イタリアにむかって愛をさけんでみた。 - シエナ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シエナ:11月~2月はドゥオーモ無料なんですって!

2013年11月イタリア旅行その10
この旅のもくじはこちらからどうぞ

ヴェネチアのホテル選び、悩みに悩みまくっているぱらこですぼなせーら。
地区とかさっぱり分からない。というか、それ以前に本島ってどこからどこまでやねーん!!ですよ。
ヴェネチア知識が皆無でした。行くまでにもうちょっと下調べしとかないとだ(´・ω・`)
夏だし悩んでいたらすぐいっぱいになっちゃうので急がねば!
って思ったら、なんかママさんが『ホテル見つけといたわ~』ってさくっと決めてくれました。
決め手は船乗り場に近かったから!!!とのことです。
...........ありがとうオカン、でもヴェネチアはカプリちゃう。船乗り場1個やないぞ!!!
一体どこの船乗り場に近いのか。怖くてまだ調べておりません。


*****************************************


2日目の夜ご飯もマリーザのところにお邪魔するので、
それまでもうちょっとシエナをぶーらぶらしましょう。

DSC_0148.jpg

建物と建物の間から見える鐘楼。この景色が好き。隙間最高!!

でも実際この場所はかなーり急な坂!!
身を前のめりにして坂を上りきると、ドゥオーモが登場。


DSC_0114_201402032119354ce.jpg

DSC_0121.jpg

何度見てもやっぱり心を鷲掴みにされるほど魅力に溢れているシエナのドゥオーモ。

チケットブースでドゥオーモ1枚というと、お金はいらないよ~と言われました。
なんと11月~2月末までは入場料無料なんですって!!!
(ドゥオーモ内にあるピッコローミニ図書館は有料なので、ここでチケットを事前に買っておきましょう)

今回旅行時期が冬季ということもあって、各所入場無料なところがいくつかありました。
私は例によって事前情報★無!ということもあり、毎度チケットブースで驚いてましたが・・・あぁ
このようなサービスがオフシーズンにはあるんですね。知りませんでした。
人が少なくて空いてるし、晴れ曇雨ぜんぶの天気楽しめるし、ますます冬の旅行が好きになってくるなぁ。
イタリアの町には青い空がよく似合う!と思うけど、
冬の乾いた空気にどんより空のイタリアの町ってのもいいもんですよね~
ただ海地域の町は気候に大きく左右されるので夏季の方がいいということを前回の旅で思い知らされましたが


DSC_0150.jpg

DSC_0153.jpg

DSC_0154.jpg

DSC_0155.jpg

DSC_0156.jpg

DSC_0157.jpg

もう何度も何度もシエナのドゥオーモ凄い!!!っていう記事を書いてますが、
毎度書けないでいる思いが実はあるのです。
幻想的でものすごく綺麗なんですが、なんですが、なんというか.......




ウミヘビ御殿みたいだよね (;´∀`)



って毎度思ってしまう。このシマシマ模様がなんとも言えないウミヘビっぷりを醸し出している。
美しいの一言につきるんですが、私の中の阿呆な部分がうずうずしてこんな風に思ってしまうのですすみません。

この白と黒。シエナにとってはとても大切な色なんです。
80px-Siena-Stemma.png
こちらがシエナの紋章。白と黒。
なんで白と黒かって書くとまた長くなるので別の機会にでも。

シエナの町を歩くと、この白と黒の色はよく見るのですが、
ドゥオーモは外も中もこの白と黒の縞模様で飾られています。まさに美しいの一言。


DSC_0151.jpg

縞模様で飾られた壁や柱に目を奪われますが、このドゥオーモはなんていったって床がすごい!!!

200年ほどかかって作られたこの床面装飾は、床だけに踏まれて痛みが激しいので、
重要な部分は普段は板で保護されていてみることが出来ません。
1年に1度、8月~10月に見ることができるんですが、
間近で修復作業をしているところも見れたりするのでとても興味深い期間です。
今年は公開期間が終わってしまった後でのシエナ訪問だったので、
その時の様子をマリーザ宅の現役下宿娘アンナに見せてもらいました。Grazie Anna!!!

