰め寄ったあの日、
私たち乗客の空への道は、なかなか開くこと叶いませんでした。





ポチ頂けると励みになります~
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

Tag: 機内
Category: 出発
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。