しゃがみこんで食い入るように眺める人も多いので、一緒になって芸術作品を間近で感じると面白いですよ~



最後にピッコローミニ図書館に入ろうと向かったところ、

『No!!!!』

ときっぱり断られました。
上に書きましたが、この時期ドゥオーモは無料でも、ピッコローミニ図書館は有料ですよ!!!
ドヤ顔でドゥオーモ(のみ)の入場チケットみせても入れませんので、
ちゃんと事前にチケットブースで図書館のチケット2ユーロを購入しておきましょう


さてさてお腹も空いたのでマリーザ宅で今日も楽しい夕食のお時間です~




ポリ励みになりますgrazie
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

シエナ:水曜日は市場の日!

2013年11月イタリア旅行その9
この旅のもくじはこちらからどうぞ


今年のイタリア旅行の飛行機予約しました~ 残り数席だった!あぶないあぶない!
初めての羽田発便。
成田エクスプレススキーとしては今年乗れないのが残念ですが、
22時55分発っていう仕事終わってからでも余裕で行ける時間が魅力で決定!
帰りはアリタリアで成田着。久しぶりのアリタリアだわ・・・
毎度色々とやらかされているので、今回も不安だなぁ

*****************************************


朝の散歩を終えて、次に向かうはグラムシ広場。
フィレンツェやローマからのプルマン(長距離バス)のターミナルがあるこの広場ですが、
今日はバスに乗るのではなくて、目的はお買い物!!


DSC_0136.jpg

DSC_0137.jpg

DSC_0138.jpg


シエナに行くならいつ行くの?(╯・ ω ・╰ )


水曜日でしょщ(゚д゚щ)

ということで毎週水曜日の朝からお昼すぎまで開かれるメルカート(市場)でお買い物です。

過去レポ→2010年のイタリア旅行シエナ記事


前回冬に来たときにイタリア製のムートンブーツを安くで購入できて、
しかもそれがかなりの良品だったこともあり、またなにか良いブーツないかなぁと探しにきました。

洋服ブースの人混みを掻き分け、雑貨ブースの人混みも掻き分け、
やっとこ靴ブースに辿り着いたころにはもう汗だく!!!
正直ムートンブーツ欲しいとかそんな気分じゃなくなってましたが、それはそれ、これはこれ!
お昼に近づき天気もよくて11月なのに汗ばむ陽気。
コートを脱いで鞄に括り付け、いくつかあるお店を色々と探してみました。


以前は山盛りだったムートンブーツ。すぐに見つかると思っていたけど全然見当たらない!!
お店の人にも聞いてみましたが取扱いがないとのこと。
流行にもファッションにも疎いぱらこなもんで、もしかしたらイタリアではもう需要なくなっちゃったのかな?
あーショック!!!
前に購入したのが履き心地もデザインもすごい好みだったのでまた欲しかったのになぁ。

気を取り直して他に掘り出し物はないかと物色物色!
いっぱいお店が並んでいるの、それを見ながらぶーらぶらするだけでも凄い楽しい。

DSC_0142.jpg

DSC_0143.jpg

メディチの要塞の方まで行くと、生鮮や軽食を扱うワゴンカーも出ています。
今日のお昼はここで調達しよう!

美味しそうなハムやチーズ、オリーブやアンチョビが沢山!!
どれにしようかな~


DSC_0144.jpg

おおおお!!!
ポルケッタを発見!!!!

ポルケッタは豚の中にハーブや胡椒なんかを詰めて丸焼きにしたもの。
ぱらこの大好物!!

量り売りで買えますが、今回はパニーニ(3ユーロ)をお願いしました。
おじさんが最初対応してくれたんですが、
途中で常連さんの姿を発見し、私の豚をそっちのけで話し込んでしまいました。
見かねたおばさんが前のお客さんを手際よくさばき、
私の方へやってきてこれまた手際よくパニーニを作ってくれました。
『あんたー!!!!!』とおじさんに怒りながらポルケッタをスライスするおばさん。
怒られてションボリするおじさん。
最後は2人して笑顔で手渡ししてくれました。可愛いご夫婦でした


DSC_0146.jpg

一端ホテルに戻ってごはんタイム。
ポルケッタのパニーニめちゃくちゃ美味しいいいいい!!!!!

今回の旅で何度も何度もポルケッタのパニーニを食べましたが、
このシエナで食べたパニーニがお肉の味つけもパンも一番でした。
あぁまたポルケッタ食べたいよ
塩がきいてて皮がカリっとしているのが好き~


DSC_0275.jpg

そうそう!
欲しかったブーツは買えませんでしたが、市場をぶらぶらしていて運命の出会い!!

ちょうど帰国後は職場のレイアウトをクリスマスverに変えなきゃな~と思っていたので
クリスマスの雑貨で可愛いのがあったら買って帰ろと思っていたところに出会っちゃいました。
可愛いテーブルクロスとオーナメント
テーブルクロスはくすんだ赤にトナカイとハートの柄。
オーナメントはポッケに物を詰め込んでパンパンになってるサンタさんと、丸々とした雪だるま達。
これ可愛い雑貨のお店じゃなくて、エプロンとかタオルとかが売ってるお店にあったんです。
しかも全部で20ユーロ出してもおつりがでたんです!すごい安かった!!!
ぶらぶらしたかいがありました~

帰国後にクリスマスレイアウトでお店に飾ったらすごく評判がよかったです
いまはお家に戻ってきて飾っています。クリスマスだけなんて勿体なーい!


DSC_0280.jpg

このサンタさん、リュック背負ってるんですよ~!!可愛いー!!
しかもリュックもパンパンで中身が飛び出ちゃってる。
荷物がパンパンでお惚け顔のサンタさん可愛すぎる

ルッカのホテルに移動したあと、疲れて早めにホテルに戻ったあとこの子たちの撮影会をしてました・・・
イタリアでひとり旅してなにやってんだかぱらこは。

でも撮影中、ものすごく楽しかったです(´∀`)



さてさて、ホテルで腹ごしらえもすんだので、また散歩にでかけましょう。


ぱらこの半分はあなたのポチで出来てます
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

シエナ:朝はカンポ広場でだーらだら

2013年11月イタリア旅行その8

この旅のもくじはこちらからどうぞ


先日映画[永遠の0]を見てきました。
思うところがあってちょっと潜って色々調べていました。
戦争を扱う作品に出会うと、祖父や祖母に会いたくなります。
沢山話を聞いておけばよかった。もっといっぱい色んな話をすればよかった。
じぃじとばぁばに会いたいなぁ。

*****************************************


DSC_0078.jpg

さてさてシエナ2日目。
ホテルの朝ごはん会場がなんでか激混み!!
強面のおじさんと相席させてもらい、すごく緊張しながらの朝食となりましたー
ささっとスピーディにすませて、さぁカンポ広場まで朝の散歩にでかけましょ。


DSC_0085.jpg

マンジャの塔に朝一で登ったら気持ちいいんだろうな~と思いながらも、
塔の上の方の階段がスケスケでかなり怖いということは体験済みなので、登ったイメージだけでハイ終了。

パリオの時期には市庁舎の可愛いポコポコ窓に、各コントラーダの色とりどりの旗が飾られます。
シエナはどの時期にきても楽しいし素敵な町だと思うけど、
やっぱりパリオで盛り上がっている7月8月は町がコントラーダの色で溢れかえっていて綺麗だったなぁ。


DSC_0086.jpg

広場に寝転がって本読んで、お菓子食べて、ぼけーっとして、一通りだらだらしてみました。
今回のシエナ滞在は【心と体の休息】って感じで、ただただまったりしようと思ってましたが、
なんだかんだでここまできて入らないのは勿体ない!!と思い、市庁舎内の市立美術館に入ることに。

市立美術館とマンジャの塔のチケット売り場は市庁舎に入って中庭の奥にありますよ~


DSC_0087.jpg

中庭からマンジャの塔を見上げるこの景色が好きだー!!
市庁舎の外壁が額縁みたいになっていて、青い空と塔がすっぽり収まって。すごい綺麗。


DSC_0096.jpg

DSC_0095.jpg

市立美術館の中で一番好きなのは礼拝堂の中の寄木細工。
もっと間近でじっくり見たい!ランプ片手に隅から隅までじっくり見たい!!

あと長い階段の上にあるテラス。
カンポ広場とは反対側にあるので、城壁外の広陵景色を見ることができるのです~
高い塔を登らなくてもいいので、高所恐怖症には嬉しいスポットです


DSC_0104.jpg

冬の乾いた空気も、焼けたシエナ色と呼ばれるこの町の色にとっても合ってました。

やっぱり11月にもなると肌寒いので、まだまだ午前中はカンポ広場でくつろぐ人は少なめ。
ツアーが数組いるだけで、夏とはまったく違う姿ですね~
日光浴が大好きなイタリア人!! 夏の広場は所狭しと人がごったがえしております。


DSC_0105.jpg

カンポ広場に面しているお店の2階にワンコ発見。
特等席でワンワン!!(イタリアではバウバウ)と元気に鳴いておりました。

いいなぁ。私もそこで一日中ゆっくり広場を眺めていたいよ
ちょいと隣にお邪魔させてくれないかい?



さて、カンポ広場でゆっくりしたのでそろそろあちらへ向かいましょう~


ぽち励みになりますgrazie
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村


シエナ:まずはお決まりのアレから

2013年11月イタリア旅行その5


さてさて、今年の旅もスタートはシエナからでございます。

シエナ(SIENA)は...
中世にタイムスリップしたような気分になれる世界遺産の町。
丘の上にある町なので、城壁内の旧市街地は坂道が多くて足が疲れます。
でもイタリア人に聞いた【老後に住みたい町ランキング】では毎度上位。
その昔、教皇派フィレンツェと皇帝派シエナは近隣の国として対立し仲が悪かった。
でも『その昔』って話ではなく、今もまだ仲が悪いらしい。
世界一美しい広場と称されるカンポ広場はかなりのまったりスポット。
寝っ転がるもよし、人間観察もよし、読書するもよし、お弁当ひろげるもよし。
ドゥオーモはファサード(正面)のインパクトが強いですが、
ぜひとも中に入って大理石の床をがっつり鑑賞していただきたい!!
床の象嵌細工がとんでもなく綺麗です。運がいいと修正作業間近で見れます。



フィレンツェの空港からバスでSMN駅まで移動、すぐシエナ行きの列車に乗り込みシエナ到着。
バス移動は30分、列車は1時間半なので、乗継さえ上手くいけば飛行機降りて2時間ちょっとでシエナ入りできます。

今回は本当にスムーズにシエナまでこれたので、逆に途中でごはんタイムが取れず腹ペコ!
トランク持ってスーパー入るのは迷惑になるので避けたかったけど、
空腹が限界通り越して喉もカラッカラだったもんでとにかく駅前のスーパーに駆け込み食料調達。
生ハムとパンとブラッドオレンジジュースという3種の神器。幸せ!

今回のホテルは駅前からのエスカレーターで登って行ってすぐのところにある【ホテル イタリア】
そこのホテルはまた後日書きますね~
部屋に入ってとりあえず、食べる!食べる!食べる!
生ハム1パックもジュース1パックもぺろり。
こんな簡単食事でも私には『あぁー本当イタリアの食事美味しいー!!』って言ってしまえるぐらい幸せ。

腹ごしらえもすんだので、さっそくシエナ散歩に行きますよー


DSC_0064.jpg

ショーケースの装飾が毎度気になるナンニーニ 【NANNINI】
ここのお菓子のラッピングが可愛くて好きなんですが(赤い包装紙に白と金のリボン)
このお店名物のリッチャレッリ(アーモンド粉の外サクサククッキー)も
カントゥッチ(アーモンドぎっしり焼き菓子)もナッツ嫌いには遠い存在なので購入できず。
なので私は店内奥のショウケース内のエクレアやシューなどクリームたっぷり生菓子を食べます。美味しい!

店内のカウンターは地元の人や観光客で大賑わいっていう風景をよく見ますが、
今回はオフシーズンだったので地元の人ばかりでした。それでもやっぱり大賑わい。


DSC_0066.jpg

城壁内は車の乗り入れに許可がいるので交通量は多くありません。。
でも朝は、細い道にゴミ収集車や荷物を沢山つんだ車が渋滞していました。
すれ違う車同士が壁ギリギリになるので、通行人は扉の溝に入ってやりすごします。
最初これになれなくて、一人あたふたしていましたが、
慣れてくると、車を見るなり『スチャッ』と近場の溝へ機敏に動けるようになりました~


DSC_0069.jpg

シエナのメインストリート【バンキ・ディ・ソープラ通り】を下っていくと、
左手側に現れる広場がカンポ広場【Piazza del Campo】、
そしてその広場の中心に建つプッブリコ宮。市庁舎でもあり、市立美術館にもなっています。

カンポ広場でまったーりしたいところですが、
シエナに来たら一番最初にすることはこれ!!と決めていることがあるので先を急ぎます。


DSC_0107.jpg

左手にカンポ広場が見えたら、その反対側あるジェラテリアの横の坂道を登っていきます。
美味しそうなお肉屋さんや可愛い雑貨屋さんを抜けると静かに現れる洗礼堂【Battistero di San Giovanni】

写真左手の建物。ちょうどギリギリ写っている最上階に私が通っていた学校があります。
毎日学校下にあるバールで、この洗礼堂を眺めながら休憩をとっていました。贅沢だったな~

私のシエナ散歩の始まりは、決まって通学路だったところを歩くことから始めます。

懐かしくて、ワクワクして、やっぱりシエナ大好きだなぁって思って、胸いっぱいで歩いております。
......って、なんかこうやって書くと、散歩なのに気持ち重すぎますね。
あぁだから気持ち悪いって言われるのか・・・まぁシエナ大好きなので、なにするでなく歩いているだけで幸せです。


洗礼堂にでたらぐるっと回ってドゥオモの正面を目指します。
洗礼堂にむかって右側はゆるやかな(私的には結構な)上り坂。
むかって左手は急階段。

運動嫌いなぱらこにとって階段は苦手なものの一つですが、いつもここは急階段ルートでいきます。なぜかというと・・・・・


DSC_0110.jpg

いやぁこの階段、結構な段数でめちゃくちゃ疲れて息切れしちゃうし、
角度も急なので高所恐怖症にはかなり怖いんですが、
とにかく綺麗なので!ぜひ!! 疲れても、シエナ来たからには一度はのぼってやるぜ!!という気持ちでお試しください。
(ぱらこは本当に1回しかのぼりませんが笑)


DSC_0111.jpg

そしてこの階段の途中には十字が刻まれています。
これは聖カテリーナがこの場所で転んだとされている場所、とイタリア語で説明されたような気がする。
そして毎度ここに来るたびにこの場所を探すんですが、なかなか見当たらず降りたり登ったりを繰り返すという辛い儀式。

イタリアの守護聖人である聖カテリーナはここシエナ出身で、
シエナには彼女の暮らした家や、サン・ドメニコ教会には彼女の聖遺物が収められ聖域とされています。


DSC_0112.jpg

階段を登りきると大きなアーチがあり、そこがドゥオモ付属美術館。
いままではドゥオモのチケットはドゥオモ内、美術館のチケットは美術館内でしたが、
今回はこの美術館前にチケットBOXが出来ていて、そこで一括で買えるようになっていました。

大きなアーチには美術館内から登ることができ、そこからの景色は圧巻!!
マンジャの塔とカンポ広場、茶色い家々が連なるシエナの町、遠くまで続くおだやかな広陵地帯、絶景です!!


DSC_0114.jpg

どどどーんとドゥオモに到着!!!

散歩の最終目的にとりあえず到着です。
まずシエナに来て一番最初にすることは、なにするよりもまずドゥオモへの挨拶でした~
ここにこないと始まらない!的なぱらこの決まり事でございます。

いやぁもういつ見ても綺麗。見るたびに感動が上乗せされていく感じ。
初めて見たときの感動も凄まじかった! でも、見るたびにそれ以上に心鷲掴みにされるこのドゥオモ。
あぁもう本当に大好き。その一言につきます。


さてさて、今回も無事ドゥオモに会うことができたので、
ピザ買ってカンポ広場で読書しながらのんびりしましょかね~



はげみになります!!
ありがとうございますっっ
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。